セイジョーってどんな会社?』

『薬剤師の募集傾向は?』 

『年収はどれぐらい?』

 

ドラッグストア・調剤薬局のセイジョー。就職や転職を考えている薬剤師さんも多いのではないでしょうか。こちらでは、セイジョーの特徴や、薬剤師の募集傾向・年収などについて、まとめています。ぜひ参考にしてください。

 

セイジョーについて

セイジョーは、ココカラファイングループが展開する薬局ブランドのひとつ。「ヘルスケアセイジョー」「セイジョー薬局」など、複数の店舗名をもつ薬局です。セイジョーはもともと単独企業でしたが、合併の結果、2013年にココカラファインと社名を改めています。

 

ココカラファイングループとなった後は、「セイジョー」の名を冠する一部の店舗はココカラファインに統合されているため、店舗数は減少傾向にあるものの、セイジョーブランドは依然と変わらず存続しており、求人を探している薬剤師さんも少なくありません。

 

薬剤師の募集傾向について

セイジョーの薬剤師求人情報は、ココカラファイングループの公式サイトの中にある採用情報ページで確認することができます。

http://recruit.cocokarafine.co.jp/

 

また、薬剤師の就業支援を専門とするエージェントでも求人を扱っていますので、希望条件や勤務エリアを伝えておけば、エージェントに求人状況を確認してもらうことも可能です。

 

現在、ココカラファインのHPで確認できるセイジョーの薬剤師求人は、正社員とパートですが、エージェントでは公式サイトには掲載されていない派遣や契約社員などの求人案件が扱われることもあります。

 

エージェントを活用すれば、求人をわざわざ探す手間が省けますし、無料でさまざまなサポートが受けられますので、仕事探しに役立ててください。

セイジョーの情報収集なら薬キャリで!

募集職種と応募資格について

セイジョーでは、入社後に薬剤師が調剤とOTCのどちらを専門にするか、選択することができます。職種は、調剤またはOTCに特化することもできますし、兼務も可能です。

 

ただし、パートを含む中途採用の募集は、職種が最初から限定されていることがあります。

 

応募資格については、「未経験・ブランクOK」という前提になっていない求人もみられますので、一概にはいえませんが、大半の求人については経験不問と考えて問題ないでしょう。

 

年収について

セイジョーの薬剤師の月給は、「地域職」で30万円以上、「全国職」で31万円以上です(いずれも薬剤師手当を含む)。月給の記載がある募集要項は、ココカラファインの公式サイトの中にある採用情報ページに掲載されています。

 

月給・諸手当・ボーナスを含めた年収目安は、25歳から30歳で420~500万円といったところです。大手ドラッグストアチェーンにおける薬剤師年収としては平均的なところだと思います。

 

ただし中途採用においては、当然ながら年齢・実力・前職の年収などが採用時に加味されますので、あくまでこれは目安の年収です。

 

また、転勤がない「地域職」と、全国転勤がある「全国職」では、昇進や昇給にも差が出てくるでしょうし、管理職になれば残業手当が増えたりすることも考えられます。

 

転職した場合の具体的な年収を知りたいのであれば、転職エージェントに確認をとれば、より具体的な数字を提示してもらうことが可能です。

 

転職エージェントは、他社と年収を比較したい場合にも役に立ちますし、転職するときには年収交渉を代行してもらうこともできますので、年収アップを目指す方は、ぜひ相談してみてください。

 

なお、セイジョーは1年更新の契約社員の採用もおこなっていますが、契約社員は年俸制(賞与込み)となります。契約社員の年収も正社員と同様、交渉の余地があるところですので、事前にエージェントに相談しておくとよいでしょう。

 

注目すべき点について

セイジョーが属するココカラファイングループは、女性の子育て支援制度が充実しています。育休は子どもが2歳になるまで取得でき、時短制度は小学校卒業まで利用できるという充実ぶりです。

 

女性が働きやすいのはパートや派遣でも同じで、希望の日に休みをとれたり、子どもの発熱などで急に休まなければいけなくなったときに快く了承してもたえたり、非常に恵まれた環境といわれています。

 

ただし、配属先によって、また上司によって、子育てに対する理解も変わってきますので、エージェントを通して店舗ごとの状況をよく把握しておくとよいと思います。

 

転職先としての評価について

セイジョーを運営するココカラファインは、合併を繰り返しながら組織規模を拡大している会社なので、組織の統率がむずかしい部分もあるようです。合併による組織体制の変化は、おそらく今後も続くでしょう。

 

薬剤師の年収は、業界の平均と比較して、とくに高い水準でも低い水準でもないですが、一定の経験がある人であれば、高年収を提示してもらえるケースもあるかもしれません。

 

昇進・昇給の評価制度は、厳しくなりつつあるという話もありますので、もしそうであれば、転職時にどれだけの年収を提示してもらえるかが、勝負の分かれ目となるでしょう。

 

いっぽう、昇進や昇給をのぞまずに、地域職・パート・派遣などで無難に日々の仕事をこなすだけでいいという女性にとっては、とくに不満が出るような環境ではないと思われます。(女性の昇進がむずかしいという意味ではありません。)

 

むしろ女性にとっては、先にも述べたとおり、働きやすい環境が用意されている会社といえるでしょう。

 

その反面、男性社員の負担が大きくなっているという現場レベルの話もありますので、管理職への転職などを考えている男性は、年収だけにとらわれず、業務の負担なども加味し、総合的に転職先としての評価を下すほうがよさそうです。

 

価値観は人それぞれですので、自分がのぞむ環境・待遇と照らし合わせて、転職の判断をするようにしてください。ただ、いずれにしても、セイジョーについて知るには、ココカラファイングループ全体についても最低限の知識をもっておく必要があります。

 

とはいえ、ココカラファインはグループ全体で1400店舗以上も運営する大所帯ですし、転職後に置かれる環境は配属先によっても異なるでしょう。

 

そのため、単独で情報収集をおこなうのは難しいので、エージェントを活用して可能な限り情報を入手することをオススメします。

 

エージェントは、あなたの希望条件をもとに複数の選択肢を提示してくれますので、相談しておけば、もしかしたらセイジョーよりも条件のよい転職先がみつかるかもしれません。

 

こちらでは、セイジョーの年収目安をお伝えしましたが、彼らのサポートを受ければ、単独で職探しをするよりも年収アップにつながる可能性は大きくなるので、転職活動を有利に進めるためにも、ぜひ相談してみてください。

 

 

薬キャリのアイコン薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。スピーディーで丁寧なサポートが支持されています。転職は『登録者数No.1』の薬キャリで!

無料登録はこちら