動物用医薬品に関する薬剤師求人の傾向&オススメ転職サイト4選

薬剤師さんに抱かれる子犬

ペットや家畜を病気・寄生虫から守る動物用医薬品。

その動物用医薬品に関連する企業からは、薬剤師を募集する求人が出ることがあります

動物用医薬品に関連する仕事は、薬剤師が動物にかかわる仕事を探すときにもっとも現実的な選択肢となる仕事でもありますが、調剤薬局などの求人にくらべれば、求人の数はそれほど多くはありません。

ここでは、動物用医薬品に関する薬剤師求人の傾向にまず触れ、つぎに、求人を探すときに役立つオススメの転職サイトを紹介していきます。

『動物が好きで好きでたまらない…だから仕事でも動物を支える仕事がしたい…』 という薬剤師さんは、きっと多いと思います。

そんな薬剤師さんは、動物用医薬品に携わることができる求人を、ぜひさがしてみてください。

動物用医薬品に関する薬剤師求人の傾向は?

求人先の企業はどんな業種?

動物用医薬品に関する薬剤師求人は、動物用医薬品の研究・開発・製造・流通・販売に関連する企業から出ることがあります。

また、動物にかかわる求人だと、近年では動物用サプリメントやペット関連グッズをインターネットで販売する企業も増えてきており、こうした企業も薬剤師を必要としています。

どんな仕事をするの?

動物用医薬品に薬剤師としてかかわる場合、医薬品管理業務・許認可業務・その他事務などの仕事があります。

また、製薬メーカーでは、研究開発業務や学術業務の人材を募集する求人などが出ることもあります。

こうした職種の場合だと、仕事はおもにデスクワークです。

いっぽう、動物用医薬品の卸や販売をおこなう企業では、外回りの営業・商品のピッキングや搬入といった作業が、業務内容に含まれる場合があります。

就業環境は?

動物用医薬品を扱うのは一般企業なので、土日祝日が休みとなる会社が多く、就業時間は定時となっている場合がほとんどで、年間休日も比較的多めの会社が多くなっています。

そのため、動物用医薬品関連の求人は、ワークライフバランス重視の薬剤師さんにもオススメです。

必要な資格は?

動物用医薬品関連の薬剤師求人は、応募資格のハードルが高いと思われがちですが、「業務未経験歓迎」「スキル不問」といった求人がほとんどです。

定年を迎えてリタイアした方も募集の対象となっている求人があります。

持っていると歓迎される経験・スキルとしては、商社では医薬品卸の管理薬剤師経験、外資系製薬会社では英語力(TOEIC)といったものがあげられますが、それらについても必須とされない場合がほとんどです。

雇用形態は?

動物用医薬品を扱う企業の求人には、正社員以外に、パート・派遣・契約社員などの求人も存在します。

動物用医薬品に関する薬剤師求人を探すときにオススメの転職サイト4選

下記に、動物用医薬品に関する薬剤師求人を探すときにオススメの転職サイト(エージェント)をリストアップしています。

求職者登録をしておけば、非公開の求人もあわせて紹介してもらうことができるので、ぜひ仕事探しに活用してみてください。

なお、下記の転職会社はパートや派遣の求人を探すときにも利用できますし、新卒の人が就職先を探すときにも活用できます。

下記のエージェントは、相談から求人紹介まで、すべて無料で利用できます。

薬キャリ

国内でもっとも選ばれている薬剤師の転職支援サービス。年間2万人が利用しており、そのシェアは薬剤師エージェントのなかでは圧倒的です。

薬キャリの転職支援サービスは専門性が高いことでも知られているので、動物用医薬品のような数少ない求人を探すときにもオススメです。

求人の条件にこだわる人も、まずは薬キャリにコンタクトしておくといいと思います。

ファルマスタッフ

日本調剤グループが運営する転職エージェント。ファルマスタッフの特長は、求人先とのマッチングをすごく重視しているところです。

動物関連の薬剤師求人にも多くの職種があり、適性もさまざまですが、ファルマスタッフはその辺も踏まえたうえで、求人を紹介してくれると思います。

どんな業種や職種が自分に合っているのか分からないという人も、まずはファルマスタッフスタッフに相談してみるといいかもれません。

ファーマキャリア

オーダーメイドで求人を紹介してくれる薬剤師専門の転職エージェント。

ファーマキャリアは、コンサルタントのスキルの高さが自慢のエージェントなので、なかなか希望に合う求人をみつけられない人や、条件的に転職がむずかしいと感じている人などに最適です。

コンサルタントの実力はたしかで、評判も良いため、大手エージェントとあわせて利用する人もいます。

ハローワーク

仕事探しの定番といえばハローワークですが、自分で求人を探すのであれば、チェックしておいて損はない情報源です。

実際に求人を検索してみるとわかりますが、意外とレアな求人も多く、動物用医薬品を取り扱う企業の薬剤師求人も見つかります。

ただし、ハローワークに掲載されいる求人情報は、実際の条件と違っていたりすることも多々報告されているため、その点は注意が必要です。

また、転職の際の条件交渉も単独でおこなわなくてはいけないので、より良い条件で転職したいのであれば、やはりエージェントのサポートを受けるほうが無難かもしれません。

関連記事:動物病院の薬剤師採用傾向について

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。