諦めるのはまだ早い!薬剤師60歳からの就職

孫とのお散歩

60歳を超えても現役でイキイキと働いていたい、若いといわれたい、自由なお金を手にして季節ごとに旅行に行き、孫にはお小遣いもあげたい・・・。そんな気持ちで一生懸命に仕事を探されている薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、薬剤師さんが60歳から就職先を探すときに、ぜひ知っておきたいことをシンプルにまとめています。ぜひ参考になさってください。

薬剤師は60歳からでも就職できる

一般的な仕事において、60歳以上の就職はかなり困難であるといわざるをえません。

しかし、薬剤師は年齢制限のない国家資格ですし、現在の薬剤師不足の状況からみても、特別な条件を希望しないかぎり、かりに未経験からのスタートだとしても、就職できないということはまずないといってもよいでしょう。

でも、実際に就職先を探すのに苦労している薬剤師さん、仕事探しをあきらめてしまう薬剤師さんは少なくないと思います。

一定の求人需要があるにもかかわらず、なぜ就職できない人が出てくるのでしょうか。その理由を次に考えてみたいと思います。

なぜ仕事探しに挫折してしまうのか

薬剤師は60歳以上になっても就職できることはたしかです。最近では、街中の薬局でもシニア世代の薬剤師さんが働いているのを目にする機会が以前よりだいぶ多くなってきたような気がします。

しかしながら、60代という条件がついてくる以上、いくら薬剤師が就職しやすいといえど、仕事探しがむずかしくなってくるのも事実です。

自分で何件も求人に応募したにもかかわらず、メールや電話であっさりと採用を断られてしまえば、年齢に関係なく、だれでも心が傷つき折れます。

60歳以上の薬剤師さんが自分で就職先を探すとなれば、ほとんどが空振りになることを覚悟し、10件に1件でもアタリがあれば良いほうと考えなくてはいけないのですから。

まれに定年退職後に自分ですんなり再就職先をみつけてしまうような人もいますが、そういう人は少数派ではないでしょうか。

いっしょうけんめいに就職活動に取り組んだにもかかわらず結果が出なければ、だれでも心が傷つき、やがて折れてしまうものです。そうならないために、もしスムーズに就職先がみつからなくても、忍耐づよく仕事探しを続けていくことが大切です。

このことは、あらゆる職種、年齢の仕事探しにおいても共通していえることだと思います。

エージェントの活用で結果に差がでる

60歳以上の薬剤師さんが就職先をみつけるには、自分で求人を探すことはせず、転職会社(エージェント)に代わりに探してもらうようにしましょう。

彼らはエリア内でシニア薬剤師の需要がある事業所に狙いをしぼって、採用の可能性を打診してくれますので、それだけで就職成功はグッと近づきます。

エージェントは仕事探しのサポーターとして、悩みを聞いてくれたり、的確なアドバイスをしてくれる心強い存在ですので、一人で悩んで心が折れてしまう心配もありません。

孫の成長を見守る

転職会社を利用するメリット

転職会社を利用するメリットには、たとえば次のようなものがあります。

  • 仕事探しのさまざまな悩みにこたえてくれる
  • 自分に合う働き方、雇用形態などに気づきやすくなる
  • 希望に合う求人を代わりに探してくれる
  • 就職先の候補となる事業所の情報を詳しく調べて教えてくれる
  • 求人先の内部事情についても話を聞かせてくれる
  • 応募に必要な書類を用意してくれる
  • 面接の場に同行してサポートくれる

今では薬剤師の就職サポートを専門とするエージェントが数えきれないほどあります。しかもすべてのサービス・サポートが無料で利用できるのですから、それを利用しないのはモッタイナイことです。

(転職会社は、求人先から人材を紹介した報酬として紹介料をもらっていますので、仕事探しをサポートしてもらってもお金は一切がかからない仕組みになっています。)

転職エージェントは、仕事探しをする薬剤師さんが本来自分でやらなければいけないことの大半を代わりにおこなってくれますので、薬剤師さんがすべきことは、自分に合うエージェントをみつけることだけです。

エージェントなんていうと、相談するまえに構えてしまいそうですが、気軽に相談できるところがエージェントの良いところですので、就職先探しでつまづく前に、まずは軽い気持ちで相談してみてください。

なお、エージェントに相談しても、紹介された求人先にかならず就職しなければいけないということはありません。短時間のパートを探すときなどにも気軽に相談してみてください。

頼れるエージェントを探す

通常、エージェントを利用すれば、かなりの確率で仕事をみつけられると思いますが、場合によっては、希望の条件を満たしてもらえないことなども出てくるかもしれません。

とくに、これまでずっと現役でバリバリ働いてこられた薬剤師さんにとっては、再就職先の条件はもうひとつ物足りないと感じてしまうものです。そんなときは、複数の転職会社にコンタクトしてみることをオススメします。

できるだけ希望の条件で就職するためには、まず自分の価値観をよく理解してくれて、そのうえで、よりよい条件に近づけてくれるエージェントを探すことが大事です。

エージェントは途中で変えたり、2社以上に同時に相談することもできますので、ご自分にふさわしいと思うエージェントを探してみてください。

ちなみに、腕の良いコンサルタントは、さまざまな交渉材料をもとに求職者にとって少しでも有利になる条件を引き出そうとてくれますが、すべてのコンサルタントがそのレベルにあるとは限りません。

もし自分の希望を叶えてもらえそうにないと感じたら、遠慮なく次のエージェントをあたってみましょう。

おわりに

こちらの記事では、「薬剤師60歳からの就職」をテーマにお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

なんとなく就職先をみつけられそうな気持ちになったでしょうか。

就職先さがしで苦労されている60代の薬剤師さんが、この記事を読んで少しでも希望をもってくださったらこの上ない喜びです。

60歳はまだまだ老け込む年齢ではありません。それどころか、平均寿命が右肩上がりで伸び続けている現代においては、まだまだこれからという気持ちをもつ人も多いと思います。

まわりを見渡すと、年齢を感じさせないほど元気で若々しく働いていらっしゃる60代の方が増えています。健康でさえいれば「生涯現役」という考え方が当たり前になる日も近いかもしれませんね。

60歳からの人生を希望と生きがいに満ちた日々にするために、自分らしく働くことができる職場を、ぜひ今からでも探されてください。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。