ハローワークで薬剤師求人を探すメリット・デメリット

薬剤師さんの仕事探しは人材紹介会社を利用する人が多いので、ハローワークの存在は忘れられていることが多いかもしれません。

ハローワークの薬剤師求人をチェックしてみよう!

ですが、ハローワークにも豊富な薬剤師求人が集まっており、それをチェックしないのはモッタイナイような気がします。

今ではインターネットからも簡単に求人検索ができるよういなっていますので、仕事探しのときは是非チェックしておきましょう。

ここでは、ハローワークのメリットとデメリットについてまとめていますので、参考にしてください。

ハローワークのメリット

  • 求人が豊富
  • 薬剤師求人サイトには掲載されていない求人がある
  • パートや契約社員などの非常勤求人も検索できる

あまり知られていないかもしれませんが、ハローワークで扱っている薬剤師求人は実際に豊富です。それらのなかには薬剤師求人サイトでは扱っていない求人も含まれますので、仕事探しのときにチェックしておけば選択肢が広がります。

求人の絶対数が少ないエリアでは、薬剤師求人サイトで検索しても案件がほとんど見つからないことがありますが、そういうときにハローワークの求人を検索しておけば、希望の求人が見つかるかもしれません。また、運が良ければ思わぬ好条件の求人が見つかることも。

そういうことがあるので、ハローワークは貴重な情報源の一つ、と考えるべきと思います。

ハローワークのデメリット

ただし、ハローワークで求人を検索するときは気をつけなければいけないこともあります。それらを以下にまとめました。

  • 募集が締め切られている求人がある
  • 求人票の募集内容と実際の募集内容が違うことがある
  • 求人先の会社や職場環境に関する情報について詳しく知ることができない

まず、ハローワークの求人は、希望の求人が見つかっても募集が締め切られていることもあるようです。

ハローワークに求人を掲載するのに費用はかかりません。そのため事業所は、人を募集していない時期でも求人を掲載しておくことができるのです。

ですから、せっかく希望の求人を見つけられても、残念ながら募集は締め切られていたなんていうことも・・・。

また、ハローワークの求人は、求人票に掲載されている募集内容が実際のもの違うことがあります。募集内容というと分かりにくいかもしれませんが、たとえば、もっとも大事な給与額が全然違ったりすることがあるということです。

そういうことをする事業所は、給与額などを低くすると人が集まりにくいので、とりあえず求人票には高い給与額を記しておき、面接で実際の給与額を説明します。そして、それでも構わないという人を採用するわけですね。

これは事業所側の明らかなルール違反なのですが、ハローワークにはそういう求人も含まれているということを頭の片隅においておく必要があります。

さらに、ハローワークの求人は、人材紹介会社の求人のように詳しくリサーチされていないので、求人先の会社がどんな会社なのかは入社するまで分かりません。この点がもしかすると、一番のデメリットといえるかもしれません。

ハローワークの求人に直接応募するのはアリ?

ハローワークの求人案件は、インターネットで検索すれば連絡先も記載されているので、直接応募も可能ですが、あまりオススメできません。直接応募はハローワークでの手続きを省略できるので楽と思われるかもしれませんが、やはり後々面倒なこともあります。

以前、筆者がハローワークの求人に直接応募したことがあったのですが、実際に提示された賃金がハローワークに掲載されていたものよりもだいぶ低かったということがありました。

でも、ハローワークの求人票にはこう書いてあったということができずに、もどかしい思いをしました。(結局その会社に転職することはありませんでした。)

そういう場合、必ずしも求人先の会社に悪意があるわけではないのですが、後々のトラブルを避けるためにも、単独応募で応募するときは、少なくともハローワークで紹介状をもらっておくべきです。

ハローワークを上手に活用しよう

このように、ハローワークにはメリットもデメリットもあります。なので、その特徴について正しく理解しておくことが大切です。

とはいっても、どんな方法で仕事を探すにしてもデメリットは存在しますので、仕事探しはどれか一つの方法でおこなうのではなく、活用できるものは活用する、という意識で複数の方法を試してみるのがいいと思います。

薬剤師専門の転職会社のなかには、業界を熟知したキャリアコンサルタントもいるので、もし知識が豊富で信頼できそうな人に出会ったら、ハローワークで見つけた求人について意見を求めるのもいいかもしれません。

ハローワークの求人案件の中には、転職会社経由であらためて求人を紹介してもらうことができるものも少なからず存在するので、気になる案件を見つけたときは、エージェントに一度相談しておくことをオススメします。

そんなふうに、ハローワークと人材紹介会社の両方をうまく活用できれば、いちばん良いのではないでしょうか。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。