時給5000円以上の薬剤師求人なんて本当に存在するの?

時給5000円以上の薬剤師求人なんて本当に存在するの?

「もっと高い時給で働けたらいいんだけど…」

「時給5000円の薬剤師求人があるらしいよ」

「時給5000円なんて、やっぱりなんか裏があるんじゃない?」

 

こんな会話が聞こえてきそうですね。

 

人生の時間は有限。

多くの人が、限られた時間でより多くの収入を得たいと考えるのは当然ではないでしょうか。

 

こんにちは。薬師専科の編集長として薬剤師さんたちの仕事探しの悩みや要望と向き合ってきた山下ナオです。

今この記事をご覧になっているということは、あなたは時給5000円の高額求人に興味があると思います。

もしかしたら、ほんとうにそんな高額求人があるの?と疑問をいだいているかもしれませんね。

 

この記事のタイトルは、「時給5000円以上の薬剤師求人なんて本当に存在するの?」ですが、結論から言いますと、時給5000円の薬剤師求人は存在します。

 

ただ、時給が高いといわれる薬剤師といえど、さすがに時給5000円の求人は多くはありません。

それに、今この記事をご覧になっている方は、時給が高ければそのほかの条件はどうでもいい、と考えているわけではないですよね。

時給が高い求人には、それなりに不安を感じているはずです。

 

そんな高時給求人に対する不安もしっかり踏まえたうえで、こちらでは、時給5000円の求人の探し方や、失敗しない求人選びのポイント求などをお伝えしたいと思います。

この記事では、前半で時給5000円の求人例と、どういう理由で時給5000円の求人が出るのかについて見ていきます。

また、よくある高時給求人についての誤解などについても解説していきます。

後半では時給5000円の求人の探し方について、具体的に説明していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

では、まいりましょう!

 

時給5000円の薬剤師求人は存在する

時給5000円の薬剤師求人は全国的にみてもすくないですが、たしかに存在します。

下記は、当サイトが調べた時給5000円の薬剤師求人の例です。

 

 

まずは、このように、時給5000円の薬剤師求人がほんとうに出ていることをおわかりいただけたと思います。

ただ、上の求人のなかには、時給が2500~5000円と幅がひろくなっている求人もありますね。

いっぽう、下の求人のように時給5000円(月約80万円)というように、より具体的なお給料の目安をしめしてくれている求人もあります。

 

 

上は短期契約社員の求人例です。

このように、時給5000円の求人には、パート・アルバイトばかりでなく、派遣社員や契約社員の求人も存在します。

派遣の働き方については、このあとにもうすこし詳しく説明しますので安心してください。

 

時給は需要と供給のバランスできまる

時給5000円といえば、かなりの高時給。

フルタイムで働くと仮定すると、単純計算でも年収1000万円に手が届きます。

それだけの高時給がなぜ可能なのかということに、多くの方が関心をもっているのではないでしょうか。

 

「高時給の求人には裏がある」なんていうこともけっこう言われていますからね。

たしかに、時給が高い求人にはそれなりの事情があります。

しかし、時給が高いからといってそのほかの待遇が悪いということも、一概にはいえないのです。

 

たしかなことは、時給は需要と供給のバランスできまるということです。

高い時給は、求人先がそれだけの額をだしても薬剤師を確保したいという気持ちのあらわれなのです。

 

時給5000円の求人がなぜ出るのかですが、まず薬局の場所的に人が集まりにくいという理由が考えられます。

僻地(へきち)の薬局から高時給の求人がでやすいといわれるのはそういう理由です。

 

ただし、都市部の薬局でも、まれに時給5000円で薬剤師を募集することはあるので、地方でなければ高時給の求人が見つからないというわけでもありません。

 

時給5000円の求人が出る理由として、つぎに考えられるのが、薬局がかかえる個別の事情です。

たとえば、深刻な人手不足で店舗運営もままならないとか、新しく人を雇っても定着しない、といった問題が高時給に関係していることが考えられます。

 

