薬剤師の派遣はこんなに稼げる!

『薬剤師の派遣はパートや正社員よりも稼げるって聞いたのですが、本当ですか?』

はい、本当です。薬剤師が派遣という働き方を選択すれば、条件によっては年収700万円~800万円という収入を、たった1年で稼ぎ出すこともできます。

年収700万円~800万円といえば、「管理職で残業も毎日ミッチリとこなして休みもろくに取れず・・・」というイメージをもつ薬剤師さんも多いかもしれませんね。

でも、管理職にならなくても、残業をしなくても、年収700万円~800万円という収入を稼ぐことはできるんです。

こちらの記事では、「薬剤師の派遣はこんなに稼げる!」という意外に知られていない事実を紹介したいと思います。

記事の最後に、高収入の派遣求人を豊富に扱っている派遣会社(エージェント)も紹介していきますので、派遣でしっかり稼ぎたい薬剤師さんは、ぜひ参考にしてください。

薬剤師の派遣は稼げるという事実を知っていますか?

『正社員やパートでいっしょうけんめい働いてもお給料が伸びない、稼げない、そのうえ休みも少ない・・・』と悩んでいる薬剤師さんなら、派遣薬剤師に転身することを考えてみる価値はあると思います。

派遣薬剤師なら月収80万円以上も

ここで簡単なシュミレーションをしてみたいと思います。派遣薬剤師の時給は最高クラスで5000円、月収に換算すると80万円クラスです。かりに、この条件で1日8時間、週40時間(月換算176時間)はたらいたとしましょう。

そうすると、80万×12で960万円という年収を稼ぐことができる計算となります。この年収は、パートやアルバイトではもとより、地方の正社員薬剤師でも、稼ぐことがむずかしい年収です。

時給5000円クラスの派遣求人になると、地方の限られた薬局からの募集ということになりますが、それでも社宅付きで、遠征費用も薬局負担、そのうえ観光やレジャーも楽しめるといった条件なら、けっして悪くないと思います。

時給3000円~4000円ぐらいの派遣求人なら、都市部でみつけることも可能です。

喜び舞う薬剤師

パートや正社員で働くよりもメリットが多い場合も

これほど条件がいい薬剤師派遣ですが、まだまだ薬剤師さんたちのあいだで広く知られているわけではなく、パートと派遣の違いがよくわからないと口にする薬剤師さんも少なくありません。

ですが、派遣薬剤師という働き方を知らないということは、それだけで損をしている可能性があるといってもいいほど、薬剤師の派遣はメリットが多い働き方です。

たとえば、留学資金を短期間で用意したい、正社員のように型にはまった働き方はしたくないけど年収とプライベートの充実は妥協したくない、本命の企業に就職するまでのつなぎとして働きたい、といった薬剤師さんたちが派遣で働いています。

転職するときに正社員やパートを希望する薬剤師さんたちの話をよくよくを聞いてみると、派遣で働くほうが、はるかにメリットが多いという場合も少なくありません。

だから、転職するときに何も考えずに正社員やパートを選択してしまうのはモッタイナイかもしれないのです。

「稼げる」「福利厚生が充実している」「基本的に残業がない」といった派遣のメリットをもっと多くの薬剤師さんたちに知ってほしいと思います。

自分はガツガツ稼ぐよりもマイペースで働いてプライベートを充実させたいという人も、働き方の選択肢として派遣のことを知っておいても損はありません。

なぜ派遣薬剤師は稼げるのか?

なぜ派遣薬剤師が企業の管理職クラスの年収をたった1年で稼げるのか。

それは、薬剤師業界がまだまだ人手不足で、即戦力になることができる派遣薬剤師を獲得するために膨大な出費をしているからです。

『たとえ大きな出費をしても店舗に薬剤師がいないよりはいい。だから、ぜひうちに薬剤師を派遣してほしい』

それが人手不足に陥っている薬局の本音なのです。

よく言われる派遣のデメリット

派遣薬剤師のデメリットとして、よく言われるのが、「一度派遣薬剤師として働くと再就職がむずかしくなると」いう意見です。

たしかに、そういう側面もあるかもしれませんが、今のところは薬剤師が職探しに困るという現状はないわけですし、かりに仕事がみつからなくても、優秀なエージェントにいくらでも相談できます。

