【特集】”60歳以上未経験OK”の薬剤師求人を探す

明るい老後の未来

人生100年時代といわれる今、60歳からの人生をいかに有意義にすごすかは重要な課題です。

今この記事をご覧になっている方は、薬剤師として新しいスタートを切ることで、これからの人生をより意味のあるものにしたいと考えているのではないでしょうか。

もしかしたら、「この年齢だと仕事をみつけるのはムリなのかな…」と、あきらめかけている方も、なかにはいらっしゃるかもしれませんね。

たしかに、60歳以上という条件に実務未経験という条件が重なると、仕事探しがむずかしくなるのは事実です。

調剤薬局やドラッグストアに直接問い合わせても、残念ながら断られてしまうことも多くなるでしょう。

また、経験がない方の場合、働きたい気持ちはあっても、自信がなくて職探しに踏みきれなかったり、職探しそのものをあきらめてしまうケースもよくあるようです。

しかし、薬剤師の資格をもっている方のなかには、実務未経験の方もたくさんいらっしゃいますし、年齢を問わず未経験の薬剤師さんを積極的に受け入れている事業所も、けして少なくありません。

ですから、探し方をほんのすこし変えてみるだけで、求人は格段にみつかりやすくなります。

こちらの特集では、60歳以上で実務未経験の薬剤師さんを対象に、求人探しのノウハウをおつたえしますので、ぜひ参考になさってください。

最初におつたえしておくと、求人探しの秘訣は「自分で求人探しをしないこと」です。こんな説明をすると、ちょっと気になりますよね … 。

そのこたえは、これから詳しくおつたえしていきます。

それでは、まいりましょう。

「60歳以上未経験OK」の薬剤師求人はみつかる

おそらく多くの場合、60歳以上で実務未経験だと、資格があっても薬剤師の仕事に就くのはむずかしいのでは…と不安に思うはずです。たしかに、勇気をだして求人先に問い合わせても、断られてしまうことだってあるでしょう。

しかし、それは60歳以上という年齢と実務未経験という条件のせいではなく、たまたまその事業所に需要がなかったり、縁がなかっただけなのかもしれません。

現に、60歳以上で実務未経験という条件でも職探しに成功している方はいらっしゃいます。つまり、仕事に就けるかどうかは年齢や経験よりもマッチングの問題が大きいと考えられるわけです。

もちろん、ご自身の希望にあうお仕事がみつかるかどうかは、雇用形態や細かな条件にもよりますが、薬剤師業界にはシニアの方や未経験の方の需要もたくさんあります。

でも、この記事を読まれている多くの方は、ただ求人がみつかればいいと思っているわけではなく、どれだけ自分の希望にマッチする求人をみつけられるかが重要であると考えているはずです。

そこで、できるかぎり職探しの選択肢をひろげていただくために、ここからは求人探しの方法を複数おつたえしていきます。

それぞれの方法にはメリットもあればデメリットもありますので、ご自分に合う方法で求人探しをしていただければと思います。

転職エージェントを使って求人を探す

60歳以上で実務未経験の方に、ぜひオススメしたいのが、エージェントを活用して求人をさがす方法です。

エージェントを使って求人探しをするメリットは、つぎの点にあります。

エージェントを使って求人探しをするメリット

  1. 求人探しに手間がかからない
  2. 無料で仕事探しをサポートしてもらえる
  3. 求人の条件を調整してもらえる

メリット1:求人探しに手間がかからない

転職エージェントに登録しておけば、自分で求人をさがす必要はありません。ただひとつ自分ですることは、エージェントに登録して希望条件をつたえるだけ。

希望にあう求人がみつかったときはエージェントから知らせてもらえるので、あとは連絡をまっているだけでいいのです。

エージェントに登録しておけば、一般には非公開の求人を紹介してもらえたり、現在募集が出ているかどうかを事業所に確認してもらうこともできます。

エージェントを使わずに自分で求人探しをする場合はどうかというと、求人ごとに連絡のやり取りをして、そのつど必要な書類を自分で用意し、面接も一人で受けなくてはいけません。

