【薬剤師】定年後の再就職先を探すときにおすすめの求人サイト5選

ムスカリ

定年後もまだまだ現役でいたいとう薬剤師さんが増えています。また近年では、未経験の薬剤師さんや長いブランクがある薬剤師さんが、60歳を過ぎてから仕事探しを始めるケースも多々みられるようになりました。

若いときに苦労して取った国家資格を定年後も活かさない手はありません。

とはいえ、再就職先さがしに苦労している人が多いのも事実…。

働きたい気持ちはあるのに、希望に合う仕事がなかなかみつけられない、という方も多いのではないでしょうか。

そうなんです、薬剤師は国家資格といえど、歳を重ねれば再就職だって若いときのように簡単にはいきません。

「何件ぐらい応募すれば採用してもらえるかな・・・。そもそもこの年齢で雇ってもらえるんだろう?」

「自宅近くで仕事をみつけられたらいいなぁ・・・。でも、遠くまでいかないと仕事みつからないかな?」

「だれかに相談してみようか・・・。でも、まわりに再就職の相談ができる人はいないしなぁ・・・」

「よし、おもいきって応募してみよう!・・・でも、もし断られたら自信なくしそう・・・」

このように、多くの人を悩ませる定年後の再就職先さがし。

そんな悩めるシニア世代の薬剤師さんに、ぜひ試していただきたい仕事探しのノウハウがあります。

それは、無料で利用できる薬剤師求人サイトを活用することです。

今では薬剤師の求人を専門に扱う人材紹介会社もずいぶん増えました。その人材紹介会社の入口になっているのが、ネット上に無数に存在する薬剤師求人サイト。

こちらの記事では、数ある求人サイトの中から定年前後の薬剤師さんが再就職先を探すときにおすすめの薬剤師求人サイトを厳選して紹介します。

ぜひ参考になさってください。

定年後もまだまだ現役でいたいとう薬剤師さんが増えています。また近年では、未経験の薬剤師さんや長いブランクがある薬剤師さんが、60歳を過ぎてから仕事探しを始めるケースも多々みられるようになりました。

若いときに苦労して取った国家資格ですから、定年後もそれを活かさない手はないですよね。

とはいえ、再就職先さがしに苦労している人が多いのも事実…。

働きたい気持ちはあるのに、希望に合う仕事がなかなかみつけられない、という方も多いのではないでしょうか。そう、薬剤師は国家資格といえど、年を重ねれば再就職だって若いときのようにカンタンにはいきません。

『何件ぐらい応募すれば採用してもらえるかな・・・。そもそもこの年齢で雇ってもらえるのかな?』

『自宅近くで仕事をみつけられたらいいなぁ・・・。でも、遠くまでいかないと仕事みつからないかな?』

『だれかに相談してみようかな・・・。でも、まわりに再就職の相談ができる人はいないしなぁ・・・』

『よし、おもいきって応募してみよう!・・・でも、もし断られたら自信なくしそう・・・』

このように、多くの人を悩ませる定年後の再就職先さがし。

そんな悩めるシニア世代の薬剤師さんに、ぜひ試していただきたい仕事探しのノウハウがあります。

それは、無料で利用できる薬剤師求人サイトを活用することです。

今では薬剤師の求人を専門に扱う人材紹介会社もずいぶん増えました。その人材紹介会社の入口になっているのが、ネット上に無数に存在する求人サイト。

こちらの記事では、数ある求人サイトの中から、定年前もしくは定年後の薬剤師さんが、再就職先を探すときにオススメの求人サイトを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

求人サイトに登録するメリットは?

求人サイトに登録して再就職探しをすると下記のようなメリットがあります。

  1. 自分で求人を探さなくていい
  2. 単独で求人を探すよりも仕事選びの可能性が広がる
  3. シニア世代の求人事情に精通したコンサルタントからアドバイスをもらえる
  4. さまざまなサポートを無料で受けられる
  5. 非公開の求人も紹介してもらえる
  6. よい条件の仕事がみつかりやすい

求人サイトの選び方は?

求人サイトに登録して人材紹介会社のサポートを受けると、再就職先探しを有利に進められることをわかっていただけたでしょうか。

しかし、『求人サイトをどうやって選べばいいのかわからない・・・』という方も多いとおもいますので、選び方をお教えします。

定年後の再就職先探しに最適な求人サイトの選び方

1.複数のサイトにコンタクトする

どの求人サイトに相談するのがいいかは、結局のところ、人によりけり。あなたにとって最適な再就職先を紹介してくれるサイトがベストともいえます。

なので、できるだけ複数のエージェントに実際に会って話してみて、複数の選択肢の中から最終的にサポートを受ける会社を決めるというのが理想です。

エージェントにコンタクトするのは同時でもかまいませんし、1社ずつでもよいでしょう。2、3社に相談するくらいなら、エージェントとのやりとりもそんなにめんどうではないはずです。