ただし、慢性的な人手不足に陥っている薬局に勤務することになると、休みがとれないとか、労働環境が悪すぎるといった不満につながる可能性もあるので、求人に応募するかどうかの判断はくれぐれも慎重に。

時給が高い理由が薬局の人手不足だと考えられそうな場合は、求人に応募するのはやめておくほうがいいでしょう。

でも、求人に隠された裏の事情を知る方法がないわけではありません。

その方法も後ほどお伝えしていきますね。

 

高時給になる条件が限られている場合も

ドラッグストアのアルバイト薬剤師の求人を見て、最高時給が高いことにおどろくことがありませんか?

でもよく見ると、22時から閉店の23時までのたった1時間だけだったりするんですよね。

ようするに、時給5000円といっても条件つきなんですね。

ドラッグストアの薬剤師求人には最高時給が高くても、通常時給は平均並みの求人もあるということです。

 

高時給の条件が限定されるといえば、薬剤師の国試対策の予備校が募集している講師のアルバイトなどもそうです。

薬剤師の予備校では時給5000円以上でアルバイトを募集していることがあります。

でも、講師のアルバイトや専門学校のアルバイトって授業時間以外は手当がつかないのがふつうなんですよね。

だから、コマ数がすくないとぜんぜん稼げないことがあります。

予備校のアルバイトは、そもそも授業に必要な予習時間が時給に含まれませんが、ひどいところになると、事務作業や残業代など、本来支払われるべき手当が出ないという場合があります。

 

短時間でも高時給がうれしいという方なら、予備校や専門学校のアルバイトを考えてみてもいいかもしれません。

でも、しっかり働いて稼ぎたい方は、講師のアルバイトでは想像以上に稼げないかもしれません。

 

時給幅がひろすぎる求人には注意

薬剤師の求人をたくさん見ていると、時給幅がひろすぎてほんとうの目安がよくわからない求人もよく目にしますね。

たとえば、「時給1800~5000円」と書かれていて、応募資格のところには「経験考慮」とだけ書いてある求人などです。

こういう求人は人寄せのために求人の時給幅をひろくしているだけかもしれません。

もっとはっきり言ってしまえば、時給幅がひろい求人に応募しても、最高時給で採用してもらえることはまずないと思います。

 

面接で求人内容とちがう条件を提示されることも

「求人サイトで良さそうな求人が見つかったんで、面接に行ったんですが、求人内容とはちがう条件を出されちゃって…」

 

面接の場でいきなり求人の内容とは別の条件を提示された経験がある方も多いのでは…。

実はこれ、わたし自身も経験があることなんです。

 

こんな経験をすると、求人に書かれてた内容はいったい何だったのって思ってしまいますよね。

 

わたしが遭遇した事業者のように、なんだかんだ理由をつけて納得させ、条件を下げて採用しようとする悪い事業者もいるようですので、くれぐれも気をつけてください。

 

このように、時給5000円の薬剤師求人といっても、いろんな求人があるわけです。

でも、問題はほんとうに稼げる求人をどうやって探すかですよね。

ここからは、時給5000円の求人を探す方法について、お伝えしていきますね。

 

時給5000円の薬剤師求人を探してみよう!

時給5000円の薬剤師求人を探すには、いくつか方法があります。

どんな求人探しの方法がいいのか、順番にみていきましょう。

エージェントを活用しよう

時給5000円の薬剤師求人の探し方として、 いちばんオススメなのはエージェントを活用することです。

エージェントを使うメリットは、つぎの点にあります。

 

1. 非公開求人を紹介してもらえる

2. 自分で求人を探して応募する手間がはぶける

3. 派遣求人を扱っているエージェントもある

4. エージェントを通して求人に応募すれば条件が保証される

 

では、エージェントを使うメリットを具体的にみていきましょう。

 

