ママ薬剤師さんにも人気!DI・コールセンターの求人~募集傾向から求人の探し方まで

コールセンターの風景

「DIやコールセンターの仕事って、どんな仕事なの?」

「子育と両立しやすいって、ほんとう?」

コールセンターの仕事に興味がある薬剤師さんは、けっこう多いのではないでしょうか。

でも、薬剤師資格を活かせるDIやコールセンターの求人って、かんたんに見つからないですよね?

そもそも、DIやコールセンターの仕事がどんな仕事なのか、よくわからないという人もすくなくないのでは。

そこで今回、薬師専科は薬剤師の求人のなかでも希少求人といわれているDIとコールセンターの求人に着目してみました。

仕事の種類や、求人の傾向・探し方などについても調査してみましたので、DIやコールセンターの仕事に興味がある薬剤師さんは、ぜひ参考にしてください。

まずはDIとコールセンターの仕事について知ろう

DIとコールセンターの仕事って、どんな仕事?

薬剤師のDIおよびコールセンターの仕事は、医薬品情報や安全情報をあつかう仕事で、それらのほとんどがメールや電話での顧客対応や社内外に向けた資料作成など、デスクワーク中心です。

業務は、一般消費者からの問い合わせに答えるカスタマーサポート的な業務もあれば、医師・薬剤師・MRなどの医療関係者からの問い合わせに対応するやや専門的な業務まであり、どちらも兼ねている場合もあります。

DI業務担当の薬剤師を必要とするのは、製薬メーカーや医薬品卸売企業、またそれらの企業をアウトソーシングでサポート企業など。

また近年では、大手の薬局チェーンや、家電量販店、医薬品・医療関連のネット通販企業などがDI専門の薬剤師を募集するケースもすこしずつ増えてきました。

ちなみに、DIとコールセンターの仕事内容のちがいですが、求人によってどちらの名称が使われるかというだけで、明確に仕事内容が定義されているわけではありません。

DIとは

DIとはドラッグ・インフォメーション(Drug Information)の略で、医薬品情報のこと。

DIには医師、看護師、薬剤師、MRなどの医療従事者に向けられたDIだけでなく、卸売関係者や医薬品の購入者である一般消費者に向けられたDIというものもあります。

医薬品情報を収集し、目的にあわせて整理・伝達する一連の仕事はDI活動とよばれており、薬剤師が担当します。

DI活動をおこなう薬剤師は、学術業務担当とよばれたり、単にDIと呼ばれることもあります。

 

DIを担当する薬剤師が、薬事申請や社内向けの研修といった業務を任される場合もあります。

このように、ひとことでDIといっても、求人によって仕事内容はさまざまです。

そのため、DIとコールセンターの求人には未経験を可とする求人から経験者限定の求人まで、さまざまな求人があります。

求められる経験は?

DIとコールセンターの求人に応募する際に求められる経験ですが、未経験OKの求人があるいっぽう、コールセンター勤務の経験、管理薬剤師の経験・MRの経験などを歓迎または必須とする求人があります。

未経験歓迎の求人は、いちおうは薬剤師免許さえがあれば応募可ということになります。

もちろん研修も用意されているので、DI・コールセンター未経験だからといって応募の段階で心配する必要もありません。

応募資格は求人案件によってさまざまなので、個々の案件を確認するようにしてください。

DI・コールセンターの求人はなぜ人気?

DI・コールセンターの求人は、募集の数こそ少ないですが、人気があるといわれています。

とくに子育てをするママ薬剤師さんには人気のようです。

人気の理由は、調剤や医薬品販売の仕事とちがって基本的にデスクワークであるということ。

それに加え、ワークライフバランスが整った「企業求人」が多いということがあげられると思います。

実際にDIとコールセンターの求人をしらべてみると、土日祝日休み、年間休日の多さ、福利厚生の充実など、待遇の良さをアピールしている求人が目立ちます。

DI・コールセンターの求人のなかには、いま話題の「保育園完備」や「保育施設あり」といった求人までありますね。

年収の面を見ると、正社員なら300万円台後半から600万円以上の求人まで、嘱託社員で200万円台後半からという肌感覚です。

いっぽう、パート社員だと2000~3000円くらいの時給で、派遣社員になると時給3000円以上の求人もみつかります。

仕事のメリットは?

ドラッグストアでの搬入作業や長時間の立ち仕事など、薬剤師の職種のなかには、女性にとって身体的負担が大きいものもあります。

いっぽう、DIやコールセンターの仕事は基本的にデスクワークなので、身体的な負担がすくなくいのが特徴です。

女性が継続しやすい職種であるため、育休を経たあとにパートで復職するケースなどもあります。

仕事のデメリットは?

もし、あなたが将来、調剤薬局や病院で勤務する予定があるのであれば、コールセンターで勤務している期間は調剤のスキルアップができませんし、スキルが落ちたり、感覚がにぶったり、最新の薬の知識に追いつかなくなったりすることも考えられます。

そのため、就職や転職でDIやコールセンターの仕事を選ぶときは、長期的なキャリアビジョンも視野にいれて決めるようにしたいものです。

求人状況は?

DI・コールセンターの薬剤師求人は、製薬会社や医薬品卸売会社を中心に案件が出ています。

また、先にも言ったように、薬局やドラッグストア、さらには家電量販店やネット通販企業などからもDIとコールセンターの薬剤師求人が出ています。

家電量販店や通販会社などでも薬剤師が必要とされるようになった背景には、規制緩和によって医薬品のネット販売が可能になったことも大きいです。

近年では安心・安全のための情報公開の必要性がかつてより高まっているので、DI領域での薬剤師の活躍が今後ますます期待されます。

とはいえ、DI・コールセンターの薬剤師求人は、数がとても少ないです。

ほとんどが正社員の求人なので、パートや派遣となると、さらに数は少なくなります。

DI・コールセンターの薬剤師求人は、大きな求人サイトで検索しても、ほとんど案件が出てこないのがふつうといったレベルです。

そのため、自分ひとりで求人を探すのは、かなりむずかしいと考えてください。

求人を探す方法としては、無料で利用できる転職エージェントをフルに活用することをオススメします。

エージェントに求職者登録をすれば、希望にあう求人をさがして紹介してくれますし、もしすぐに求人が見つからなくても、案件が発生したときに知らせてもらうことができます。

DI・コールセンターの薬剤師求人は、調剤薬局やドラッグストアの求人のように、かんたんには見つからないかもしれませんが、まったく可能性がないわけでもないので、探してみる価値はあります。

もし求人が見つかったときは、エージェント経由だと年収などの条件面でも有利になりやすいので、職探しをされている方は、ぜひ積極的に活用してみてください。