薬剤師の夜間アルバイト<働き方・求人サイト情報 etc>

 

『バイトするなら夜がいい』

 

という薬剤師さんは意外と多いはず。このページを見ている薬剤師さんも、きっと夜間アルバイトに興味があるのではないでしょうか。

 

夜間のアルバイトは、夜の時間を有効に使えたり、時給がアップしたり、人によってはメリットが大きく魅力的な働き方です。

 

でも、働き方がよくわからなかったり、求人情報が少なくて希望の仕事がみつからない場合なども多いとおもいます。

 

ここでは、薬剤師の夜間アルバイトの特徴や、仕事探しをするときに便利な求人サイト情報を紹介したいとおもいます。ぜひ参考にしてください。

 

薬剤師の夜間アルバイトについてよくある質問

まず働き方ですが、下記に「薬剤師の夜間アルバイトについてよくある質問」をまとめていますので、目を通しながらその特徴を確認していきましょう。

 

夜間アルバイトの時間帯は?

夜間アルバイトは、夕方5時ごろから深夜12時前後ぐらいの時間帯で募集していることが多いです。夜間といっても、コンビニなどのアルバイトとは違い、翌朝まで働くようなケースはほとんどありません。

 

ただし、夜間当番の指定を受けている薬局や繁華街の薬局などでは、翌朝まで薬剤師が勤務する場合もあります。

 

夜間アルバイトの求人先は?

夜間アルバイトの求人先は、おもに調剤薬局、ドラッグストア、病院などです。近年では24時間営業を実験的にはじめる大手薬局チェーンも増えてきており、夜間に働くことができる薬剤師を募集しています。

 

今後24時間営業のニーズが高まれば、薬剤師の夜間アルバイトを募集する求人も増えていくことでしょう。

 

夜間アルバイトのメリットは?

夜間のアルバイトなら、日中別の仕事をしている人や、家事や育児で忙しい人でも、夕方以降に働くことができます。

 

夜間といっても、夕方以降の時間にスポットで働くことができる求人も多いので、パート、ダブルワーク、薬学生のアルバイトなど、幅広い働き方が可能となります。

 

また、深夜の時間帯は割増賃金が加算されるため、高時給で働くことができますし、深夜割増賃金とは別に手当が支給される場合があるので、上手な働き方をすれば効率よくお金を稼ぐこともできます。

 

夜間アルバイトのデメリットは?

夜間アルバイトは効率よく働けるメリットがある反面、多くの人が体を休める時間に働くことになるため、慣れていないと体力的にきついと感じることがあるかもしれません。

 

また、夜間は少人数の店舗運営となる場合もあり、深夜の薬局やドラッグストアで接客を担当する場合は防犯面のリスクも高まります。

 

こういった理由で夜間アルバイトは、仕事の種類によっては、女性よりも男性のほうが向いている仕事もあります。

 

※ 深夜・早朝は店内に客を入れない、専用窓口をとおして薬を手渡す、防犯カメラを複数設置するなど、防犯対策を講じている薬局もあります。深夜・早朝の勤務を希望する人は、防犯体制も求人選びの重要なチェックポイントです。

 

夜間アルバイトは誰でも応募できるの?

薬剤師の夜間アルバイト求人には、そのほかのパート・アルバイト薬剤師の求人と同じく、「未経験・ブランク歓迎」の案件があります。年齢さえ不問という求人もありますので、薬剤師さんなら誰でも幅広く活躍できるアルバイトです。

 

また、「薬剤師資格取得済み」の学生が応募できる求人や、掛け持ちOKの求人などもみつけることができます。

 

夜間アルバイトの時給はどれぐらい?

地域の相場や時間帯によっても違ってきますが、夕方以降に2500円以上、夜10時以降は3000円以上で募集している求人案件などもめずらしくありません。

 

たいていのアルバイト求人は勤務時間を相談できるので、たとえば夜8時から12時までなど、時給が高くなりやすい時間帯に限定して働くこともできるとおもいます。

 

求人によっては時給の交渉が可能な場合もあるので、薬剤師求人サイトを通してコンサルタントに相談してみるとよいでしょう。

 

薬剤師の夜間アルバイトを募集している薬局

次に、薬剤師の夜間アルバイトを募集している薬局をいくつか紹介します。気になる企業があったら、それぞれの求人ガイドをまとめたページで詳細をチェックしてみてください。

