「薬剤師は掛け持ちで仕事ができるの?」「掛け持ちのメリットは?」など気になっている人も多いと思います。薬剤師の掛け持ちは可能な場合とそうでない場合がありますので、事前に確認しておくことが必要です。

 

パート・アルバイト薬剤師の掛け持ちはOK?

 

ここでは主に、パート・アルバイト薬剤師の掛け持ちについて説明をしていますので参考にしてください。

 

パート・アルバイト薬剤師の掛け持ちは基本OK!

薬剤師求人サイトなどに掲載されている求人情報のなかに「掛け持ちOK」という文言を見たことがある人もいると思いますが、法律や就業規則に違反しない限り、パート・アルバイトの掛け持ち勤務に制約はありません。なので、家計の都合やライフスタイルに合わせて多様な働き方が可能になります。

 

パート・アルバイト薬剤師の掛け持ちが認められない場合もある?

パート・アルバイト薬剤師の掛け持ちは先にも述べたように”基本”OKですが、法律や就業規則の確認は必要です。まず法律の確認ですが、薬事法では管理薬剤師の掛け持ち勤務を禁止しています。ですから、パート・アルバイト薬剤師であっても管理薬剤師として勤務する場合は他の薬局や病院の仕事を掛け持ちできません。

 

もう一つ。これはいうまでもありませんが、国家公務員法では公務員の副業を禁止していますので、公務員の人が休日を利用してパート・アルバイト薬剤師として働くことはできませんので注意してください。

 

親しい友人などに「仕事を手伝ってほしい」といわれたりすると、ついつい手伝いたくなるものですが、公務員の副業がバレると最悪の場合は懲戒免職になりますので、その点は十分に気をつけてください。

 

法律以外に確認が必要なのは、就業規則です。最初からWワークをするつもりの人は、求人に応募するときに、その求人先がWワークを認めているかどうかを確認しておきましょう。すでにパート・アルバイト薬剤師として働いている人は、現在働いている会社と掛け持ちで働く会社がWワークを認めているかどうかを事前に確認するようにしてください。

 

会社に内緒のWワークもバレなければ大丈夫?

ネットで検索してみると「副業は会社にバレる?」「会社にバレない副業」といったテーマで書かれたコンテンツがたくさん見つかります。しかし、法律や就業規則に反する副業(Wワーク)はオススメできません。なぜなら、常にバレるリスクを抱えることになるからです。

 

副業がバレるパターンとしてよくあるのが、源泉徴収です。また、マイナンバー制度の導入により副業していることが会社に伝わるリスクも高まったという人もいます。こういったことが、会社に内緒の副業がオススメできない理由です。正社員の人が副業をするときは特に気をつけてください。

 

ここでは副業が事実が明らかになる具体的な仕組みについては触れませんが、バレるときはバレます。仮にバレないとしても、後ろめたい気持ちで余計なストレスを抱えながら会社勤めを続けることになり、そういう状態は精神衛生的にもけっしてよくありません。

 

ですが、会社に内緒の副業が絶対にできないかといえば、そんなこともないようです。実際には、就業規則に違反する副業を黙認している事業所もあります。また、海外留学の資金を貯めたいので、仮に今の会社を辞めることになっても構わないという薬剤師さんもいます。

 

ただし、そういう人は少ないと思うので、最悪の場合クビになってもいいというぐらいの覚悟がある人以外には、やはりオススメできません。

 

掛け持ちの注意点

自分・周囲への気づかいは大切

掛け持ちで仕事をする人は無理のない働き方を心掛けることが大切です。収入を増やす目的やスキルアップのために掛け持ちをする人も多いと思いますが、そのために無理な働き方をして体を壊したりしたら元も子もありません。ですからその点は十分に注意してください。

 

また、無理な働き方をした結果、勤務先の会社や患者さんに迷惑をかけることになるのも避けなくてはなりません。無理な働き方は自分だけでなく周囲にも迷惑がかかることがあります。掛け持ちや副業をするときは周囲の信用を落とすことがないようにくれぐれも気をつけましょう。

 

良い印象をもたれない掛け持ちもある?