メリット1: 非公開求人を紹介してもらえる

高時給の求人など、条件がいい求人は一般の求人サイトには掲載されずに、エージェントで扱われていることをご存知でしょうか。

エージェントが扱う非公開求人は、条件がいいだけに、事業所が一般の求人サイトに掲載することを控えたい求人なんです。

 

「今度うちにはいってきた人は特別いい条件で採用されたみたいよ!」

なんてうわさがたつと、職場でいろいろな問題が起きる可能性があるわけです。

 

だから事業所は、「急募」といったかたちでエージェントをとおして人材を募集する傾向があります。

非公開求人として扱われている求人は、緊急性が高い求人なので、時給も高くなりやすいんです。

 

メリット2: 自分で求人を探して応募する手間がはぶける

自分で1件1件求人を探して応募するとなると、求人を探すだけでも大変です。

しかも、求人ごとに履歴書を書いて応募して…なんてことをやっていたら、かなりつかれます。

だから仕事探しのめんどうなところをぜんぶ代行してくれるエージェントを活用するほうがラクなんです。

 

メリット3: 派遣求人を扱っているエージェントもある

薬剤師のエージェントのなかには派遣求人を扱っている会社もあります。

派遣は、パート・アルバイトよりも時給の相場が高く、高時給の求人が多いのも特徴なんです。

でも、派遣求人は限られたエージェント(派遣会社)でしか扱っていません。

なので高時給の派遣求人を探すならエージェントに登録する必要があります。

 

メリット4: エージェントを通して求人に応募すれば条件が保証される

エージェントから求人に応募すれば、コンサルタントが先方と事前に労働条件を調整してくれるので、面接でとつぜん求人内容とちがう条件を提示されるなんていうことはありません。

またエージェントは労働条件の調整だけでなく、すこしでも時給が高くなるように先方と交渉もしてくれます。

 

エージェントを活用するメリットをざっくりと説明すると、だいたいこんなかんじです。

 

いちばん最後の「求人の条件を保証してもらえる」というメリットは、ここではとくに強調しておきたいですね。

 

それともうひとつ、エージェントを使うメリットとして大きいのは、時給が高い派遣求人を紹介してもらえることです。

ただし、先ほども説明したように、派遣求人を扱っているエージェントはすくないんです。

 

ちなみに、薬剤師会員が多いことで知られる 薬キャリ なら、パート求人だけでなく派遣求人も紹介してもらうことができます。

薬キャリは高額求人が多いといわれているエージェントでもあるので、エージェントを探している方にはオススメですよ。

 

薬キャリなら、早ければ登録したその日のうちに求人を10件(派遣は5件)紹介してもらうことができます。

登録したときに条件に合う求人がみつからなくても、求人が見つかったときに知らせてもらうこともできるので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

派遣の仕組みってどうなってるの?

「薬剤師派遣の仕組みって、どうなってるの?」

こんな疑問をもっている方も多いようですね。

薬剤師の派遣も、一般的な派遣のしくみとおなじです。

派遣の仕事をしたいひとは、派遣会社(薬剤師の場合はエージェント)に登録して仕事を紹介してもらいます。

パートやアルバイトとのちがいは、求人先ではなく派遣会社が雇用主となり、求人先が勤務先になることです。

派遣で働く場合、働き始めてからも待遇に関するさまざまな相談を派遣会社にできるのがメリットです。

派遣で最初に約束を交わした労働条件が守られない場合、雇用主である派遣会社があいだに入ってくれたりもします。

だから、派遣は求人先が約束した労働条件をきちんと守ってくれるか心配な方にもオススメというわけなんです。

 

 

短期派遣には高時給の求人も多い

実は、時給5000円の薬剤師求人は長期の雇用を前提とした求人ばかりではないんですよ。

派遣求人や契約社員求人のなかには1~3か月くらいの比較的短い期間で募集している求人案件もあるんです。

雇用期間が短い求人は、いわゆる短期派遣や短期契約とよばれる求人。

 

