ドラッグストアのパート・アルバイトに関するQ&A

薬剤師さんの薬局アルバイト先で、調剤薬局の次に多いのがドラッグストアです。ここでは、ドラッグストアで働いたことがない人を対象に、ネット上に多数質問が寄せられている内容について説明したいと思います。

ドラッグストアの募集職種は?

ドラッグストアのパート・アルバイトの募集職種は、OTCと調剤の両方、または2つのうちいずれかになります。同じ地域に複数展開している薬局チェーンの募集でも、店舗により募集職種が異なることも多いので求人の詳細を注意して見るようにしてください。

応募の際に求められる経験・スキルは?

大手のドラッグストアチェーンは教育・研修システムが充実しているので、まったく調剤とOTCの経験がないゼロからのスタートだとしても、応募できる案件は少なくないです。

薬剤師求人サイトの求人票には、未経験歓迎、未経験OK、未経験応相談といった表記がある場合があるので、未経験の人はこういった求人に応募することになります。

経験・スキルだけでなく年齢についても幅広く募集している薬局チェーンがあるので大丈夫です。

仕事を始めるにあたって心配なことは薬剤師求人サイトのキャリアコンサルタントに事前に相談すれば、具体的なアドバイスをもらうことができます。

ドラッグストアの仕事内容は?

ドラッグストアの店舗形態には、OTCだけを行うOTC専門店、OTCに加え調剤も行っている調剤併設店、調剤だけを行う調剤専門店があります。これら3つの店舗形態のうち、職場となるドラッグストアの店舗形態がどれになるかで仕事内容が変わってきます。

まずOTC専門店ですが、要指導医薬品や第一類医薬品をはじめとするOTC医薬品の説明・販売、健康・美容関連の商品の説明・販売が薬剤師さんの主な仕事となります。

調剤併設店の場合は、調剤室での仕事が業務の中心になることが多いようですが、店舗によっては、完全に調剤だけ、OTCだけの業務になることもあります。中心となる業務については、薬剤師さんの経験・スキル考慮したり、希望を聞いたうえで決めらることも多いようです。

調剤専門店については、ドラッグストアチェーンが運営する調剤薬局という位置づけになりますので、調剤薬局と同様に、処方箋受付、調剤、服薬指導、薬歴管理などが主な業務となります。

調剤専門店以外では、商品の搬入、品出し、陳列、POP作成、レジ打ちなど、一般的なドラッグストアのお仕事も他のパート・アルバイトさんと同じように薬剤師さんが担当することがあります。

日用品、雑貨、食品などを扱う店舗もあり、エリアや店舗ごとに行われるキャンペーンなどにも参加して従業員一丸となって販売促進を行うこともあります。

ドラッグストアの薬局アルバイトに向いてる人は?

このように、薬剤師さんのドラッグストアの薬局アルバイトは、調剤、OTC医薬品の説明・販売以外にもたくさんの仕事があります。ドラッグストアでの薬局アルバイトが向いているかどうかは、単純にこういった専門以外の多岐にわたる仕事をが向いているかどうかにかかっていると思います。

ドラッグストアの仕事は、薬剤師さんのお仕事のなかでも、よりサービス業に近い部類に入ります。ですから、ほかの店舗スタッフと協力してお店を運営していく協調性、連帯感なども求められます。店舗ではさまざまな職種の人たちが働いているので職場には活気があります。ちょうどスーパーなどのパート・アルバイトを思い浮かべてもらえるとイメージしやすいのではないでしょうか。

話をまとめると、接客が好きな人、仲間意識をもって仕事に取り組める人、専門以外の仕事もたのしめる人にとってはドラッグストアの仕事は最適です。逆に、接客は苦手、私は薬剤師だから専門以外の仕事はやりたくないといった人はドラッグストアの薬局アルバイトは向いていないといえます。

また、ドラッグストアでは、医薬品以外に多くの健康・美容関連商品なども扱うため、研修でたくさんの商品知識を学ぶ必要があります。そのため、実際に店舗で扱う商品に興味関心がもてるかどうかも、ドラッグストアのお仕事の向き不向きを判断するうえでネックになると思います。

ここまで、ドラッグストアの薬局アルバイトについて説明してきましたが、実際にその職場で働いてみないと分からないこともまだまだたくさんあると思います。ですから、あまり頭でっかちにならずに、興味がありそうな求人をみつけたら思い切って応募してみるのもいいと思います。

下記にドラッグストアの求人が豊富な薬剤師求人サイトをリストアップしてありますので、気になる求人があったら是非一度問い合わせてみてください。

薬剤師求人サイトを通して求人に応募する場合は、職場環境などの生の情報を入手できますし、職場選びの具体的なアドバイスをもらうこともできます。自宅近くに働いてみたいドラッグストアがある場合は求人状況を確認してもらうこともできます。

無料で利用できるうえメリットが多いので、是非仕事探しに活用してみてください。複数サイトを利用して仕事探しをすると効率よく希望の求人を探すことができると思います。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。