それはとてもたいへんなことです。

エージェントを使って求人さがしをすれば、複数の求人先に同時にアプローチしてもらうこともできます。

それは単独ではなかなかできないことです。

エージェントに求人をさがしてもらえば、時間も労力も節約できますし、自分でむだに動いて断られてしまう心配もありません。

メリット2:無料で仕事探しをサポートしてもらえる

転職エージェントは求人先から紹介料をもらうことで利益をあげているので、求職者であるあなたは一切お金を払わずに求人を紹介してもらうことできます。

またエージェントを使えば、めんどうな書類作成を代行してもらえたり、担当のコンサルタントに面接の席に立ち合ってもらえたりと、仕事探し全般を強力にサポートしてもらえるメリットがあります。

自分ひとりでの仕事探しはどうしても不安なものですから、転職のプロのサポートが受けられるというメリットは、どれだけ強調してもしすぎることがないメリットといえるでしょう。

メリット3:求人の条件を調整してもらえる

転職エージェントを使うメリットはこれだけではありません。エージェントから求人を紹介してもらえば、求人の条件をできるかぎり希望に沿うかたちに調整してもらうことができるのです。

お給料や働き方などの細かな条件については、単独では交渉がむずかしいので、プロに交渉を代行してもらうほうがよいと思います。

エージェントの交渉によって、条件アップにもつながるケースもめずらしくはありません。

ではつぎに、エージェント選びのコツをお伝えしていきますね

薬剤師の転職エージェントは、大手から小さな会社まで、たくさんあります。ただ、キャリアコンサルタントの経験は人によってまちまちですし、当然ですが能力にも大きな差があることも否定できません。

しかしこまるのは、担当のコンサルタントがどれくらいの実力があるのかがよくわからない場合です。そういう場合は、単純に自分と相性があうコンサルタントを選ぶようにするのもいいと思います。

いずれにしても、エージェントを選ぶときは1社だけよりも2社以上を比較するほうオススメです。

数ある薬剤師のエージェントのなかには、60歳以上で実務未経験という条件だと積極的に動いてくれない会社もあります。

しかし気にする必要はありません。その場合は別のエージェントに相談すればいいだけのことですので。

「60歳以上未経験OK」の薬剤師求人を探すときにおすすめのエージェント4選

ここからは、未経験から職探しをされる60歳以上の薬剤師さんにおすすめのエージェントをご紹介していきますので、エージェント選びの参考になさってください。

これからご紹介するエージェントはいずれも、つぎの特徴がある点で共通しています。

  1. 実績があり、60代でキャリアをスタートする薬剤師さんが相談しやすい
  2. 求職者ひとりひとりの希望にあわせて求人開拓をおこなっている

以下のエージェントに求職者登録をすると、無料で就業サポートを受けることが可能です。

エージェントは正社員だけでなく、パートやアルバイトなどの求人さがしにも活用できます。

またエージェントは併用することもできますので、より良い条件のお仕事を希望される方は、必要にあわせて複数のエージェントに相談しておくのもオススメです。

「複数の会社を同時に利用するのはちょっと悪い気がする」という方は、1社ずつ相談してみるのもよいでしょう。

こちらでご紹介するエージェントは、いずれも実績があり、60歳以上の方の職探しにおいても定評があるエージェントですので、相談しておけば、経験のあるなしにかかわらず、きっと満足できるお仕事がみつかるでしょう。

うまく活用して、ご自身が納得できる就職先をみつけてください。

薬キャリ

薬剤師の仕事探しにもっとも利用されているエージェント。運営するのは国内最大級の医療系求人ネットワークをもつエムスリーグループ。

薬キャリは幅広い世代の薬剤師さんに利用されていますが、シニア世代では60代はもちろん、70代で調剤未経験の薬剤師さんもサポートを受けて就職に成功しています。

あらゆる世代の薬剤師さんにオススメの定番エージェントといえば、薬キャリです。求職者登録をすると、早ければその日のうちに最大10件まで(派遣は5件まで)、希望にあう求人を紹介してもらうことができます。

