マツモトキヨシの薬剤師の年収と求人傾向について

マツモトキヨシは国内ドラッグストアのリーディングカンパニー。店舗数・売上ともに業界トップクラスを誇る業界最大手です。

マツモトキヨシグループには、複数の会社があり、それぞれが会社ごとに薬剤師を採用しています。採用形態も複数あるため、募集の内容も求人ごとに変わってくるのが特徴です。

薬師専科では、マツモトキヨシの薬剤師の年収と求人傾向を、実際の求人をもとに調査してみました。就職や転職を考えている薬剤師さんは、ぜひ参考にしてください。

マツモトキヨシの店舗外観

マツモトキヨシの薬剤師の年収は?

求人の調査からみえてきたマツモトキヨシの薬剤師の年収目安は、契約社員・正社員で400万円~700万円(22歳~40歳)といったところです。

マツモトキヨシの採用サイトはこちら
http://www.r-matsukiyo.com/

マツモトキヨシの薬剤師求人傾向

マツモトキヨシの薬剤師求人は、契約社員・正社員・パート・アルバイト・派遣など、年間をとおして多くの求人がでています。

近年のマツモトキヨシの薬剤師採用傾向の特徴としては、年俸制の契約が多くなってきたということがあげられると思います。

年俸制契約はボーナスの有無や残業に関する契約などがどうなっているかというのが求人をみただけではわからない場合も多いです。

入社してから契約に不満がでないように、契約内容に関しては求人に応募するまえに、よくよく調べるようにしてください。

また、最初にお伝えしたとおり、マツモトキヨシの薬剤師採用は、グループでの一括採用ではなく、グループ内の会社ごとの採用となっています。

そのため、採用形態や賃金形態も複数あり、グループ内のどの会社に採用されるかによって、働き方もちがってきます。マツモトキヨシの薬剤師求人に応募する際は、そうしたことを理解したうえで応募することが重要です。

転職先としてマツモトキヨシを考えているひとも、転職エージェントから詳しい募集内容の説明を受けるなど、よく求人内容をチェックするようにしてください。

エージェントは年収アップのためのアドバイスをしてくれたり、先方との給与交渉などもおこなってくれるので、ぜひ積極的に活用するようにしてください。年収アップの相談は薬キャリなどがおすすめです。

マツモトキヨシのモデル年収については、店長クラスで700万円、課長クラスで1,100万円という事例を紹介している求人サイトもあります。こうした情報から推測すると、マツモトキヨシではかなりの高年収も狙うこともできそうですが、実際に求人に応募する際には注意すべき点が2つあります。

ひとつは、求人ごとの契約内容をしっかりと理解しておくこと、とくに残業時間や賞与の有無などはよく注意してみてください。

それと、もうひとつ注意すべきは、年収だけでなく働きやすさやワークライフ・バランスといった点をしっかりチェックしておくことです。

この2つは最低限注意すべきことです。

マツモトキヨシに転職する場合は、交渉しだいでは条件アップにつながることも考えられるので、エージェントを利用される方は、そうした相談もぜひしてみてください。

年収の希望は入社時にもっとも通りやすいものです。ですから、エージェントに相談される方は、妥協することなくしっかりと希望をつたえておくことをおすすめします。