小野薬品工業のキャリア採用事情について

小野薬品はガンの新薬として今世間の注目を集めているオプジーボを開発した企業ですが、転職先として気になっている薬剤師さんも多いと思います。このページでは、小野薬品における薬剤師キャリア採用の傾向についてまとめていますので、職探しに役立ててください。

小野薬品工業のキャリア採用について

キャリア採用の状況について

小野薬品のホームページに用意されている採用情報ページを確認すると、新卒・キャリア、どちらも人材の募集がおこなわれていることが確認できます。現在、募集要項が掲載されているキャリア採用の職種は、臨床開発職(抗がん剤開発のクリニカルオペレーションおよび企画)のみです。

https://www.ono.co.jp/

現在の募集状況や採用予定人数などについては特に記載がありませんので、気になる点がある場合は、直接問い合わせてみてください。小野薬品に興味がある方は、詳しい採用事情について、転職会社からも話を聞いておくことをオススメします。

ちなみに、薬剤師さんにも人気のMRは、新卒の募集はありますが、キャリア採用の募集は見つかりません。ただし、転職会社経由で非公開の求人が出ている可能性もあるので、MRなど、公式サイトに募集情報が掲載されていない職種に興味がある方も、問い合わせてみる価値はあると思います。

※ 求人状況は変わりますので、小野薬品に転職を希望される方は、こまめにホームページを確認するようにしてください。(転職会社に求職者登録をして希望を伝えておけば、求人が出たときに知らせてもらうことも出来ます。)

年収・評価制度について

小野薬品は大手の製薬会社なので、平均年収も800万円台後半と高く、業界全体のなかでも上位の水準にあります。年齢別の年収例は下記を参考にしてください。

  • 20代後半MR 年収500万円
  • 20代後半MR 年収780万円
  • 30歳MR 年収600万円
  • 30代 年収700万円
  • 34歳 年収834万円
  • 30代前半 年収900万円
  • 37歳 850万円
  • 30代後半販売促進 年収900万円
  • 39歳MR 年収904万円
  • 39歳 年収1040万円
  • 50代 年収1200万円

<参照元>

上記の年収例を見ると、20代・30代でもかなりの高年収を得ている人がいることがわかります。なかには残業代がかなり含まれているケースもありますが、課長以上の役職に就くと残業手当は付かなくなるので、その辺りで年収にどう影響が出るのかが気になるところです。

なお小野薬品は現在、従来の年功序列の賃金体系から成果主義を導入した賃金体系に移行を試みています。そのため、成果主義が本格的に導入されれば、年齢を目安にした単純な年収予測はもう役に立たなくなるかもしれません。

小野薬品の社風について

小野薬品は、かつては良くも悪くも体育会系気質が前面に出ている会社だったようです。現在でも、そのように評価する社員もいます。

ただ現在は、中途採用の人材を増やしたり、ワークライフバランスを推進したりして、意図的に会社に新しい風を送ろうとする試みもおこなわれています。小野薬品が目下の課題として特に力を入れているのは、女性が働きやすい職場環境を整備することです。

そうした試みは、『ダイバーシティ(多様性)への取り組み』として小野薬品のホームページにも掲載されています。

ワークライフバランスについて

小野薬品のワークライフバランスについては、多数の口コミがありますが、肯定的な見方も否定的な見方も存在します。実際、満足度は部署によっても様々なようです。

ただし、年間休日は120日以上ありますし、福利厚生も充実してます。また、先に述べたように、会社が変革をおこなっていこうとする姿勢も見られますので、少なくとも他社と比べてワークライフバランスが特別悪いということはないと思います。

なお、転職を希望する多くの人が気になっているであろう転勤についてですが、小野薬品では基本的に勤務地を自ら選択することはできません。そのため、入社後は転居をともなう異動の可能性もありますが、希望は可能な限り考慮してもらえるようです。

転職先としての評価について

ガンの新薬オプジーボの登場によって小野薬品は躍進し、この分野で業界をリードする企業となりました。そしてこの躍進はまだまだ続きそうです。今やオプジーボは日本だけでなく世界からも注目されていますので、ガン新薬の研究開発を中心とする分野で、優秀な人材はますます必要とされることでしょう。

こうした流れは転職者にとっては追い風になることは間違いないです。しかし一方で、成果主義を導入する変化なども見受けられ、組織の中で与えられた責任を果たすこと、あるいは実績を上げ続けることが、これまで以上に求められてくるはずです。

そのため、会社の方針に順応できない人にとっては厳しい環境となることも予想されますが、順応できる人にとっては、年齢や経験に関係なく、相応のポストと年収を手にすることが十分に可能だと思います。

小野薬品は残業削減の全社的な取り組みや子育て支援制度の推進もおこなっており、働きやすさの向上にも努めている会社です。今後はおそらく女性役員の増加といた変化も見られるでしょう。そういった意味で、男性だけでなく女性にも注目してほしい企業です。

年収・評価制度・就労環境などについては、転職会社から詳しく話を聞くことができますので、興味がある人は、コンタクトしてみてください。他社の求人情報も教えてもらうことができますので、小野薬品と条件を比較してみるのもよいと思います。

薬キャリ

薬剤師登録者数No.1
非公開求人80%以上
最短即日の求人紹介