シニア薬剤師さんがパート求人を探すときにオススメの転職会社

シニア薬剤師さんがパート求人を探すときにオススメの転職会社4選

シニア世代になると、パートでも採用を断られてしまうケースが増えてきます。実際、何件もパートに応募したにもかかわらず断られてしまった結果、仕事探しをあきらめてしまうシニア薬剤師さんも少なくありません。

「シニア」という言葉に、はっきりとした定義はありませんが、一般的には、だいたい60歳ぐらいを境にシニアとよばれることが多いように思います。いっぽう、実際の転職市場に目を転じると、パート探しがだいぶ難しくなってくる年齢という意味においては、55歳ぐらいからシニア世代に入ってくるという印象です。

ただし、シニア世代の薬剤師さんがパートを見つけられないかというと、けっしてそんなことはありません。むしろ、ここでは見つかる確率のほうが圧倒的に高いと申し上げておきたいです。

現在、薬剤師の求人市場は、大きく売り手市場に傾いていますので、年齢を問わず、人材の募集をかけている事業所がほとんどです。そのため、「60代」「70代」のシニア薬剤師さんが「未経験」からパートをスタートするという事例も増えています。

シニア世代の薬剤師さんが上手にパートをさがす秘訣は、エージェントを活用することです。

いまでは無料で利用できる薬剤師専門の転職支援サービスが数々ありますが、こちらでは、シニア世代の薬剤師さんがパート探しをするときに、特にオススメのエージェントを5つ厳選してご紹介したいと思います。ぜひ参考になさってください。

シニア薬剤師さんのパート探しにオススメの転職会社2選

ここからご紹介する5つの転職エージェントは、いずれもシニア世代の薬剤師さんにオススメのエージェントばかりです。

下記のエージェントであれば、無料で利用できますし、専任のコンサルタントが丁寧にパート探しをサポートしてくれますので、お気軽に相談してみてください。

なお、薬剤師の資格を取得してから一度も就業経験がないシニアの方や、長期のブランクがあるシニアの方も、特に気にする必要はありません。エージェントを活用すれば希望の条件でパートが見つかる可能性は十分にあります。

週1日、短時間、午前・午後のみなど、シニア薬剤師さんのパートの働き方のバリエーションは豊富です。また、非常勤の雇用形態もパートだけでなく、派遣・契約社員・準社員など、さまざまな選択肢がありますので、働き方についても、ぜひ一度相談されてみてください。

また、エージェントは2社以上を併用することもできますので、ご自分に合うエージェントをいくつか試されてみるのもよいと思います。

薬キャリ

薬剤師転職に利用される定番のエージェント。国内最大級の「医療求人バンク」として知られるエムスリーグループが運営する転職エージェントです。常時4万件の求人を保有しており、シニア向けのパート求人は他社エージェントとくらべても、かなり多いです。

薬キャリは年間2万人もの薬剤師さんが利用する「登録者数1位」のエージェントですので、シニアの方にも自信をもってオススメすることができます。非常勤の求人だと、パート以外に派遣求人も豊富に扱っており、好条件の求人が多いのも特徴です。

先日、「70代調剤未経験」の方が薬キャリの転職サポートを受けて薬剤師デビューを果たされたと聞きました。そんなエージェントですので、仕事探しで悩まれているシニア世代の薬剤師さんは、希望をもって相談してみてください。

アプロ・ドットコム

薬剤師専門の転職エージェント。どのグループにも属さない独立系エージェントですが、全国各地に豊富なネットワークがあり、保有求人数は業界トップクラスです。

アプロは20代からシニアの方まで、未経験から経験者まで、幅広い薬剤師さんの仕事探しをサポートしています。新規の求人開拓にもアグレッシブに取り組んでくれるので、勤務地がある程度決まっていて、その範囲で自分に合うパートを探したいと考えている方は要注目です。

なお、アプロの公開求人は経験者向けの案件ばかりですが、特に経験者向けのエージェントというわけではありません。

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。薬キャリなら希望条件にあう求人を最短で紹介してもらうことができます。正社員としての転職はもちろん、パートや派遣の相談もOK。薬剤師の求人さがしは登録者数No.1の薬キャリで!

ピックアップ

Pharmacistの注目記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。