日本大学病院における薬剤師の募集傾向について

日本大学病院における薬剤師の募集傾向について

「日大病院の薬剤師募集傾向は?」

「採用試験の合格率はどれぐらい?」

日本大学病院の求人情報をチェックする薬剤師さんが増えています。このページでは、同病院における薬剤師の募集傾向や求人情報の入手方法などについて、まとめていますので、仕事探しに役立ててください。

日本大学病院について

日本大学病院(通称:日大病院)は日本大学が経営する病院。

かつては駿河台日本大学病院という名称で運営されていましたが、2014年の建物の移転およびリニューアルにともない、日本大学病院と改称されました。

薬剤師の求人数は決して多くありませんが、大学病院の求人だけに、注目度は抜群です。

薬剤師の募集傾向について

日本大学病院における薬剤師の求人傾向ですが、求人枠に空きが出たタイミングで随時募集をおこなうかたちとなっています。

公式サイトには採用情報が掲載されることがありますので、求人が出ているかどうかチェックしてみてください。

http://www.nihon-u.ac.jp/hospital/

タイミングによっては求人が見つからない可能性もありますが、その場合は、転職会社に求職者登録をして同病院の求人に関心があることを伝えておけば、求人が出たタイミングで知らせてもらうことができます。

自分でこまめにサイトをチェックする必要もなくなるので、求人探しにはオススメの方法です。下記に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

なお、ここ数年の傾向を見ると、薬剤師は任期制職員(有期雇用の嘱託社員、一般企業でいう契約社員と同じ)と臨時職員(アルバイト)の募集が出ています。

ただし、同病院に在籍する薬剤師は20名未満と少なく、求人枠は限られたものとなっています。

募集内容と選考プロセスについて

下記に、日大病院において過去に募集実績がある任期制職員と臨時職員の募集内容および選考プロセスについて、まとめておきますので参考にしてください。

内容は2017年度の募集(終了済み)についてまとめています。最新の募集情報については、ホームページなどで確認するようにしてください。

任期制職員の募集について

日本大学病院にける任期制職員は、1期・2期がそれぞれ1年、3期目が3年(最大5年)の契約となるフルタイムの雇用形態です。選考は、まず書類審査がおこなわれ、それを通過すると筆記試験(専門知識・小論文)と面接がおこなわれます。

任期制職員の給与は年俸制で、年俸は438万円(月給36.5万円)です。応募資格は、新卒者および大学卒業後2年以内の第二新卒者に限定されています。

選考は、入社となる新年度(翌年の4月1日)から半年以上前におこなわれることが多いです。ちなみに、日本大学病院では、任期制職員から専任職員(一般企業でいう正社員)への登用制度もあります。

<補足:任期制職員の配属先は「日本大学医学部附属板橋病院」となります。>

臨時職員の募集について

臨時職員(アルバイト)は、一般のパート・アルバイト同様、勤務時間や日数の相談ができる雇用形態です。選考は、まず書類選考があり、そのあとに面接という流れになります。筆記試験は設けられていません。

臨時職員の時給は1500円が目安となりますが、前職の給与は考慮してもらうことは出来ます。応募条件は、薬剤師免許を保有していることのみです。

任期制職員のように新年度に向けた一括採用ではなく、随時募集がおこなわれています。

薬剤師の仕事内容について

日本大学病院における薬剤師業務には下記のものがあります。

<日大病院における薬剤師業務>

  • 調剤
  • 製剤
  • 服薬指導
  • DI業務
  • 医薬品管理
  • 注射薬の処方・監査
  • 抗がん剤の混注業務

このように、日本大学病院における業務は多岐にわたりますが、それだけに、薬剤師としての技量を磨くことができ、またチーム医療を経験することで将来のキャリ形成にも役立ちます。

応募を検討している薬剤師さんへ

日本大学病院の求人に応募を考えている薬剤師さんは、まず、同病院または転職会社に問い合わせ、最新の求人情報について確認するようにしてください。

そのうえで、応募の是非を判断することになりますが、就労環境や採用に関する情報については、エージェントを通して客観的な情報を入手することをオススメします。

彼らは大学病院の求人案件を豊富に保有しているので、コンタクトしておけば、日本大学病院以外にも多数の求人を紹介してもらうことが出来き、仕事選びの選択肢も大きく広がるはずです。

もしかしたら、日本大学病院よりも自分に合う求人が出てくるかもしれません。

給与条件の交渉なども代行してもらうことが出来ますので、是非そういったサポートも活用してみてください。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。