どんな求人が出ているかだけでも、ぜひチェックしておいてください。

マイナビ薬剤師

アルバイト探しから転職まで、さまざまな求人情報サイトを展開するマイナビ。そのマイナビが運営する薬剤師専門のエージェントが、マイナビ薬剤師です。

マイナビ薬剤師の特徴は、なんといっても利用者本位の親身なサポート。きめ細やかなサポートで高いユーザー満足度を実現しており、60代以上の薬剤師さんからもサポートが行き届いていると好評です。

「メールが上手にできずに迷惑をかけてしまいましたが、根気づよくサポートしてくれました!」なんていう利用者の声が聞こえてくるのも、マイナビ薬剤師ならではかもしれません。

ファルマスタッフ

日本調剤グループが運営するエージェント。業界ではトップクラスの求人数を扱っていることで知られています。

パートや派遣など、非常勤の求人案件も豊富な取り扱いがあるので、プライベート重視の方も希望にマッチするお仕事を紹介してもらいやすいと思います。

ファルマスタッフは求職者と求人先の相性を重視しているエージェントなので、コンサルタントから得られる情報も豊富です。

求人を紹介してもらうには、最初にコンサルタントとの面談が必要となりますが、彼らは自宅近くまで足を運んでくれるので、わざわざ遠方まで出向く必要はありません。

ファーマキャリア

ベテランコンサルタントが中心となって運営している少数精鋭のエージェント。

ファーマキャリアは、ベテランのコンサルタントが経験をもとに個別に求人を探しだして、より良い条件に調整したうえで求人を提案してくれるのが特徴です。

ファーマキャリアのコンサルタントは経験豊富なので、求人探しに苦労されている60歳以上の薬剤師さんにとっても頼りになる存在だと思います。大手エージェントとあわせて利用するのもオススメです。

自分で求人を探したい方へのアドバイス

ここまで、エージェントを使って求人を探す方法をおつたえしてきましたが、どうしても自分で求人さがしをしたいという方もいらっしゃるかもしれません。

つぎは、そんな方に向けてのアドバイスです。

自分で求人を探す場合にどんな方法があるのか、具体的に見ていきましょう。

グーグルの「しごと検索」を使って求人を探す

多くの人はインターネットを使って仕事探しをするのではないでしょうか。最近ではグーグルの検索機能に「しごと検索」という機能が加わったので、これを使って自宅近くで求人をさがすこともできます。

グーグルの検索窓に「薬剤師 求人 60歳以上 未経験」と入力すると、検索結果の最初のページに、「求人」という水色の見出しと枠があらわれます。

そこをクリックすると、自宅近くに出ている求人を表示してくれる仕組みになっています。

グーグルのさまざまな検索結果に「しごと検索機能」が表示されるようになっているので、興味がある人は、試してみてください。

日経DIキャリアを使って求人を探す

日経DIキャリアは、さまざまなエージェントが扱う求人を自分で検索できるサイトです。勤務地・通勤時間・年収など、細かな条件を指定して検索することもできます。気になる求人をみつけたときは問い合わせも可能です。

そのほかの求人サイトを使って探す

求人さがしのオーソドックスな方法としては、ハローワークインターネットサービスインディードといった求人サイトで探す方法もあります。

ただし、求人サイトを使って求人を探すときに、1つおぼえておいていただきたいのが、掲載されている求人の条件が約束されるとはかぎらないということです。

ハローワークでも、面接に行ったら掲載条件と違う条件を提示されたという事例も報告されているので、注意してください。

ハローワークの求人に問い合わせをするときは、直接求人先に問い合わせることはせずに、ハローワークを通して応募するようにしましょう。

つてをたよりに求人を探す

友人・知人・先輩などの”つて”があるのであれば、それを活かして職をみつけることもできます。ただ、つてをたよるとなると、紹介を断るときに気をつかうことになるので、その点は注意が必要です。

ちなみに、エージェントから紹介してもらう求人であれば、お気に入りの求人がみつからなければ、いくら紹介を断っても問題ありません。

どうしても希望にあう求人がみつからないときは?

