帝塚山病院の薬剤師求人傾向について

 

薬剤師さんの転職先・パート先として注目を集めている帝塚山病院。興味はあるけど、情報が少なくて転職活動が思うように進まない・・・という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

転職先・パート先として、大阪市阿倍野区周辺の病院をお考えなら、帝塚山病院は是非チェックしておきたい病院です。

 

このページでは帝塚山病院の求人傾向や、転職の際の重要なポイントとなる給与・福利厚生などについて、まとめています。ぜひ参考にしてください。

 

帝塚山病院について

帝塚山病院は、大阪市南部の落ち着いた雰囲気の住宅街にある歴史ある病院です。病床数は、療養病床が100床、回復期病床が59床、合計159床あります。また、グループでは、訪問看護サービスやデイケアサービスの展開、有料老人ホームの運営などもおこなっています。

 

薬剤師の求人状況について

帝塚山病院グループのホームページには、スタッフ募集ページが用意されていますが、薬剤師の求人情報はこちらには掲載されていません。

http://tezukayama-hp.or.jp/

 

帝塚山病院は、現在のところ、薬剤師の募集を転職会社に一任しているようです。最新の求人状況を確認したい人は、帝塚山病院の採用窓口もしくは薬剤師専門の転職会社に問い合わせてみてください。

 

なお、転職会社に求職者登録をして希望を伝えておけば、求人が発生したときに連絡してもらうこともできるので便利です。

 

応募条件について

正社員の応募条件について

帝塚山病院は60歳定年制を採用しています。その他の応募条件は薬剤師免許のみで、調剤経験などは特に必要ありません。

パートの応募条件について

一方、パート薬剤師には定年は設けられておらず、年齢も経験も不問です。パートの場合、求人案件によっては週に4日以上といった条件付きの案件も見られますが、働き方については、扶養内・午前のみといった柔軟な働き方が相談できるようです。詳しくは個々の案件を確認してみてください。

 

院内における薬剤師業務について

帝塚山病院における薬剤師業務は、調剤(一包化・粉砕を含む)と服薬指導が中心です。1日の処方せん枚数は、全体で多くても70枚程度。複数名の勤務なので、忙しさに追われることはない作業量だと思いますが、念のため職場の人員体制などを事前に確認しておくとよいと思います。

 

年収・時給について

正社員の年収について

正社員薬剤師の月給は諸手当込みで29~43万円ぐらいです。これに年2回の賞与(基本給の4.3ヵ月分[過去実績])を加えると年収ベースで450~600万円ぐらいになります。一応、これぐらいが月給・年収の目安となりますが、経験によっては、さらに上も狙えるようです。

 

ただ、昇給は数千円程度なので、年収アップを狙うなら転職時の交渉が最初で最後のチャンスと考えておいてださい。年収交渉は、妥協せずにトコトン交渉しておくことが大切です。単独の交渉は非常に難しいので、エージェントの力を借りることをオススメします。

 

なお、正社員は3ヵ月の試用期間が設けられていますが、給与額に変わりはありません。

基本給と諸手当について

正社員の月給29.0~43.4万円は、基本給と諸手当の合計となります。内訳は下記のとおりです。

 

<正社員薬剤師の月給内訳>

  • 基本給 23.0~37.4万円
  • 職務手当 3.0万円
  • 調整手当 2.0万円
  • 皆勤手当 1.0万円
  • 住宅手当 1.0万円
  • 扶養手当 1人あたり0.3万円~1.0万円

この他の福利厚生としては、退職金(勤続3年以上の正社員のみ)や昼食費の補助などもあります。

パートの時給について

パート薬剤師の時給は2000~2500円で、賞与の支給もあります。時給についても、あとで後悔することがないように、十分に交渉をしておくことが大切です。少しでも良い条件で職に就くことができるようにエージェントに相談してみてください。

 

ワークライフバランスについて

正社員薬剤師は9時から17時半までの勤務(うち休憩1時間)で、夜勤・当直はありません。土曜日の午前勤務(9時から13時15分)は交代勤務となり、振替休日の取得もできます(2回の土曜出勤で1日分の振替休日を取得可)。仕事がない週は休日となります。

 

日曜と祝日は休日になる完全週休二日制で、年間休日は109~120日ほどあります。(※ エージェントによって計算方法が若干違うようなので、詳細については直接確認するようにしてください。)

 

正社員は月に8時間程度の残業がありますが、日勤のみですし、プライベートとのバランスは比較的取りやすい環境といえそうです。ちなみに帝塚山病院では、パート薬剤師も勤務日数に応じて法定通り有休を取得することが出来ます。(※ 週4日勤務の場合は半年後に7日の有給が付与されます。)

 

なお、転居をともなう転勤はありませんが、帝塚山病院から徒歩圏内にある「帝塚山リハビリテーション病院」への異動の可能性はあるようです。

 

出産・育児環境について

帝塚山病院では産休・育休の取得もできますし、出産で一度退職した場合でも再雇用制度があるので復職も可能です。院内には託児所も完備されており、子どもが体調をくずしたりしたときは時間単位で休暇を取得することも出来ます。

 

たとえば、子どもの体調が少し良くないときに、まる1日休むのではなく、午前中だけお休みをもらうといったことも出来ます。急なお休みも休暇扱いになれば、周囲にあまり気兼ねしなくていいかもしれませんね。

 

パートの正社員登用制度について

帝塚山病院には正社員登用制度があるので、パートから正社員を目指すことも可能です。たとえば子育て期の方が、一時的に仕事よりも育児を優先したい場合、まずはパート薬剤師として勤務しながら正社員を目指すことが出来ます。

 

パートから正社員を目指す場合は、過去に正社員登用制度を利用して正社員になったケースがどれぐらいあるのかなど、実績はしっかり調べておく必要があります。こういったことはエージェントが調べてくれます。

 

しかしその場合、正社員登用の際に、あらためて条件交渉をする必要があります。

 

そのときになってエージェントに間に入ってもらい、給与交渉などを代行してもらうというのも、あまり現実的ではないと思いますので、ゆくゆくは正社員と考えているのであれば、最初から頑張って正社員を目指すほうが希望条件も伝えやすく、条件交渉も有利に進めやすいです。

 

転職をお考えの方へ

ここまで、帝塚山病院に転職する際に押さえておくべき重要なポイントについて見てきましたが、給与条件や就業環境などを見ても、応募を検討してみるだけの価値が十分にある病院だと思います。

 

興味をもたれた方は、ご自身の価値観と照らし合わせながら、じっくりと応募の是非について考えてみてください。その際に転職会社にコンタクトしておけば、より詳細な情報を収集できますし、具体的な転職のアドバイスをもらうことも出来ます。

 

また、他の病院や薬局なども含め、多くの選択肢を提示してもらうことが出来ますので、より良い条件の転職先が見つかるかもしれません。上手に活用して、ご自分に最適な転職先を探してください。

 

 

薬キャリのアイコン薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。スピーディーで丁寧なサポートが支持されています。転職は『登録者数No.1』の薬キャリで!

無料登録はこちら