さくら薬局(クラフト)の薬剤師の年収はどれくらいなのでしょうか。また、他社とくらべて高いのでしょうか、それとも低いのでしょうか。さくら薬局の中途薬剤師と新卒薬剤師の年収について調べてみました。

 

SAKURA PHARMACY

 

さくら薬局(クラフト)の薬剤師の年収は?

では、さくら薬局の薬剤師の年収を中途、新卒の順にみていきましょう。

中途薬剤師の年収は?

中途採用の薬剤師の給与に関しては、経験と能力が大きく関係してくるので、さくら薬局の公式サイトに掲載されている募集要項にも基本給や手当の詳細については書かれていません。給与や年収の目安については、個別の求人で確認してくださいということなのでしょう。

 

さくら薬局の中途薬剤師の募集条件は、案件ごとに実際さまざまですが、年収は350万円~650万円(管理薬剤師で600万円~650万円)といったところが目安になると思われます。年収は基本給以外に発生する手当によっても、だいぶ変わってきそうです。

 

基本給以外の手当については、下記のとおりです。

  • 地域手当
  • 寒冷地手当
  • 赴任手当
  • 在宅手当
  • 職能給
  • 薬剤師手当
  • 時間外手当
  • 役職手当
  • 家族手当
  • 通勤手当

 

中途薬剤師の具体的な年収については、募集要項からは判断できませんが、転職エージェントに問い合わせることで目安を確認することができます。エージェントは年収交渉などのサポートも無料で提供してくれますので、ぜひ積極的に活用して条件アップに役立ててください。

 

転職シーズンに入ると、好条件の求人から埋まっていってしまいますので、転職をお考えの方は早めの行動を!

 

なお、さくら薬局は、中途採用で調剤未経験者も採用していますが、未経験の場合は、年収は新卒者と同程度になるようです。ただし、諸手当の関係で、年収が新卒者の年収を下回ることは、場合によってはあるかもしれません。

 

経験があればラウンダーで高年収をねらえる

さくら薬局に転職する場合は、調剤経験がある人であれば、上で説明した年収を上回ることもできるかもしれません。

 

その選択肢として考えられるのが、「ラウンダー薬剤師」という働き方です。さくら薬局のラウンダー薬剤師の求人は、年収が600~700万円という好条件!ラウンダー薬剤師の募集は、エージェント経由でおこなわれる希少な案件です。

さくら薬局のラウンダー薬剤師の募集は、契約社員案件や半年以上の経験があれば相談できる案件なども出ています。

 

ラウンダー薬剤師の年収は、条件次第では管理薬剤師以上の年収になる場合もありそうですので、興味がある方は、問い合わせておいてください。(※ラウンダー薬剤師の募集は、常時おこなわれているわけではありません。)

 

新卒薬剤師の年収は?

さくら薬局の新卒薬剤師の初任給は、学部卒・修士卒の年収が253,000円~352,500円となっています。

 

学部卒と修士卒の差はあるにしても、約10万円の幅がありますので、初任給としては、かなり幅が広くなっているという印象ですね。初任給の幅が広い理由には、先に説明したように、手当や勤務条件のちがいが考えられます。

 

上記の給与から、ボーナスなどを含めた新卒薬剤師の年収を推定すると、405万円~560万円ぐらいになるのではないかとおもわれます。

 

さくら薬局(クラフト)の公式ホームページはこちら
http://www.kraft-net.co.jp/sakura/

 

まとめ

ここまで見てきたように、さくら薬局の薬剤師の年収は、諸条件によって、かなり変わってきます。そのため、他社と比較して高いか低いかを比較するのも容易ではありません。

 

ただ、条件によっては、かなりの高年収が狙える可能性があることも確かです。その辺の判断はむずかしいと思いますので、転職エージェントに直接確認してみることをオススメします。

 

エージェントにコンタクトしておけば、公式サイトには掲載されていない非公開の求人を紹介してもらえたり、年収アップの交渉をしてもらうこともできます。また、募集要項には書かれていない「実際のところ」についても話を聞いておくことが可能です。

 

あなたにとって最高の条件の職場をみつけるために、ぜひフルに活用してください。

 

 

薬キャリのアイコン薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。スピーディーでこまやかなサポートが支持されています。転職は『登録者数No.1』の薬キャリで!

無料登録はこちら