ハローワークと転職会社、薬剤師がパート探しに使うならどっち?

ハローワークと転職会社、薬剤師がパート探しに使うならどっち?

パート探しをするときにハローワークが思い浮かぶ薬剤師さんもいるとおもいます。

 

でも、『ハローワークの求人って大丈夫?』とか『もっといいパート探しの方法があるのでは?』なんて考える人も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、薬剤師がパートを探すときに、ハローワークと転職会社、どちらがよいかについて、それぞれの特徴を比較しながら考えてみたいとおもいます。

 

そもそもハローワークって薬剤師のパート探しに使えるの?

ハローワークで検索すると、薬剤師のパート求人って、けっこう出てきます。
https://www.hellowork.go.jp/

 

ネット環境があればいつでも検索できるので便利ですね。

 

パート探しをしている薬剤師さんで「ハローワークインターネットサービス」をまだ使ったことがない人は、この機会に希望の勤務エリアを検索してみはいかがでしょうか。

 

ハローワークには、大手の薬局チェーンから個人薬局まで、さまざまな薬剤師求人が掲載されています。

 

行政機関の求人や学校法人の求人など、ちょっとめずらしい求人も、たまにみつかったりしますね。

 

なので、薬剤師がパート探しをするときに、選択肢として押さえておいてもよいとおもいます。

 

ただ、ハローワークには残念におもうところもありますので、それらについても触れておく必要があるでしょう。

 

ハロワの残念におもうところ

ハズレ求人に当たってしまうことがある

ハローワークを使ってパート探しをするときに、いちばん気をつけたいことはハズレ求人を引いてしまうことです。

 

求人票の条件だけみて「イイ!」と思って応募したら、実際はブラック企業だった・・・というケースが、ここでいう「ハズレ」を引いたことになります。

 

ハローワークに求人を掲載するのにはお金がかかりません。なので、人材採用に困っている事業所や費用をかけたくない事業所が気軽に求人を出すことができます。

 

そうすると、当然ですが、ハズレの求人にあたってしまう確率も出てきます。

 

ハローワークでパート求人を探していると、まれに、ものすごく高時給の求人が出てきたりしますが、好条件の求人ほど気をつけるべきだとおもいます。

 

あと、個人薬局で常にパート薬剤師を募集しているようなところも、注意が必要かもしれません。

 

労働環境が悪い薬局は、雇ってもすぐに辞められてしまうので、パートさんが定着しずらいんですね。

 

ハローワークを使うときは、そんなことも頭の片隅においておくといいかもしれません。

 

求人票のウソにだまされることがある

ハローワークの求人って、求人票に書いてある条件と実際の条件が違っていることがあるんです。

 

筆者も過去にハローワークの求人に応募したことがありますが、面接でいわれた条件は、求人票の条件とかけ離れたものでした。

 

わたしの場合は、面倒くさがって、紹介状をもらわずに直接求人先に連絡してしまったので、それもよくありませんでした。

 

でも、紹介状をもらったとしても、そういうことはありえるのではないかとおもいます。

 

すでに募集が終わっていることがある

ハローワークの求人は、募集が終了しても掲載されていることがあります。

 

求人を掲載しつづけてもお金がかからないので、「いまは人材が足りてるけど、とりあえず、求人を出しておこうか」という場合もあるようですね。

 

「ヤッタ!いい求人みつけた!」と思って問い合わせたら募集が終わっていた・・・。ちょっと悲しいですね。

 

転職会社はハロワのデメリットを補ってくれる

転職会社を使うメリットって、カンタンにいうと、ハローワークのデメリットを補ってくれるところだとおもいます。

 

まず、転職会社が扱っている求人はコンサルタントが基本、調査していますので、ハズレに当たる確率が低くなります。

 

条件交渉もコンサルタントが間に入ってくれるので、事前に提示されていた条件と実際の条件が違っていたなんていうことは、まずありえません。

 

たまに転職会社を利用した薬剤師さんからコンサルタントとの相性がよくなかったという話は聞きますが、そのときは他のコンサルタントにサポートをお願いするか、転職会社自体を変えればいいだけです。

 

転職会社はハローワークと同じように無料で利用できますし、応募に必要な書類作成や面接対策など、一人だとちょっと面倒に感じてしまうこともサポートが受けられます。

 

希望条件を伝えておくだけでいいという手軽さでいえば、ハローワークよりも転職会社を使う方が断然いいです。

 

結論

さて、このページのテーマは『ハローワークと転職会社、薬剤師がパート探しに使うならどっち?』というものでした。

 

結論をいうと、転職会社を使うほうがメリットが多いです。しかし、薬剤師がパート探しにハローワークという選択肢をもっておくのも、仕事探しの幅が広がるので、わるくはないとおもいます。

 

注意点はありますが、それさえ理解していれば、十分に利用価値があるのではないでしょうか。

 

以上がこのページの結論となります。

 

パート探しの方法には決まった方法はないので、自分に合ったやり方で求人を探してみてください。