スギ薬局

ドラッグストア業界の売上高ランキングでトップ5に入る大手ドラッグストアチェーン。中部地方を中心に1000店舗以上を展開。夜8時をすぎると時給が割増になり、900円以上もアップする場合も。最高時給は3000円。

ウエルシア

全国に1500店舗以上を展開する大手ドラッグストアチェーン。近年、一部店舗において24時間営業をスタート。薬剤師の夜間アルバイトも人気。時給は通常2600円、深夜22時以降は3250円にアップ。

イトーヨーカドー

美と健康をテーマにしたドラッグストア『7(セブン)美のガーデン』を展開するイトーヨーカドー。夕方・夜間の時間帯のみ働くことができるパート・アルバイト薬剤師も募集中。時給2500円以上の求人も多数。

楽天薬局(ケンコーコム薬局)

楽天薬局とケンコーコム薬局は、あの楽天が運営する薬局。夜間に時給アップという条件でパート・アルバイト薬剤師が募集されることも。最大時給は3000円と高いが店舗数が限られているので求人数は少ない。

ダイコクドラッグ

激安をコンセプトにしたドラッグストアを全国に展開しているドラッグストアチェーン。薬剤師の時給が高いことでも知られ、夜間10以降に時給5000円になる地域も。

カメガヤ

神奈川と東京に80店舗を展開するドラッグストアチェーン。店舗名は『Fit Care DEPOT』など、すべて横文字。薬剤師の時給は2200円から相談可。夕方6時以降(職種によっては7時以降)に時間あたり300円の手当がつく。

島忠

関東・近畿に展開するホームセンター。島忠ホームズ横須賀店では、夕方5時以降の時給が2610円に。他店の求人はみつからないが、非公開で募集がかかっている可能性も。要確認。

 

夜間の時給などは調査時のものなので変わる可能性があります。最新の求人内容は、各社の採用窓口もしくは転職エージェントに確認するようにしてください。

 

ここでは紹介しませんでしたが、大手企業のなかには他にも、実験的に24時間営業を開始している店舗や、コンビニ各社と提携して深夜営業をおこなっている店舗などがあります。

 

下記にリストアップしている薬剤師求人サイトに登録しておけば、希望条件に合う夜間アルバイトの求人がみつかりやすくなります。

 

夜間アルバイトにおすすめの薬剤師求人サイト5選

薬剤師の夜間アルバイトは、ふつうのアルバイト情報サイトで探すよりも、薬剤師求人サイトで探すほうがみつけやすいです。

 

また、薬剤師求人サイトを利用すれば、同時に複数の求人を紹介してもらったり、時給交渉を代行してもらえるといったメリットがたくさんあります。

 

エージェントのサポートを受けても費用がかかることはありません。上手に活用してあなたの希望に合う求人をみつけてください。

薬キャリ

国内最大級の医療求人ポータルとして知られるエムスリーグループが運営する薬剤師求人サイト。高時給案件の扱いが多いことで定評あり。夜間アルバイトを積極的に募集している求人も多数保有。スピーディーな求人紹介が特徴。

マイナビ薬剤師

薬剤師の転職でもお馴染み、マイナビが運営する薬剤師求人サイト。マイナビブランドはパート・アルバイト探しをする薬剤師さんにも人気。「転職は本音が大事」のCMでもおなじみ。時給の相談もしやすいかも。

ファルマスタッフ

業界最多クラスの求人案件を保有する薬剤師求人サイト。北海道から沖縄まで、全国のあらゆる薬剤師求人を扱う。夜間のパート・アルバイトはもちろん、派遣も充実。夜間の高時給案件も多い。求人を紹介してもらうにはコンサルタントとの面談が必須。

ファーマキャリア

希望に合わせて”オーダーメイド”の求人を紹介してくれる薬剤師求人サイト。運営会社のアディプティマは選ばれたコンサルタントだけが集う少数精鋭の転職エージェント。コンサルタントは経験豊富で交渉力がある。こだわり派の薬剤師さんにオススメ。

アプロ・ドットコム

薬剤師専門の人材紹介会社、アプロ・ドットコムの求人サイト。保有求人数は業界トップクラス。希望の勤務エリアを伝えれば、可能性のある事業所をすべて調べ尽くしてくれる。

 

 

薬キャリのアイコン薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。スピーディーで丁寧なサポートが支持されています。転職は『登録者数No.1』の薬キャリで!

無料登録はこちら