ここまでは求人探しの方法をご紹介しました。ただ、仕事探しの条件は人それぞれなので、なかにはスムーズに仕事が決まらない場合もあるかもしれません。

そんなときは、希望条件を見直してみるというのもひとつの手です。

薬剤師は需要がある職種とはいえ、60歳以上で未経験からのスタートとなると、さすがにすべて希望どおりの条件で仕事に就くというのはなかなか難しいものです。

もし仕事がなかなか決まらない場合は、ひとまずは仕事に就くことを最優先と考えて、候補となる求人の選択肢をひろげてみてはいかがでしょうか。

給与と勤務条件をあまり限定しなければ、そのぶん、採用側も採用しやすくなります。

パートやアルバイトを希望する場合は、人手が不足しがちな夜間や土日祝日にも働けることをつたえておけば、採用において有利になるはずです。

年齢が上がるほど仕事探しが難しくなる傾向があるため、条件にこだわって仕事がみつからないよりかは、ある程度の条件は妥協して早くキャリアをスタートしてしまうほうが、結果としていい場合があるということをおぼえておいてください。

仕事を早くみつけることは、仕事探しにかける時間と労力を減らすことにもつながります。ぜひ、そんなメリットも考えながら、求人さがしに取り組まれてみてください。

採用されやすいひとになるために

面接で良い印象をもってもらうことは、年齢や経験にかかわらず大切なことです。しかし、実際にどんなところに気をつけたらいいのかがわからない方も多いと思います。

なので、年配の方はこんなところに気をつけたほうがいい、という一般的によくいわれている注意点をあげてみますので、参考にしてみてください。

つぎのことをほんのすこし意識してみるだけで、印象がガラッと変わる方もいらっしゃるかと思います。

60歳以上で未経験という条件を考慮すると、まず大事になってくるのは、プライドが高くて扱いにくい人という印象をもたれないようにすることです。

人生経験が豊富なシニアの方も、職場に入ればゼロからのスタートとなりますので、謙虚な姿勢がもとめられます。自分よりも年上の部下をもつことになる上司の気持ちを想像することができれば大丈夫かと。

薬剤師は接客業でもありますので、職場の人たちだけでなく、お客さんたちからも愛される人柄である必要があります。

職場にとけこみやすく、お客さんからも愛される人柄だと先方に思ってもらうためには、明るくほがらかで、年齢に関係なくだれとでもフランクに話ができるような印象をあたえられるといいと思います。

ぜひ意識してみてください。

エージェントのサポートを受ける場合は、事前に面接の細かいポイントについてアドバイスを受けることもできます。

やる気と生きがいに満ちたシニアライフのために

60代で薬剤師デビューされる方のなかには、定年まで製薬会社で働いてこられた方や、結婚を機に家庭に入り、主婦業に専念してこられた方などもいらっしゃいます。

それぞれの事情はちがっても、未経験からのスタートに不安をおぼえるは、だれもがおなじではないでしょうか。日本人の平均寿命が延びつづけるなか、60代での就職や再就職はめずらしいことではなくなりつつあります。

いま、薬剤師業界は人手不足のなかでシニアの力を必要としています。つまり、実務経験がない60歳以上の薬剤師さんが仕事をみつけるチャンスも十分にあるということです。

やる気と生きがいに満ちたシニアライフを送るためにも、ぜひ今のうちに、ご自身の理想の働き方ができる職場を探されてください。

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。