老健の派遣薬剤師求人の傾向は?

老健の派遣薬剤師求人を探すときにオススメの転職会社3選

近年、老健は薬剤師さんの職場として人気が高まっています。マイペースで働くことができる、プライベートとのバランスが取りやすいなど、たくさんのメリットがある老健薬剤師の求人ですが、薬剤師求人全体の割合からするとまだ少ないため、自分一人で求人を探そうとすると、それなりに大変です。

このページでは、老健薬剤師の求人傾向と、派遣求人を探すときにオススメの転職会社を紹介していますので、仕事探しをされている方は参考にしてください。

老健薬剤師の求人傾向について

老健薬剤師は、派遣やパートなどの非常勤の割合が高く、経験や年齢を問わず募集されているため、薬剤師さんであれば誰でも職に就くチャンスはあります。派遣やパートであれば、柔軟な働き方もできるので、家事や子育てとの両立も可能です。

ただ、他の職種にくらべると、求人数はだいぶ少なくなるので、希望に合う求人を見つけられるかどうかが、仕事に就くためのポイントとなります。仕事探しの方法としては、転職会社を活用するのがオススメです。

彼らは一般には公開されていない求人も豊富に保有していますし、求人が見つからないときは、代わりに求人を探してくれるので、見つかる確率も高くなるはずです。

老健の派遣・パートに関するQ&A

転職会社を紹介するまえに、老健の派遣・パート求人を探す薬剤師さんからよく寄せられる質問についてまとめておきます。

応募資格は?

老健薬剤師の求人には実務経験を必須とする求人案件もありますが、未経験・ブランクを可とする案件や60歳以上の方の応募を歓迎する案件も多数見つかります。

どんな仕事をするの?

老健薬剤師の仕事内容ですが、調剤・監査・配薬・服薬指導・医薬品管理・残薬管理・一包化・といった業務があります。派遣やパートの場合、これれらのうち、どれか1つを任される場合も多いです。非常勤の場合は、調剤や一包化などの外注業務といった比較的軽い仕事を任される場合もあります。

時給はどれぐらい?

老健薬剤師の時給は、1800円ぐらいから3000円以上の求人まで、案件によって様々です。転職会社から求人に応募する場合は、時給の交渉も代行してもらうことができます。

派遣とパートはどう違うの?

派遣は、派遣会社が雇用主となり、勤務先に派遣される雇用形態です。一方、パートは求人先の施設が雇用主となります。時給は派遣のほうが高めとなる傾向がありますが、老健の場合、求人は派遣よりもパートのほうが見つけやすいです。

勤務時間は相談できる?

派遣やパートの雇用であれば、勤務時間や日数を幅広く相談できる求人があります。週1日から勤務できる案件もありますので、家事や子育てをしながら働くことも十分可能です。老健には託児所が利用できる施設もあります。

老健の求人の種類について

老健関連の求人には、老健からの求人以外に、調剤薬局・病院からの求人が存在します。そのため、薬局薬剤師・病院薬剤師として老健の仕事に携わることも可能です。

調剤薬局のなかには、調剤や一包化などの業務を老健から受託している薬局がありますが、そうした業務を担う人材の募集があります。また、調剤薬局から施設に薬を届けたり、ドクターや看護師と一緒に施設を訪問する在宅業務も、調剤薬局における老健関連の仕事です。

一方、病院のなかには老健施設を併設している病院があり、老健施設における薬剤師業務を担う人材を募集する求人が出ることがあります。このように、老健に関係する求人は、いくつの種類が存在しますので、ご自分に合いそうな求人を探してみてください。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。