掛け持ちのパート・アルバイトは、法律・就業規則に反しない限り基本的に自由なのですが、なかには良い印象をもたれない掛け持ちもありますので、職場選びは慎重に行いたいものです。

 

避けたほうが無難な掛け持ちは、

  • 同業のライバル会社との掛け持ち
  • 同じ系列・チェーンでの掛け持ち
  • 勤め先の人が良く知っている職場での掛け持ち

などです。

 

ライバル会社は当然ですが、同じ系列の店舗や事業所でもマズい場合があります。「他店で掛け持ちするぐらいならうちの仕事をもっとやってよ(ちゃんとしてよ)!」と思われる可能性があるからです。勤め先の人が知っている職場での掛け持ちも同じ理由です。

 

上記の掛け持ちは就業規則に引っかからなくても、上の人の心象を悪くする可能性もあるので、気をつけましょう。業界は広いようで狭いものです。

 

なかには、勤務先に出入りしている業者さんが同じだったり、掛け持ちをしている職場で知り合いに会ったりして、なんとなく気まずい思いをしたという人もいるようです。

 

税金・保険には気をつけて

ダブルワークの場合は税金と保険の計算が少し面倒になります。年収額によって、税金と保険の支払額も変わってきますので、あらかじめ目標とする収入を決めておかないと思わぬ損をすることもあります。

 

なので、掛け持ちの仕事を探すときは、薬剤師求人サイトのキャリアコンサルタントにあらかじめこうした相談をしておくことをオススメします。

 

ダブルワークをする人の目的は?

ダブルワークをする薬剤師さんの目的はさまざまです。よくある理由としては次のようなものがあげられます。

 

  • 家計のために収入を増やしたい
  • 空いている時間を有効に使いたい
  • 異なる職種を経験したい
  • スキルを落としたくない
  • スキルアップしたい

などなどです。

 

ダブルワークのメリット

ダブルワークのメリットは、まず収入が増えることにより経済的にも精神的にも余裕が生まれることです。ダブルワーク歓迎の求人は短時間のスポットで働くことができる案件も多いため、ちょっとした時間でも有効活用できますし、異なる業種を経験することもできます。

 

薬剤師資格を持つ人のなかには薬剤師として一度も勤務したことがない人がいますが、副業ならそういった人でもて薬剤師として少しずつキャリアを積んでいくことができます。

 

○○知恵袋などのQ&Aには「MRとして普段は勤務しているのだけど、スキルアップのために副業で薬剤師の仕事を経験しておきたい…」といった相談を見かけることもあります。

 

Wワークで週末薬剤師という働き方もアリ

Wワークなら、ウィークデイは会社勤めなど薬剤師以外の仕事をしている人でも、休日だけ薬剤師として働くことも可能です。休日だけでなく、会社員ならアフターファイブを利用して週2,3日働くといったこともできると思います。

 

このようにWワークは、定年後に備えて収入を増やしたい、薬剤師として経験を積んでおきたいといった人にもオススメの働き方です。在職中の人でも薬剤師求人サイトを利用すれば、求人情報は豊富に入手できますので、今後のために情報収集だけでもしておくと良いかもしれません。

 

薬剤師求人サイトには、土日のみ掛け持ちで働くことができるパート・アルバイト求人や平日の夕方以降の時間を有効に活用して働くことができるパート・アルバイト求人も掲載されています。Wワークを考えている人は是非いろいろとチェックしてみてください。

 

ただし、繰り返しになりますが、就業規則で副業を禁止している会社も多いと思いますので、事前の確認はお忘れなく。

 

ダブルワークの勤務先は?

薬剤師さんのダブルワークの勤務先として主な候補になるのは調剤薬局と病院です。この2つが大半と考えて間違いないです。ほかにも病院や企業などでWワークを歓迎している求人先もあることはあるのですが、薬剤師専門の求人サイトで検索してもほとんど見つらないほど希少なので、実際の仕事探しは難しいと考えてください。

 

職種については、調剤とOTCどちらも経験できる案件、あるいはどちらか一つを選択できる案件が豊富に存在しますので、希望に合わせて選択できると思います。また、当然ですが薬事以外の仕事を掛け持ちするというのも選択肢の一つになります。

 

掛け持ちの仕事を探すときに便利な薬剤師求人サイト

パート・アルバイト薬剤師の掛け持ちはすべての薬局・病院で歓迎してくれるわけではありません。そのため求人を探すのは大変ですが、専門サイトであれば掛け持ちOKのパート・アルバイト求人も比較的多いため、希望の求人を見つけられる可能性も高いです。

 

下記に、掛け持ち・副業の仕事を探すときに便利な薬剤師求人サイトをリストアップしていますので参考にしてください。薬剤師求人サイトでは、自分で求人を探すこともできますし、希望条件を登録しておけば、求人が発生したときに随時紹介してもらうこともできます。

 

希望の求人が見つかったときは、時給などの条件交渉も代行してくれるため、単独で応募するよりも条件面で有利になりやすいといったメリットもあります。職探しの手間や労力も一人の場合よりも少なくて済みますので、在職中の仕事探しにもオススメです。

 

なお、薬剤師求人サイトで求人を紹介してもらったり、サポートを受けても料金が発生することはありませんので、積極的に活用して自分に合う求人を見つけてください。

 

 

薬キャリのアイコン薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。スピーディーで丁寧なサポートが支持されています。転職は『登録者数No.1』の薬キャリで!

無料登録はこちら