こんにちは! 薬剤師専科で執筆を担当していますナオです。

 

突然ですが、あなたは『パートにもボーナスが支給されたらいいのにな・・・』なんて思ったことがありませんか?

 

『えっ?パートにボーナス!?』と思わず口にしたくなりますよね。

 

パートはボーナスがもらえないのが当たり前、とつい納得してしまっている人も多いのではないでしょうか? でも、実はそんなことはないんです。このページでは、パート薬剤師のボーナス事情に触れてみたいと思います。

クエスチョンマークのイメージ

パート薬剤師がボーナスをもらえる会社もある!

パートさんがボーナスをもらえる会社も実はあるんです。たとえば大手だと、イオン などがパート薬剤師にボーナスを支給していることで有名です。

 

ボーナスをもらえるのは、けっして大企業だけではありませんし、会社に限らず病院などでもパートさんがボーナスをもらえるシステムになっているところがあります。ボーナスをもらえるかもらえないかは、完全に職場によりけりですね。

 

なので、ボーナスをしっかりもらいたいのであれば、パート選びをするときにボーナスが出る会社を探すことです。

 

でも、パート薬剤師がボーナスをもらえる職場は、そんなに多くないので、自分で求人を探すのは大変かもしれません。ファルマスタッフ のような薬剤師求人サイトに登録して、求人を紹介してもらうようにするとよいでしょう。

 

そもそもボーナスって何?

ボーナスというのは俗語で、通常、募集要項などには『賞与』と書かれています。ボーナス・賞与は、平たくいうと、日頃の労働をねぎらったり、さらにやる気をだしてもらうために、事業所から定期的に支払われる”ご褒美”のようなものです。

 

ボーナスは法律で決められた制度ではありません。あくまで”ご褒美”なのです。だから、ボーナスをもらえない会社だってあります。ボーナスを支給している会社は、求人票にもきちんと書かれていることが多いです。

 

たとえば、「賞与7月・12月(前年度実績3.7ヵ月)」といった感じで書かれているアレですね。今までなんとなく求人票を見ていた人は、今度からはそんなところも注意して見るようにするとよいでしょう。ちなみに、正社員の賞与の額は基本給の2~4ヵ月分が相場といわれています。

 

ご褒美のイメージ

でもやっぱり「パートのボーナスはいくらですか」とは聞けない・・・

さてさて、パート薬剤師がボーナスをもらえる職場があることは納得していただけたと思いますが、具体的にいくらもらえるのか、求人に応募する前に、やっぱり知っておきたいですよね?

 

パートの場合は、募集要項を見ても、ただ「賞与の支給あり」とだけ書かれていることも少なくないんですよ。でも、「パートのボーナスはいくらもらえるのですか?」と、面接の場で直球ストレートを投げ込める勇気のある人は少ないと思います。(← あやしまれるので、やめておきましょう。)

 

もし、パートのボーナスがどれぐらいもらえるのか、どうしても気になる人は場合は、求人先に直接聞くことはせずに、転職会社のキャリアコンサルに教えてもらうようにしましょう。キャリアコンサルタントは求人先の情報を隅から隅まで把握していますので、これぐらいのことはすぐに教えてくれます。

 

この方法なら、先方にあやしまれることもないので安心ですね (笑)。

 

ボーナスのイメージ

まとめ

  1. パート薬剤師にボーナスを支給している会社・病院もある 
  2. ボーナスは会社から定期的にもらうことができる”ご褒美”
  3. ボーナスは法律で決められた制度ではないので支給していない会社もある

 


いかがでしたでしょうか?

 

パート薬剤師のボーナス事情について、ガッテンしていただけたでしょうか。

 

パート先を選ぶ際は、応募を考えている会社がボーナスをもらえる制度になっているかどうか、調べておいてくださいね。

 

転職会社では、希望に合う求人を厳選して紹介してもらうことができるのはもちろん、ボーナスの有無に関してもしっかり教えてくれますし、求人先にはちょっと聞きにくいデリケートな話や”実際のところ”についても、ズバリ伝えてくれるんですよ。

 

あなたのパート探しを有利に進めるために、転職会社を活用してみてくださいね。

 

コンサルと薬剤師さんのイメージ

 

 

薬キャリのアイコン薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。スピーディーでこまやかなサポートが支持されています。転職は『登録者数No.1』の薬キャリで!

無料登録はこちら