【クオール薬局】薬剤師の求人傾向と給料目安について

【クオール薬局】薬剤師の求人傾向と給料目安について

クオール薬局は、全国に680店舗以上を展開する業界大手の調剤薬局グループ。医療機関とのマンツーマン出店を店舗展開の軸としており、クリニックから総合病院まで、扱う処方せんも店舗によりさまざまです。

近年では、コンビニ・鉄道会社・大手家電量販店との業務提携を実現し、利用者の利便性を向上させる新たな店舗展開にも挑戦しています。

そんなクオール薬局ですが、薬剤師の求人需要も高く、フルタイム・パートタイムを問わず、数多くの求人案件が常時発生している状況です。

このページでは、クオール薬局の薬剤師求人状況や給与目安などについて、まとめていますので、職探しに役立ててください。

薬剤師の求人状況について

クオール薬局の公式サイト内にはリクルートページが設けられており、そのなかに薬剤師のキャリア採用情報(正社員・パート)も出ています。

http://www.qol-net.co.jp/employ/

採用に関する問い合わせや求人への応募についても、専用の応募フォームがありますので、そちらから可能です。リクルートページでは各都道府県の募集店舗を確認することもできます。

また、クオール薬局の薬剤師求人は、転職会社で紹介してもらうことも可能です。その場合は、クオール薬局の採用事情や各店舗の職場環境などについて、より詳しいを情報を入手できるので、事前の情報収集をしてから応募を判断したい人にオススメです。

転職会社のなかには、クオール薬局の派遣求人についても扱いがある会社がありますので、興味がある人はぜひコンタクトしてみてください。(派遣求人はパート・アルバイトよりも時給が高いのがメリットです。)

募集職種・応募条件について

募集職種については、調剤をはじめとする服薬指導・レセプト・薬歴管理 ・在庫管理などの薬局業務の人材を募集する求人が基本となりますが、OTCや在宅が業務の一部となる店舗も存在します。

応募条件に関しては、正社員・パート、ともに「未経験・ブランクOK」です。派遣の応募条件については個々の案件を確認するようにしてください。なお、パート・アルバイト・派遣の勤務時間や日数などについては、相談可です。

給料目安について

クオール薬局の年収ですが、転職会社の公開求人情報を参考にすると、400~600万円(基本給261,000~415,000円)+ 賞与年2回 + 諸手当 + 昇給年1回といった給与体系になります。

ただし、転職会社の非公開求人情報のなかには、クオール薬局の正社員求人と思われる求人があり、それらのなかには最大年収760万円を提示している案件も見つかります。(この辺については、転職会社に求職者登録をしておけば詳細を確認できます。)

また、クオール薬局の場合、転勤の有無・エリア指定の有無によって、給与額が違ってきます。下記に、コースによる基本給の違いを示した給与モデルを載せておきますので参考にしてください。

(下記の給与モデルは、基本給モデルの比較なので、実際の年収を示すものではありません。また給与額の上限を示すものでもありませんので、あくまで参考として見てください。)

【コースによる給与額の違い】

  • 【全国コース】… 291,000 ~ 351,000円
  • 【広域コース】… 281,000 ~ 341,000円
  • 【地域限定コース】… 261,000 ~ 321,000円

ちなみに、全国コースは、全国の転居をともなう異動あり、広域コースは関東・関西エリアなどのエリア内で転居をともなう異動あり、地域限定コースは自宅から通勤可能な範囲で異動あり、というコースになります。ちなみにクオール薬局の薬剤師年収は、地域によっても大きな開きがあります。

一方、パートの時給に関しては、公式サイトの情報によると、2000~2500円ですが、正社員の年収と同様、地域・店舗によっても差があるので、応募時に詳細を確認するようにしてください。

派遣については、非公開求人となっているため、正確な情報を確認できないのですが、検索情報を参考にすると、おそらく2600~3100円といったところになると思います。こちらについても、個々に確認を取るようにしてください。

教育環境・設備環境について

クオール薬局には中途採用者を対象とした「中途薬剤師研修」が用意されており、店舗では先輩薬剤師による実践的なスキルの指導があるため、未経験者からベテランまで、経験を問わず誰でもスムーズに仕事を覚えることが可能です。

また、クオール薬局では現在、調剤業務のIT化が進められており、業務の効率化、ミス防止にも貢献しています。電子薬歴管理システムや最新機器が導入されているので、設備的にも非常に働きやすい環境と思います。

女性の働きやすさについて

クオール薬局では、産休・育休の取得率は100%、子供が保育園に入れない場合には、育休を3年まで延長可能で、男性社員もその対象となります。復職後は時短勤務制度を利用する人が多いそうです。

また、現在では保育園に入園する際の費用の一部負担などが検討されており、将来的にはクオールが保育所を運営する計画もあるとか。このような状況なので、制度的に見れば、女性が働きやすい環境が整備されていると言っていいと思います。

ただし、エリアマネージャーや管理薬剤師が女性の働き方に理解が足りない店舗では、休暇が取りずらい、時短で働きにくい、といったこともあるようです。

表面的な制度だけでは見極めにくいトップの方針や姿勢は、特に女性の働きやすさに直結する部分なので、求人に応募するまえに転職会社を活用して、じっくりチェックしておきたいところです。

残業に関しても、配慮があると感じている人と、負担に感じている人がいるようなので、店舗ごとの状況まで事前にしっかり確認するようにしましょう。

クオール薬局へ転職を考えている薬剤師さんへ

ここまで、クオール薬局の労働条件・就労環境について、いくつかポイントとなりそうな部分を見てきましたが、まったく不安要素がないわけではないので、転職先、パート・アルバイト先、派遣先としての判断は、十分な情報収集をもとにおこなうようにしてください。

残業や休暇の取りやすさ、会社の子育てへの理解など、確認すべき点は多々あると思いますので、他社の求人と比較しながら、じっくりと検討することをオススメします。

転職会社を活用すれば、条件交渉・日程調整・面接同行などのサポートもすべて無料で受けることができ、年収・時給アップの相談も可能です。希望条件をもとに求人を紹介してもらうこともできますので、うまく活用してください。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。