薬剤師求人サイトで高時給の薬局アルバイトを探すポイント

パート・アルバイトを希望する多くの薬剤師さんは、たとえわずかでも高い時給で働きたいと考えているはずです。

薬剤師求人サイトで高時給の薬局バイト・派遣・転職情報を見つけるポイント

そこで、ここでは少しでも高い時給の薬局アルバイトを探すために押さえておきたい基本的なポイントを紹介したいと思います。

薬剤師の時給は地方にいくほど高くなる

一般的に、薬剤師の時給・給料の相場は人口が集中する都市部よりも働き手が不足しがちな地方のほうが高くなるといわれています。

労働力の確保が極めて困難なへき地ではさらに時間給は上がります。パート・アルバイトの場合、都市部では時給が2000円程度の求人案件が、地方では3000円、4000円になることも珍しくありません。

地域によってはほんの少し通勤範囲を広げることで時給がアップする場合もありますので、時給アップをねらう場合は、移動手段などを考慮しながら、通勤圏内でより高い時給で働くことが可能かどうかを検討してみてください。

薬剤師求人サイトに掲載されている求人案件には、マイカー通勤を希望する人を対象に高速代を支給してくれる求人先もあります。また、地方で仕事を探す場合は、現地までの交通費、遠征費を負担してくれる場合もあります。

高時給ならパート・アルバイトよりも派遣

時給アップを可能にするために、まず押さえるべきポイントは雇用形態です。一般的に、薬剤師の場合、パート・アルバイトよりも派遣の時給相場は高めになります。ですから、高時給で働きたいのであれば派遣を選択するのも一つの方法です。

ただし、派遣薬剤師として働くためには、最低1年程度の調剤経験が必要となります。ですので、調剤未経験の薬剤師さんや調剤経験が1年未満の薬剤師さんは、今すぐに派遣スタッフになることはできません。

派遣スタッフになるために必要な経験・スキルは個別の求人案件によって違うので、気になる求人を見つけたときは薬剤師求人サイトに問い合わせて詳細を確認するようにしてください。

パート・アルバイトにも高時給の求人はある

派遣が無理だからといって高時給をあきらめる必要はありません。パート・アルバイト求人のなかには派遣と同等、あるいは派遣以上の時給が可能な案件もあります。

なかでも近年、高時給の案件が増えているのがドラッグストアの薬局アルバイトです。大手のドラッグストアチェーンは教育・研修体制が充実していることもあり、調剤・OTC未経験の薬剤師さんも積極的に採用しています。

一方、調剤薬局の薬局アルバイトでは、ドラッグストアの薬局アルバイトにくらべ、スキル・経験が求められる案件が多いですが、未経験でも高時給スタートが可能な案件も存在します。

また、時間帯・曜日・勤務日数を薬局の都合に合わせることで時給を上げることも可能な場合がありますので、自分で求人を探すときは求人の詳細をよく見るようにしてください。

まずは通勤圏内の時給相場を知ることから

少しでも高い時給で働くために、時給の相場チェックは不可欠です。薬剤師求人サイトで希望のエリア、雇用形態、職種などを入力して求人案件を検索してみましょう。それによって、おおよその薬局アルバイトの相場をチェックすることができると思います。

ただし、相場をチェックするときは1つのサイトだけをチェックするのではなく、必ず複数サイトをチェックするようにしましょう。これは、サイトにより保有求人数も扱っている案件もまったく違うことがあるためです。

たとえば、ある地域を検索したときに、サイトAを検索したら1件しか求人がヒットしなかったのに、サイトBを検索したら数十件以上ヒットしたなんていうことがあります。ですから、時給相場をチェックするときは、なるべく多くの求人サイトをチェックするようにしましょう。

薬剤師求人サイトに希望条件を登録しておけば、条件に見合う求人が発生したときに随時紹介してもらうこともできるのでオススメです。

薬剤師求人サイトで高時給の薬局バイト・派遣・転職情報を見つけるポイント

細かい条件交渉はプロにまかせる

労働条件の具体的な希望があっても面接で直接それを伝えること難しいのが実情です。特に時給などの細かい条件交渉を自分ですることはまず無理なので、薬剤師求人サイトのキャリアコンサルタントにまかせることになります。

彼らはプロですので、より高い給料で働けるように希望に応じて適切な案件を紹介してくれますし、時給アップのために必要な具体的で現実的な交渉もしてくれます。

ただし、キャリアコンサルタントの経験や持っているコネクションが不足していたりすると、求人先との具体的な交渉も難しくなりますので、担当コンサルタントが優秀で信頼できる人かどうかを見極めることも大切です。

できれば、複数のコンサルタントにコンタクトして、異なる視点からアドバイスをもらうというのがベストです。

薬剤師求人サイトのサービスはすべて無料で提供されますので、複数サイトに登録して利用するというのもオススメです。