2.実績がある会社を選ぶ

いまでは定年後も働きつづけたいと希望する薬剤師さんも少なくないので、どのエージェントでもシニア薬剤師さんの仕事探しの相談にのってくれます。

ただ、実際に相談した薬剤師さんのなかには、相談の段階で断られてしまったという人もいるので、念のため、定評のある会社を選んでおくほうが安心です。

3.自分に合うコンサルタントをみつける

コンサルタントの良し悪しは再就職探しが成功するかどうかに大きく影響しますので、自分に合うコンサルタントを選ぶことが大切です。

コンサルタント選びのポイントは、『この人に任せておけばいい仕事がみつかりそう』という希望がもてるかどうかといっていいでしょう。コンサルタントとしての力量はもちろん、個人的な相性はもっと大事です。

数社の人材紹介会社にコンタクトしておけば、複数のコンサルタントに相談できるので、それぞれの意見を比較してみるのもよいと思います。

シニア世代の薬剤師求人事情は?

全国的に薬剤師不足がつづくなか、定年まで異業種の仕事をしてきた人や、結婚・出産を機に退職してから長いブランクがある人なども、職探しがしやすい状況です。

調剤薬局・病院・ドラッグストアなど、求人先も複数の候補があり、雇用形態も、正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣など、複数の求人が存在します。

週1日からフルタイムまで、働き方もライフスタイルに合わせて決めることが可能です。

業務については、調剤と医薬品販売の募集がもっとも多く、両方を兼務する人材を募集する求人などもあります。

経験を不問とする案件から実務経験必須の案件まで、応募条件も様々ですので、自分の経験に合わせて仕事を選ぶことが可能です。

また、年齢不問の求人のなかには、高年収を可とする求人も多数出ており、高い経験値・スキルをもつ人材が募集されていますので、応募条件を問い合わせてみるのもよいでしょう。

調剤経験はなくても大丈夫?

調剤薬局のイメージ

薬剤師の定年後の再就職先でもっとも有望な候補となるのは、調剤薬局。

それは、調剤薬局が積極的にシニア人材を採用しているというわけではなく、単に調剤薬局の数が多く、求人数が多いから。

調剤経験がない方は、自分には無理なのでは?とおもうかもしれませんが、調剤経験がない60歳以上の薬剤師さんが就職に成功している事例もあるので、悲観する必要はありません。

ただ、シニア世代の薬剤師さんを採用したい薬局も、即戦力とまではいかないまでも、教育に時間と費用はあまりかけたくないというのが本音なので、調剤経験者は未経験者にくらべるとだいぶ有利になることは間違いありません。

今ではドラッグストアでも調剤薬局を併設していないところはほとんどないので、調剤経験はとくにモノを言います。

再就職をするときには、できれば数年の調剤経験がほしいところですが、1年だって未経験よりはよいでしょう。

わずかな経験でも、ぜひ伝えておきましょう。

定年後の年収はどうなる?

定年後の再就職では仕事をみつけることが最優先で、年収はあまり期待してはいけないというのが多くの人の意見のようです。

しかし、まったく交渉の余地がないというわけではありませんし、エージェントに交渉プロセスを代行してもらうことで年収交渉を有利に進めやすくなりますので、とくに相応の経験・スキルがある人は納得のいくまで交渉すべきだとおもいます。

(給与などの本人が触れにくい部分は、エージェントが上手に交渉を進めてくれますので、希望を伝えておくだけで大丈夫です。)

年収に関しては、前職の実績を考慮してもられるので、一度、担当者に具体的な相談してみることをオススメします。

ただ、要求レベルが高すぎると、再就職先の選択肢をせばめることにもなりかねないので、そこは注意が必要です。

下記に、年齢不問の求人の取扱いが多いエージェントをリストアップしていますので、お住いの地域の詳しい求人状況や再就職の条件などについては、直接確認するようにしてください。

なお、エージェントを使って求人を探す場合は、2社以上に求職者登録しておくと案件の比較がしやすくなりますが、その場合は、他社にも相談していることを担当者に伝えても問題ありません。

※50代と60代では、転職市場における評価がだいぶ違ってきます。年齢が上がるほど、有利な条件での職探しは難しくなっていくので、定年後も働く意思がある人は、早めの転職活動をオススメします。

下記の転職会社は在職中の転職相談も可能です。

定年後の再就職探しにオススメの求人サイト5選

薬キャリ

薬剤師の人材紹介会社のなかでもっとも選ばれている定番のエージェント。運営するのは、医療業界・薬剤師業界に豊富なネットワークをもつエムスリーグループ。

あらゆる世代の薬剤師さんが利用しており、定年後の再就職先を探している薬剤師さんにも人気です。近年では、70代で調剤経験がない薬剤師さんも薬キャリを利用して仕事をみつけています。

