動物病院の薬剤師採用傾向について

子犬

動物が好きな人なら、仕事でも動物にかかわりたいと思うのは自然なことです。

薬剤師さんが仕事探しを考えるときに、まず候補に浮かぶのは動物病院ではたらくことではないかと思います。

しかし、動物病院が薬剤師を採用するケースというのは、現状ではまだ非常にめずらしいケースとなります。

というのも、動物病院の獣医師は、動物が必要とする薬なら、薬剤師に頼らなくても自分で処方できるため、個人で経営している小規模の動物病院では薬剤師をあえて採用する必要はないからです。

薬剤師を安易に採用してしまえば、人件費が余計にかかってしまい、経営を圧迫することにもなりかねません。

ところが、組織的に業務をこなしている、やや規模が大きい動物病院になると事情が変わってきます。

大きな動物病院や獣医大学付属の動物病院になると、業務の効率化のため、動物用医薬品を専門に扱う薬剤師を採用することがあります。

しかしながら、薬剤師を必要とする動物病院は非常に限られているため、求人をみつけるのは簡単ではありません。

こういったことが前提となりますが、薬剤師求人サイトに求職者登録して動物病院の求人に興味があることを伝えておけば、非公開の求人案件を紹介してもらえたり、個別に求人を探し出してもらえる可能性もあるので、仕事探しをするときは活用するとよいでしょう。

動物病院で薬剤師を採用するケースは増えつつあるようですし、可能性が全然ないわけではないので、動物に対する熱い想いをエージェントに伝えておけば、希望に見合う求人をいっしょうけんめい探してくれるかもしれません。ぜひ試してみてください。

動物病院のような希少求人を探すときは、エージェントは1社だけでなく、複数利用するほうが、求人がみつかりやすくなります。

薬剤師専門の転職エージェントは、通常、無料で利用できますので、必要に合わせて相談してみてください。


もしかしたら、動物病院の求人が少ないと聞いて、ガッカリしてしまった人もいるかもしれませんね。

動物病院で働くことは簡単ではないかもしれませんが、希望をもって職探しに臨めば、可能性が見えてくることもあるかもしれません。まずは求人がみつかるように、がんばって探してみてください。

エージェントを活用すれば、条件に合う動物病院の求人がみつかったときに、知らせてもらうこともできますので、まずは気軽に相談してみるとよいと思います。

関連記事:動物用医薬品に関する薬剤師求人の傾向&オススメ転職サイト4選

ピックアップ

薬師専科の注目の記事を紹介するコーナーです。 今回は転職に役立つ記事をピックアップしてみました。