それに派遣で経験を積むことが、長いキャリアにおいてマイナスになるということは少なくともないのではないかと。

派遣のもうひとつのデメリットと考えられるのは、契約期限があること。この点が、見方によっては不安定ともいえなくもないです。

ですが薬剤師は現在のところまだまだ全国的に不足傾向ですし、かりに充足傾向に転換したとしても、経験豊富な派遣薬師の仕事がなくなるということが果たしてあるでしょうか。

薬剤師は経験がモノをいう技術職です。即戦力となれる人材ほど高く評価されます。その点が、専門職である薬剤師の大きな特徴でもあります。

「派遣はヤメておいたほうがいい」とアドバイスするエージェントもいますが、もしかしたら、自社に派遣のサポート体制がないのでそう言っているのかもしれませんし、その辺は自分で冷静に判断したいものです。

ちなみに、薬剤師のなかには派遣を専業とする”プロ”の派遣薬剤師もいます。彼ら彼女たちは、次々と良い条件の求人を派遣会社から紹介してもらい、仕事が途切れることはありません。

ですから、「非常勤=不安定」という公式は、薬剤師派遣においてはかならずしも成立しないのです。

派遣には稼げるというメリット以外にも

派遣のメリットは、ただ稼げるというだけではありません。派遣のもうひとつの大きな特徴としては、プライベートと両立しやすいという点があげられます。

あなたは今までの職場で、残業が多くてプライベートとの両立が難しかった、という経験はありませんか?

派遣なら残業は基本的にありませんし、勤務先から残業を頼まれることがあったとしても、時間外手当が必ず出るので「サービス残業」になる心配はありません。

もちろん、定時に仕事を終えてすぐに保育園のお迎えにいくこともできますし、仕事が終わったあとの習い事を生活のたのしみのひとつにすることもできます。

サービス残業をサンザンさせられてきた人、残業で保育園のお迎えに遅れることが多かった人、趣味に時間を使う余裕がなかった人にとっては、願ってもない条件といえるのではないでしょうか。

しかも薬剤師派遣なら、働きたいときに、働きたい日数・時間だけ働くこともできます。短期なら2、3ヵ月、短時間なら1日3、4時間など、働き方の柔軟性はパート以上です。

ルンルン気分の薬剤師

ほんとうに稼げる派遣会社は限られている

今では多くの薬剤師求人を扱う転職会社がありますが、稼げる高収入の派遣求人を豊富に扱っている会社は非常に限られています。

薬剤師の転職エージェントの場合、そもそも派遣業をおこなっていない場合がほとんどなのです。

だから「稼ぐためにはエージェント選びがもっとも重要」といっても過言ではありません。

しかし、有名な「マイナビ薬剤師」や「リクナビ薬剤師」でさえ、派遣については「紹介業のみ」で、派遣業自体はおこなっていません。

このように説明すると、薬剤師が派遣登録できる会社がいかに少ないかが、なんとなくわかってもらえると思います。

ちなみに派遣登録・求人紹介・就業サポートなどに一切お金はかかりません。

薬剤師派遣についてよくわからなくても、それぞれの会社のコンサルタントが派遣の働き方やメリットについて、ここで説明した以上に詳しく説明してくれるので安心してください。

薬剤師の派遣求人は即戦力となることができる人材を募集するケースが多いですが、近年は未経験者が応募できる求人も少しずつ増えています。

いままで『自分の経験だと派遣はむずかしいのでは…』とためらっていた薬剤師さんも、この機会に挑戦してみるのもアリかも!?

マイナビ薬剤師

夏までになんとか仕事を探したい!そんな希望を叶えたいのなら、いまの時期が大切。転職するひとが増えはじめるまえに、エージェントが保有する好条件の非公開求人をチェックしておきましょう。”利用者満足度No.1”の薬剤師転職支援サービス「マイナビ薬剤師」なら、あなたが満足する求人がきっとみつかるはず。希少な求人を逃さないためにも、無料登録はいますぐ!