薬キャリはとてもレスポンスがいいのも特徴。登録すると、早ければその日のうちに最大10件(派遣は5件)の求人を紹介してくれます。

まず最初に相談するなら薬キャリがおすすめです。

ファルマスタッフ

日本調剤グループが運営する薬剤師専門の人材紹介会社。業界トップクラスの豊富な求人を扱っており、年齢不問の求人案件の扱いも多数あります。

扱っている求人案件は未経験者が応募できる求人の割合が高いので、薬事に携わったことがない人や、長期のブランクがある人でも仕事を見つけやすくなっています。

なお、希望すれば、ファルマスタッフのキャリアコンサルタントが自宅の近くまで足を運んでくれるので、近所のカフェなど、リラックスした雰囲気のなかで再就職探しの相談をすることも可能です。

※ファルマスタッフから求人を紹介してもらう場合は、コンサルタントとの面談が必須となります。

ファーマキャリア

ハイレベルな転職支援サービスを売りにしているエージェント。キャリアコンサルタントは全員、実績があるコンサルタントなので、限られた条件下での求人探しには強みがあります。

たとえば、他社のエージェントに再就職の相談して断られてしまった経験がある人などは、ファーマキャリアに相談してみると、違う結果になるかもしれません。

また、ファーマキャリアのコンサルタントは求人先との条件交渉にも慣れているので、再就職の条件として年収は絶対に譲れないといった人も、満足できる条件を提示してもらえる可能性があります。

他社と同様、併用も歓迎してくれるので、複数のエージェントを利用される方は、大手と同時にコンタクトしておけばより安心です。

アプロ・ドットコム

薬剤師専門の転職支援会社。ファルマスタッフ同様、業界最大級の求人案件を保有するエージェント。全国各地の薬剤師求人を幅広く扱っており、20代から60歳以上の薬剤師さんまで利用しています。

あらゆる種類の求人を扱っていますが、実務経験を必須とする求人案件の扱いが中心なので、ファルマスタッフよりも応募できる求人の条件は高めとなるかもしれません。

ですが、経験者限定のエージェントというわけではなく、未経験であっても、求職者一人ひとりの希望に合わせて、可能性のある事業所を徹底的に調べ尽くしてくれます。

勤務エリア内の求人状況を漏れなく確認したいのですが…とお願いしても大丈夫です。

ファーマジョブ

北海道を拠点に、全国で薬剤師の転職支援サービスを展開するエージェント。一時期、非常に高いマッチング精度が話題となっていた転職会社。マッチング重視で定年後の再就職先を探す人は、選択肢に入れてもよいかもしれません。

再就職を成功させるために

再就職を成功させるためには、いくつか大事なポイントがあります。

下記に、再就職探しをする薬剤師さんが参考になる代表的なアドバイスをあげておきますので、興味がある方だけ、目を通しておいてください。

早い時期に行動する

転職市場では、一定の年齢を過ぎると、だんだんと転職や再就職がむずかしくなってきます。

よくいわれるのは、定年後に現役のまま働きたいのであれば、50代現職のうちに、転職先を探すほうがよいということです。そのほうが給与面やその他の待遇面において、有利な条件を引き出しやすくなります。

60歳を過ぎても、ブランクの有無にかかわらず、できるだけ早く職探しに取りかかるほうが有利であることに変わりありません。

ゼロからのスタートと考える

現役世代を企業で過ごしてきた人が、再就職に失敗するパターンが多くなっているといわれています。

製薬会社や医薬品卸企業などで定年ぐらいまで働いてきた人は、調剤経験がない人がほとんどですので、それは一因でもありますが、原因はそれだけではないようです。

企業で働いてきた人が再就職に不利なのは、再就職の条件、つまり年収の希望が高いことが理由のひとつと考えられます。

また企業出身者は、それなりに責任ある重要なポジションを経験している人も多いもの。

プライドの高さがつい前面に出てしまい、「融通がきかない」「扱いにくい」「若いスタッフとコミュニケーションがとれそうにない」とおもわれてしまうと、再就職がうまくいかない原因となってしまいます。

良い印象をもってもらうためには、物腰低く謙虚が肝心。

入職後も若いスタッフから慕われ、頼りにされる存在になれるよう、柔和な印象を与えることを心がけたいものです。

おわりに

こちらのページでは、定年後の再就職探しに役立つ求人サイトを紹介しましたが、いかがでしたか?

ご自身の再就職探しをサポートしてくれるエージェントは、みつかりそうでしょうか。

定年後の再就職先探しは「むずかしい」という印象をもっている人が多く、ガティブな視点で語られることも多いですが、情報に流される必要はありません。個人差があると考えてください。

再就職探しがうまくいくかどうかは人によるので、資格さえもっていれば、前提となる条件などは最初から考えなくても大丈夫。それよりも、行動しないまま、せっかくのチャンスを逃してしまうのはモッタイナイことです。

定年後の再就職探しについては、一般論ではカバーしきれないぐらい例外的な事例もたくさんあるので、自信がない方も、ポジティブに職探しに取り組んでいきましょう!

薬キャリ

薬剤師登録者数No.1
非公開求人80%以上
最短即日の求人紹介