ママ薬剤師さんが仕事探しをするときにチェックすべき3つのポイント

子育て中のママ薬剤師さんが仕事探しをするときにチェックすべき3つのポイント

ここでは、子育て中のママ薬剤師さんが仕事探しをする際にチェックすべき重要なポイントを紹介したいと思います。

結婚・出産により離職中のママ薬剤師さんが再び働き始めるには大きな決断が必要です。実際に働き始めてから『こんなはずではなかった』と後悔することがないように充分に検討しましょう。

ここで紹介する大事なポイントは多くはないので、しっかり確認して無理なく子育てと仕事を両立してください。

ママ薬剤師さん

仕事探しを始めて興味のある求人を見つけると、すぐにでもその求人に応募したくなるものです。しかしそこで焦らずに、客観的な視点で次のポイントをチェクしてみてください。

  • あなたが働き始めることについて、周囲の人の理解と協力は得られますか?
  • あなたが働きたいと思っている職場は、自宅から無理なく通勤できる距離ですか?
  • あなたが働きたいと思っている職場は、子育てに理解がある職場ですか?

この3つのポイントはチェックすべき最低限のポイントです。仕事を始めてから困ったことにならないように、この3つは面接を受ける前に必ず確認してきましょう。では、これらのポイントについて具体的にみていきましょう。

周囲の人たちの協力は不可欠

まず、最初に確認すべきは、あなたが子育てをしながら働くことについて、周囲の人たちの理解と協力は得られるかどうか、という点です。

もし、そのことについて理解が得られないのなら、後々のトラブルは避けられないかもしれません。なので、子育てと仕事の両立を考えている人は、それを支えてくれる周囲の人たちの十分な理解と協力が得られるように努めることが大事です。

もし理解が得られていない場合は、実際にどこまでだったら協力が得られるのか、という具体的な相談をすることをおすすめします。

「子供の食事の支度は?」

「保育園の送り迎えは?」

事前に確認しておくべきポイントはたくさんあるはずです。できれば、事前に相談すべき内容のチェックリスト作っておくことをおすすめします。

なんとなく理解が得られているという曖昧な状態で働き始めると、あなたの大切な人との間で、それでは話が違うということになり、後々トラブルに発展するかもしれません。

あなたの最大の理解者であり協力者は、あなたを常に支えようとしてくれる人たちです。その人たちの協力なしに子育てと仕事を両立することは困難なのが実情です。是非そのことを覚えておいてください。

あなたの周囲の人たちがあまり協力的でない場合、最初はいい顔をしないかもしれませんが、根気づよく、粘りづよく話をするのがポイントです。

職場は自宅から近いのが理想

次に確認しておきたいポイントは、職場までの交通手段と移動時間です。子育て中のママ薬剤師さんにとって、職場が自宅から近い場所にあれば何かと安心です。

お子さんの急な発熱などで、保育園から呼び出しがかかることなども想定しておきましょう。交通手段や移動時間によっては、通勤自体がかなりの負担になることも考えられるので、通勤に無理がないかどうかも慎重に見極めたいところです。

子育てに理解がある職場を探す

そして仕事探しをする際に、必ずチェックしておかなければいけないポイントは、あなたがこれから働くことになる職場が、どの程度子育てに理解があるか、職場のサポート体制はどうかといった点です。

女性が7割を占める薬剤師業界では、女性が長く続けて働きやすいように職場を整備することが、大手の会社も含め、急務となっています。

ただし、子育てに理解があるとアピールしている会社でも、それを鵜呑みにするのは危険です。たとえ、子育てに理解がある職場であっても、常に人手が足りない状態だったりすれば、急な用事ができても休めないというケースも十分に考えられるからです。

小さなお子さんを抱える人なら、お子さんの急な発熱などで休まなければならない、 というケースも少なからずでてきます。そうした場合に休みの融通がきかないとなると、子育てと仕事の両立は困難です。

ですから、店舗運営スタッフとして働いている薬剤師の人員にゆとりがあるか、急な休みが必要になったときのサポート体制はどうか、といった点については面接を受ける前に必ず詳細を調べておきましょう。

職場情報は求人サイトで面接前に聞いておく

とはいっても、求人先の職場事情については、面接では聞きにくいものです。なので、面接で聞きにくいことについては必ず求人サイトの担当者に事前に確認するようにしましょう。

薬剤師求人サイトを通して求人を紹介してもらう場合、キャリアコンサルタントから求人先の生の情報が聞けるのがメリットの一つです。たとえば、職場の忙しさ、離職率、休みの融通が効くかなど、面接では聞きにくいことも担当コンサルタントに遠慮なく質問することができます。

通常、薬剤師求人サイトは、求職者に求人を紹介するまえに求人先のリサーチを行っています。どれだけ念入りに調べているかは、求人サイトやコンサルタントによっても異なりますので、もし情報が少ないと感じたら、複数サイトを利用して情報を集めることもできます。

薬剤師求人サイトのサービスはすべて無料で利用できますし、条件が合わなければ面接を受けなくても大丈夫です。気軽にできるのお大きなメリットですので、子育て中の仕事探しに活用することをオススメします。

相談をすれば、正社員から契約社員、あるいはパートタイムへの転職など、さまざまな事例に合わせてキャリアコンサルタントから具体的なアドバイスがもらえます。

たとえば、収入は落としたくないけど今よりもゆとりをもって働きたい、自宅近くの薬局に転職したいといった要望にも応えてくれるので気軽に利用してみてください。