【薬樹】薬剤師の年収・求人傾向・職場の評判は?

地域の「健康ナビゲーター」という新たな薬局の役割を早くから見出し、他社に先立って実践している薬樹。そんな取り組みに興味がある薬剤師さんも多いはず。

また、職探しをしている人は、年収や求人傾向、職場の評判なども気になっているのではないでしょうか。

このページでは、薬樹の求人に応募を考えている薬剤師さんが、少しでも時間の節約になるように、応募の判断に役立つ情報をわかりやすくまとめています。ぜひ参考にしてください。

薬樹の薬剤師の年収はどれくらい?

さて、いきなりですが、多くの人がもっとも気になっているであろう、薬樹の年収から見ていくことにしましょう。

薬樹の薬剤師の年収モデルは、古いものも含めるとたくさんみつかるので、どれを基準にするかでだいぶ変わってきます。

ちなみに、2019年度の新卒者の月給が269,000円(基本給179,000+諸手当90,000)となっていますので、そこから推測すると、新卒者の年収は430万円ぐらいが目安になるのではないかとおもわれます。

未経験の人が中途採用の求人に応募する場合も、おそらく、この水準になるのではと。

では、経験者が薬樹に転職する場合はどうかというと、エージェントが扱う求人に【30歳 600万円】【40歳 700万円】という年収モデルの求人が存在しますので、この水準までは交渉できるようです。

経験しだいということにはなろうかとおもいますが、実際に転職する場合は、かなり交渉の余地も出てくるかとおもわれますので、求人に応募の際は、ぜひ積極的に交渉してみてくださいね。

自分でうまく交渉できるか不安な人は、求人先との交渉を得意とするエージェントに代わりに交渉してもらうとよいでしょう。

⇒ 薬キャリに年収の相談をする

薬樹の薬剤師求人情報を入手する方法は?

薬樹は、公式ホームページのなかに薬剤師の採用情報ページを用意しています。

http://www.yakuju.co.jp/recruit/

また、薬樹の薬剤師求人は、薬キャリなどのエージェントから紹介してもらうことも可能です。

エージェントを利用すると、さまざまな就業サポートを無料で受けることができるので、職探しを有利に進めるためにも、ぜひ積極的に活用してください。

募集職種と採用条件についての補足

薬樹薬局の薬剤師は、基本的に調剤と服薬指導をメインとする業務に従事します。採用条件は、年齢・経験ともに不問です。

薬樹は調剤未経験の人がゼロから知識と技術を習得できるように研修を充実させていますので、まったく未経験の人や長いブランクがある人も、問題なく求人に応募することができます。

薬樹では実際、60代の薬剤師さんも現役で活躍されていますし、前職がMRという人も調剤に従事しています。

※ 募集要項には書かれていませんが、薬樹では、薬剤師が調剤以外にOTCや在宅業務に従事することもあります。職種は経験を活かして幅広く活躍できるようですので、応募の際は相談してみてください。

薬樹の評判は?

薬樹の薬剤師さんの口コミの中で、いちばん多かったのは残業代が「1分単位でつく」ということ。薬樹ではサービス残業をすることもないようですね。

(上記、まったく残業がないという意味ではありません。ひと月の残業時間の平均は過去実績で14時間というデータがあります。)

そして、次に多かった口コミは「研修体制の充実」です。「eラーニング」などはパートで働いている薬剤師さんも利用できるそう。

パートで働いている人のなかは、子育て中の人もいるかとおもわれますが、薬樹はフォロー体制もしっかいしていて、女性が働きやすいようです。

職場の雰囲気に関する口コミには、「患者さんのためにできることを自ら考えられる雰囲気がある」「風通しがいい」「成果主義ではないのでアットホームな雰囲気」というものも。

また、そのほかの良い口コミとしては、「法令順守意識が高い」「福利厚生が充実している」という声もありました。

いっぽう、残業時間・有給の取りやすさ・シフトの柔軟性については、店舗の人員体制によって変わってくると指摘する口コミなどもみつかります。

職場の内情については、求人先を独自に調査しているエージェントからも話を聞いておくと、よりリアルに近づくことができますよ。

すでに求人に応募する意思が固まっている人は、年収交渉などの無料で充実したサポートも、ぜひ受けてみてください。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。