短期派遣や短期契約の求人は、留学のための資金を用意したいひとや、地方で働きながら観光やレジャーなどを楽しみたい方にぴったりなんです。

求人先もまた、観光やレジャーの魅力とセットで短期派遣や短期契約の求人をアピールしている場合があるので、エージェントに希望を伝えてそういった求人を探してみるのもいいでしょう。

短期の募集案件のなかには、赴任費用を負担してもらえたり住まいを用意してもらえるだけでなく、光熱費などの生活費の一部を負担してもらえる案件もあります。

興味がある方は、ぜひエージェントに問い合わせてみてください。

 

時給が高い求人って未経験でも応募できるの?

「私、調剤経験とかないんだけど、時給が高い求人に応募できるのかな?」

と心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

時給5000円の求人を実際に調べてみると、ほとんどが調剤経験者を募集する求人です。

ですが、「経験不問」や「未経験可」の求人がみつからないわけでもありません。

たとえ未経験でも待遇を良くして採用したいという求人先もありますし、逆に、調剤に関しては経験がないほうが教育がしやすいという求人先もあります。

ただ、掲載求人の未経験可という条件だけを見て、実際に採用してもらえるかどうかを判断するのはむずかしいんですよね。

エージェントに相談すれば、未経験を前提として求人を探してくれるので、経験が不安な方も、ぜひ相談してみるといいですね。

 

自分で探すなら求人サイトやハローワークを利用してみるという手も

ここまで読んでくださった方なら、求人探しでエージェントを使わないひとは、たぶんいないと思います。

でも、やっぱり自分でも求人を探してみたいというひとは、求人サイトやハローワークを利用するのもいいでしょう。

 

日経DIキャリアは、複数のエージェントの求人を自分で検索できるサイトですが、こちらにも時給5000円の薬剤師求人が若干数、求人が見つかります。

でもやっぱり見つかる案件の数がすくないので、条件に合う求人が見つかればラッキーというかんじですね。

 

ハローワークでは、意外かもしれませんが、薬剤師の求人がたくさん扱われています。

ハローワークの求人はハローワークインターネットサービスでも検索できるので、自分で求人を探す意欲がある方は、利用されてみてください。

運が良ければ、好条件の求人が見つかるかもしれませんよ。

 

ただ、注意しなくてはいけないのは、ハローワークで扱っている求人は、やはり条件が保証されていない点です。

面接に行ったらちがう条件を提示された、なんていうひともいないわけではないので、そのことはおぼえておいてください。

ハローワークの求人に応募するのなら、最低限、直接応募は避け、ハローワークの窓口をとおして応募するようにしましょう。

 

このページのまとめ

まとめ

・時給5000円の薬剤師求人はすくないが存在する

・求人サイトに掲載されている求人は条件が保証されるとは限らない

・求人の条件を確実に保証してもらいたい場合はエージェント経由で応募するほうがいい

・1~3か月の短期派遣や短期契約の求人には高時給の求人も多い

・ハローワークでも時給5000円の薬剤師求人を探すことができるが、一般の求人サイトで扱われる求人と同じように、掲載求人の条件は保証されるとはかぎらない

 

ここでは、時給5000円の薬剤師求人について詳しくみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

大事なことは、なぜ目の前の求人の時給が高いのかを考え、その求人に裏がないかどうかを判断することです。

求人の情報は確かか、自分が望むだけの収入が得られるのか、求人先がブラックじゃないかは、とくによく確認する必要があります。

求人探しのやり方は、この記事のなかですべてお伝えしたつもりですので、不安な方は何度も繰りかえし内容を読んで不安を解消してください。

 

何かわからないことがあったら、お問い合わせページから気軽に質問してくださいね。

薬師専科はあなたの仕事探しを応援しています。