くすりのマルトの薬剤師は年収700万円も狙える!

くすりのマルトの薬剤師は年収700万円も狙える!

 

くすりのマルトの年収に関心がある薬剤師さんが多いようなので調べてみました。

 

くすりのマルトの薬剤師は年収700万円も狙える!

 

くすりのマルトの年収は?

くすりのマルトのWEBサイトには薬剤師の募集要項が掲載されていますが、年収モデルなどの記載はこちらにはありません。

http://www.drug-maruto.co.jp/

 

同社は転職会社経由でも薬剤師を募集しているので、各エージェントが提示する年収モデルを確認すると、中途採用だと年収500~800万円ぐらいが目安になることがわかりました。

 

参考までに、くすりのマルトの薬剤師求人を扱うエージェントと各社が提示する年収モデルを挙げておきますので、参考にしてください。

 

【エージェント各社が示すくすりのマルトの年収目安】

このクラスの年収は他社と比較してもかなりの高水準です。ただし、高年収を狙えるのは、ある程度の経験があり、それを適切に評価してもらえることが前提となります。

 

エージェントに相談しておけば、転職した場合、だいたい自分がどのぐらいの年収を得られるのかという、いわゆる推定年収を提示してもらうことができると思いますので、詳しい年収を知りたい場合は確認してみてください。

 

応募することが決まれば、エージェントが年収の交渉を代行してくれるので、自分で交渉するよりも有利になるはずです。

 

年収アップの鍵はエージェントの交渉力

なお、すでにお気づきかと思いますが、くすりのマルトの年収モデルは、エージェントごとに様々です。実際の年収も、この年収モデルの差が示すように、どのエージェントに交渉を依頼するかによって、結果が大きく違ってくることがあります。

 

つまり、分かりやすくいうと、交渉力のあるエージェントの場合、有利な条件を引き出してもらえる可能性が高まり、交渉力があまりないエージェントの場合、年収アップはそれほど期待できないということです。

 

ですから、年収アップを狙う場合、エージェント選びがひとつの鍵になるということが言えます。なお、上記で紹介したエージェント以外に ファーマキャリア という転職エージェントがありますが、このエージェントは年収交渉に非常に強いエージェントとして知られています。

 

くすりのマルトに関しても、求人を紹介してもらえるはずなので、興味がある方は、年収についても相談してみてください。