ハックドラッグは薬剤師の年収が高いって本当?

年収が高いと薬剤師さんたちのあいだで評判のハックドラッグ。そのウワサは本当なんでしょうか?就職や転職を考えている人は、ぜひ知っておきたいですよね。

ここでは、ハックドラッグの薬剤師の年収について言及しておきたいとおもいます。転職を考えている人が具体的な年収額を知る方法や、年収アップのポイントなども紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

ハックドラッグの年収はウエルシアと同じ?

ハックドラッグはウエルシアグループのドラッグストアです。正確にいうと、2016年にウエルシア薬局に吸収されるかたちで合併しました。

なので、基本的にハックドラッグの薬剤師の年収は、ウエルシアの薬剤師の年収と同じ水準になると考えられますが、合併後に給与制度の統合や新しい評価制度の導入がおこなわれているようです。

また、社員区分が「全国職」と「エリア社員」に分けられるなど、社員の年収にも大きな変化があったようです。

ハックドラッグの薬剤師の年収は高い?

いきなり結論ですが、ハックドラッグ(ウエルシア)の薬剤師の年収は、大手ドラッグストアのなかでは際立って高いです。

薬剤師の転職エージェントである薬キャリがおこなった年収調査でも、ウエルシアは「くすりの福太郎」「カワチ薬品」「ユタカファーマシー」「トモズ」などを抑えて1位となっています。

実質の年収は600~750万円

正社員の年収は、募集要項に書かれている年収と実際の年収が大きく異なる場合があります。残業代やその他の手当などが年収を押し上げるためです。

ちなみに新卒薬剤師の年収は500万円を超えれば高いといわれますが、ウエルシアとハックドラッグに関しては、新卒の実質年収が600~650万円という口コミも出ていますね。

(1時間/日の定額残業代がふくまれた年収がこの水準になるといわれています。)

管理薬剤師ともなれば、年収700~750万円になるようです。この水準の年収をもらっているのは、社員全体の2割ぐらいなのだとか。

ハックドラッグの薬剤師の年収が1000万円に届くことはないですが、口コミやエージェントの情報によると年収にはかなりの期待がもてそうです。

ただ、冒頭でも述べましたが、ウエルシアは評価制度などの大きな変更がおこなわれているようですし、今後も薬剤師の高い年収を維持しつづけることができるかどうかは、わかりません。

正社員薬剤師の募集要項も、公式以外だと、月給制であったり年俸制であったりします。中途採用ではどちらの採用もおこなわれている可能性がありますね。

ハックドラッグの薬剤師求人はエージェントでも扱われていますので、年収について詳しくしりたい人は問い合わせてみてください。実際に求人に応募するときは年収アップにも貢献してくれますよ。

ハックドラッグの額面給与を確認しておきたい人はウエルシアの採用情報ページに掲載されている募集要項を一度みておいてください。

https://www.welcia-yakkyoku.co.jp/recruit/recruit_top.html

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。