薬剤師が年収1000万の求人を探すには?

今はどこの薬局も人件費は大きな負担となっているようで、薬剤師に年収1000万円を払える薬局は少なくなってきているようです。しかし、まだまだ、そんな求人を探すことはできます。

ここでは、年収1000万の薬剤師求人を探すときに知っておくべき知識や、求人探しに役立つエージェントなどを紹介したいとおもいます。

薬剤師が年収1000万の求人を探すときに知っておくべき2つの傾向について

大手より中小の薬局

薬局側の採用事情でいえば、薬剤師を確保する難易度は、大手よりも中小の薬局のほうが格段に高くなります。つまり中小の薬局は、高い年収を提示しないと、なかなか薬剤師を採用できません。

そのため、わかりやすくいえば、高額な年収を提示して、即戦力となる薬剤師を買っているのが実情です。

高額な年収が提示される定番のパターンは、一定の経験を積んできた薬剤師を管理薬剤師として採用するケースで、その場合、年収1000万は現実的な数字となります。

大手でも管理薬剤師であれば、600万円台半ばから800万円台ぐらいの年収になる可能性がありますが、どんなに頑張っても1000万に届くことは、まずないでしょう。

ちなみに、管理薬剤師として採用されるためには、最低でも薬剤師としての経験が5年ぐらいは必要です。

都市部よりも地方

薬剤師が都市部で年収1000万の求人を探すのはかなり難しいです。

理由としては、そもそも都市部は薬剤師が足りていることや、採用したくても薬局の出店費用(土地代など)が高額になり、人件費を捻出できないことなどがあげられます。

対照的に地方は、薬剤師が不足していているので、高額な人件費を払ってでも薬剤師を確保しなければなりません。

都市部とは反対に、薬局の出店費用も安くおさえられるので、その分を薬剤師の給料に充てることもできます。同じ地方でも、薬剤師不足が深刻な過疎地へいくほど、年収は高くなる傾向があります。

年収1000万の薬剤師求人には、こんな職種や雇用形態もある

この他の方法で薬剤師が年収1000万円の求人を探すとなると、製薬会社の営業職や臨床開発職などの求人を探すことになります。

ただし、同じ薬剤師の職種でも、こういった職種は、その分野で即戦力となれる経験者を採用する傾向があり、募集条件のハードルも高めなので、誰でもカンタンに目指せる職種ではありません。

ちなみに、正社員でなくても構わなければ、派遣で年収1000万に限りなく近づくことはできるとおもいます。

薬剤師の派遣求人は、地方の高額求人並みの案件が、まれに都市部にも出ることがあるので、先ほど説明した傾向とは若干違ってくるかもしれません。

派遣に興味がある人は『薬剤師の派遣はこんなに稼げる!』という記事も参考にしてみてください。

求人を探す具体的な方法について

いよいよ、年収1000万円の薬剤師求人はどうやって探せばいいのかという具体的な話になりますが、いちばん確実で手っ取り早い方法は、エージェントに代わりに探してもらうことです。エージェントを併用するなどして上手に活用すれば、希望の条件の求人がみつかる可能性も上がります。

高年収の求人を探すときの注意点について

高年収の求人には理由があると、よくいわれたりしますが、考え方としては間違っていないとおもいます。

たとえば、地方の薬局で目立って年収が高ければ、交通の利便性がわるい過疎地だったり、人手不足ゆえに薬剤師1人にかかる負担が大きかったりするわけです。

また、年収が高い別の理由としては、MRやCRAなど、一般的な薬剤師の仕事とは違った意味で、専門性が高い職種であることがあげられます。

いずれにしても、年収が高いということは、それなりにデメリットになることや、仕事の難しさなどがあるということを心に留めておくべきでしょう。

しかし、それでも構わないという人が、薬剤師の世界では年収1000万円を手にすることができるのです。

まぁ、実際にさまざまな求人を見てみなければ、その辺の傾向もわからないので、どうしても転職で年収1000万を実現したいという人は、まずは気軽に求人探しから始めてみてはいかがでしょうか。

結論

さて、今回は「薬剤師が年収1000万の求人を探すには?」というテーマで、求人市場や求人傾向などについて、お話してきました。

ここまでの結論をまとめると、薬剤師が年収1000万で転職するには、管理薬剤師を募集している中小薬局の求人を探すのが、もっともオーソドックスなパターンといえそうです。

地方では年収が上がりやすくなるので、その辺の傾向を踏まえたうえで、求人探しをするのがよいでしょう。

マイナビ薬剤師

満足度No.1の薬剤師転職支援サービスといえばマイナビ薬剤師。モットーでもある親身なサポートが薬剤師さんたちから支持されています。転職活動やパート探しに、これからの「はたらく」についてじっくり考える機会に、ぜひお役立てください。