札幌臨床検査センターの薬剤師求人傾向・年収などについて

札幌臨床検査センターの薬剤師求人傾向・年収などについて
「ウェルネスな社会づくり」は札幌臨床検査センターの企業理念

札幌臨床検査センターって、どんな会社?』

『薬剤師の年収が高いってほんとう?』

『どんな求人が出てるんだろう?』

札幌臨床検査センターという会社が、薬剤師さんたちから注目されはじめています。その理由は、なんといっても中途入社でかなりの高年収が狙えるところにあるといって間違いないでしょう。また、上場企業の安定性も、転職先としては魅力です。

こちらでは、札幌臨床検査センターの特徴や薬剤師の求人傾向、年収などについて、紹介していきます。年収アップの転職を考えている人や上場企業への就職を目指している人は要注目です。ぜひ参考にしてください。

札幌臨床検査センターについて

札幌臨床検査センター株式会社は、札幌市中央区に本社を構える企業。社名のとおり、臨床検査の請負をはじめ、病院・クリニックの支援事業を幅広く展開。道内には「ウェルネス薬局」と「ノルデン薬局」という調剤薬局を運営しています。

薬剤師の求人傾向について

札幌臨床検査センターは、道内の調剤薬局勤務となる薬剤師を募集しています。新卒・中途、どちらも募集が出ており、パート薬剤師の募集も随時おこなわれている状況です。

薬剤師の職場となるのは、札幌臨床検査センターが運営する調剤薬局、「ウェルネス薬局」「ノルデン薬局」のいずれかとなります。募集職種は調剤のみで、OTCの募集などはありません。

応募資格は薬剤師免許の取得者、あるいは取得予定者であれば、経験は問われません。ブランクがある人も応募可です。

冒頭でも触れましたが、札幌臨床検査センターは高年収の相談ができますので、実務経験に加えて、一定のスキルがある人であれば、好条件で転職できる可能性が大です。

求人情報の入手方法について

札幌臨床検査センターは公式サイトの中に採用情報ページを設けていますが、そちらに新卒・中途、いずれの募集要項も掲載されています。公式サイトにパート薬剤師の募集情報は出ていませんが、随時、募集はおこなわれているので、希望する人は問い合わせてみてください。

http://www.saturin.co.jp/recruit/

また、札幌臨床検査センターは転職会社経由でも薬剤師の採用をおこなっているので、そちらに問い合わせることで、最新の求人情報を入手することが可能です。

札幌臨床検査センターの薬剤師求人は、このほかにも医療従事者向けの求人サイトやハローワークなどから出ることもあります。

ただ、求人に応募するまえに情報収集をしたいという人や、他薬局・他病院の求人も同時に比較検討したいという人は、薬キャリなどの転職会社を利用して求人を探すほうが有利です。パートを希望する薬剤師さんも、ぜひ相談してみてください。

給料について

社員薬剤師の年収について

札幌臨床検査センターの薬剤師年収は、公式サイトの募集要項に記載があるとおり、札幌市周辺エリアで405万円~804万円。それ以外のエリアは426万円~924万円です。(左記のもっとも低い年収が新卒者および未経験者の年収となります。)

ボーナスは年2回(6月・12月)に合計4.5ヵ月分が支給されます。昇給は年1回4月です。

札幌臨床検査センターの評価制度では、30歳ぐらいまで年収が上がりにくいようですが、中途入社の場合、年収交渉の余地がかなりあるという意味で、期待がもてます。

しかし、入社後の年収アップは厳しいという情報もあるので、高年収を勝ち取るのであれば、やはり転職のときにどれだけ交渉できるかが重要といえそうです。

ただし、高年収をねらう場合、単独で年収交渉にのぞむのは得策ではないので、転職エージェントに相談したうえで、交渉を代行してもらうほうがよいでしょう。

パート薬剤師の時給について

パート薬剤師の時給は、1800円~2200円が目安になりますが、札幌市内などの一部の店舗からは時給3000円という高時給の求人案件も発生している状況です。

転職エージェントは時給の交渉も引き受けてくれるので、相談しておけば時給アップにつながるかもしれません。

ワークライフバランスについて

札幌臨床検査センターはシフト勤務となりますが、年間休日数は124日とかなり多いです。ただし、店舗によっては薬剤師の人員にゆとりがなく、業務量が多くなっているという口コミも散見されます。

ある店舗で人手が足りなくなると応援を要請されるため、本来の勤務エリア以外で勤務することも頻繁にあるようです。また、このような就業環境なので、有休なども取得しずらいという人もいます。

残業は月平均で10時間程度、発生するようです。残業代は時間外手当として支払われますが、上司によっては容認してもらえず、サービス残業がおこなわれているという情報もみられます。シフトの柔軟性もあまりないようです。

札幌臨床検査センターについては、上記のような情報も出ていますので、ワークライフバランスは注意深くみていく必要があるでしょう。

求人先のワークライフバランスや就業環境の実態については、独自の調査で内部情報に精通している転職エージェントから詳しい話を聞くことができますので、求人に応募するまえに、一度コンタクトしておくことをオススメします。

転職先としての評価について

札幌臨床検査センターは、高年収を目指す経験・実績豊富なベテランの薬剤師さんにとっては、とくに魅力的な転職先となるかもしれません。

その反面、ワークライフバランスの面では不安もある会社なので、実態をよく調べたうえで、転職を決断することも重要になってきます。

余談となりますが、近年、年収があまり上がらない20代の人や多忙な中間管理職に就いた人が、働きづめになって退職に追いやられてしまうケースが社会問題として露呈していますので、そうならないように、よくよく注意したいものです。

札幌臨床検査センターは上場企業ですし、「ウェルネス」の実現を目指す会社でもありますから、社員の待遇が極端にわるいということは考えにくいですが、念のため職場の内情については、よく調べておくようにしましょう

いずれにしても、まずは情報収集が必要です。札幌臨床検査センターは職場見学を随時受け付けていますので、そうした機会を利用して、職場の雰囲気に触れてみるのもよいでしょう。転職の判断に迷うときは、転職エージェントに助言をもとめるのもよいと思います。

エージェントは、求人先の「実際のところ」について率直な意見を聞かせてくれますし、あなたにとってもっと良い求人があれば、そちらをススメてくれることもあるので、転職先選びで失敗しないために、また少しでも良い条件で転職するためにも、転職を決断するまえに相談しておくことを強くオススメします。

希望を満たす求人がみつかったときは、年収交渉などのサポートも、ぜひ受けてみてください。