サンドラッグの企業情報 ―職場環境・働きやすさ・求人状況 etc―

サンドラッグは全国に店舗を展開、フランチャイズ店含めるとその数はグループ全体では900店舗以上にもなる大手ドラッグストアチェーン。

東証一部上場の安定した経営基盤をベースに、厳しいドラッグストア業界の競争の中で右肩上がりの成長を実現している会社です。

サンドラッグの店舗のほとんどは調剤併設店ですが、一部「サンドラッグファーマシーズ」という調剤専門店も運営されています。

調剤専門店のサンドラッグファーマシーズは、首都圏に多く門前薬局を出店しており、同社の研修施設としても利用されています。

このページではサンドラッグについて情報をまとめていますので仕事探しに役立ててください。

薬剤師業務に集中できる環境

サンドラッグでは「1店舗2ライン制」というシステムを導入しており、薬剤師が専門業務に集中できるように配慮されています。

1店舗2ライン制は、「店舗運営業務」と「医薬品管理販売業務(薬剤師業務)」を2つに分けて線引き・合理化し、同時に顧客満足の向上を実現するために導入されたシステムです。

このシステムが導入されていることで、薬剤師は店舗運営や売上のことは考えずに仕事ができ、調剤・カウンセリングに集中できます。

また、店舗の売上の責任を負わされることがないのもメリットです。

サンドラッグに勤務している薬剤師さんのなかには、入社の動機や自社の魅力としてこの1店舗2ライン制をあげる人が多くいます。

ただし、薬・健康食品などの管理は薬剤師業務に分類されており、カウンセリングの合間に発注、品出し、売場のメンテナンスといったことも行うようです。

フレンドリーでアットホームな社風

サンドラッグはフレンドリーでアットホームな雰囲気の職場が多く、横のつながりを大切にする人が多いようです。

仕事以外の交流も盛んなようで、そうした日常のつながりによって日々の業務もスムーズになるという人もいます。

仕事のやりがいについて

サンドラッグの薬剤師さんは、患者さんから、かかりつけ薬剤師として期待されたり、感謝されることにやりがいを感じる人が多いのが特徴です。

薬剤師の接客サービスに力を入れている会社なので患者さんとのコミュニケーションを大切にしたい人、じっくり患者さんと向き合いたい人にも最適な環境です。

忙しさについて

店舗により状況が異なると思うので一概には言えませんが、薬剤師1人あたりの1日の処方箋枚数は平均20~25枚程度、多くて30枚といったところに設定されているようです。

このあたりの事情については、薬剤師求人サイトのキャリアコンサルタントが精通しています。

> サンドラッグの情報収集は薬キャリで!

女性が活躍できる会社

近年では、女性が活躍できない企業は社会的評価が下がる傾向にあります。

そのため、多くの企業では女性が働きやすい環境を整備するようになりました。

サンドラッグも、他の多くの企業と同じように女性が働きやすい環境づくりに計画的に取り組んできた結果、現在では店舗責任者など、重要ポストの約半数に女性が就いている状況となっています。

一連の取り組みが評価され、サンドラッグは2011年に子育て支援の取り組みにおいて一定の基準を満たした企業が厚生労働省から認定を受けることができる『くるみんマーク』の取得企業となりました。

『くるみんマーク』の詳細についてはこちら

サンドラッグの求人状況

サンドラッグの求人は、常勤・非常勤問わず、常時案件が発生しています。

全国44都道府県に店舗を展開していて店舗数も多いため、比較的求人を見つけやすい状況です。

応募条件は、基本的に調剤・OTC未経験歓迎で、幅広い年齢層で応募が可能です。

また、上記の雇用形態に加え、準社員という雇用形態も選べるので、家庭の都合やライフスタイルに合わせた働き方ができるようになっています。パート・アルバイトに関しては、週1日、1時間から勤務が可能です。

募集が出ている店舗は調剤併設店がほとんどですが、首都圏では調剤専門店「サンドラッグファーマシーズ」からも常勤・非常勤の案件が発生しています。

募集職種については、店舗により、調剤とOTC、あるいはどちらか一つを選択できます。

応募について

サンドラッグの求人への応募ですが、新卒採用に関しては、サンドラッグの公式サイトからエントリーできます。

中途採用・非常勤求人については、外部の求人サイトを経由して応募することになります。

薬剤師求人サイトから応募する場合は、応募前に詳しい職場情報が得られるため、応募するかどうかの判断がつきやすく、時給や待遇などの条件交渉もキャリアコンサルタントが代行してくれるのでオススメです。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。