ザグザグは薬剤師の年収が高いという評判を検証

中国・四国地方にドラッグストア・調剤薬局を展開するザグザグ。いま薬剤師さんたちから熱い視線が注がれています。さまざまな特徴がある企業ですが、こちらの記事では、ザグザグの薬剤師の年収にスポットライトを当ててみたいと思います。

年収に関心がある方が同時に知っておきたい、就業環境の特徴についても、ご紹介していきますので、ザグザグへ転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ザグザグのイメージ
<ザグザグのCMに登場するキャッチコピー>

ザグザグの薬剤師、年収はどれぐらい?

ではさっそく、ザグザグの薬剤師の年収がどれぐらいなのか、みていきましょう。(下記では、月給を単純に【基本給+資格手当】で計算しています。その他の手当は含まれておりませんので注意してください。)

新卒

新卒は、働き方が「調剤+OTC」の場合の月給が39.5万円。「OTCのみ」の場合の月給が37.5万円となります。ボーナスは年2回支給されますが、額は非公開となっています。

ですが、ボーナスを含めず、単純に月給×12としても、年収は450万円~474万円になります。仮に賞与が2ヵ月分だとすれば、年収は525万円~553万円にもなります。新卒の薬剤師としては破格の年収ですね。

第2新卒(新卒から数えて3年以内の経験者)

第2新卒の最低保証月給は新卒と同じですが、経験・能力分の給与をプラス評価してもらうことができますので、経験によっては、年収はそれなりに上がるでしょう。

第2新卒の年収目安は、新卒入社から2年程度の経験者で、およそ563万円以上ということです。(某エージェントが提示する年収モデルです。)

中途採用

中途採用(ザグザグの定義だと新卒・第2新卒以外)は、第2新卒よりも経験が豊富で即戦力となることが期待される人材です。こちらもまた経験によりますが、ザグザグは、中途採用者が年収600万円~700万円も可能としています。

目安としては薬局長で年収650万円、薬局長の経験が3年以上で年収700万円クラスといった感じです。

ちなみに、ザグザグは昇進のスピードも速く、若い人材を積極的に重要ポストに登用しています。(早い人だと、転職から1ヵ月後には薬局長のポストにつきます。)

ここまで、ザグザグの薬剤師の年収を大まかにみてきましたが、かなりの高年収が期待できるということが、おわかりいただけたと思います。

この年収目安がほんとうなのか、念のため、口コミサイトの情報も確認してみましたが、この通りで間違いないようです。

でも、年収が高い会社って、休日の日数や忙しさはどうなんだろうって、気になってきますよね。なので、ここからはザグザグの薬剤師のワークライフバランスをチェックしていきたいと思います。

ザグザグのワークライフバランスは?

年間休日は107日

年間休日は、ざっくりとした休日の目安ですが、ザグザグの107日という日数は、一般的な年間休日の日数と比較すると少ないと思います。でも年収が高いので、これは当然といえば当然かもしれませんね。

調剤・ドラッグ、どちらもシフト制

ザグザグの正社員薬剤師は、調剤部門・ドラッグ部門、どちらもシフト制の勤務となります。勤務時間は店舗によっても違うのですが、ドラッグストアは営業時間が24時までの店舗もあるので、配属先によっては、だいぶ不規則な勤務時間になってしまう可能性もあります。

しかし、ザグザグではプライベート優先の働き方も可能です。これについては後述する「リミット社員」を参照してください。

1ヵ月単位の変形労働制

ザグザグは1ヵ月単位で労働時間を調整する変形労働制を採用しています。そのため、月単位で、あるいは1日単位で勤務時間が変わってくるといったこともありえます。この制度の場合、どこからが残業となるかがわかりにくい場合があるかもしれませんので、その点はあらかじめよく確認しておく必要があるでしょう。

女性が働きやすい環境づくりに注力

ザグザグは女性が多い会社です。そのため、女性が働きやすいように様々な工夫がこらされています。

「リミット社員制度」はライフスタイルにあわせた働き方を可能にする社員区分で、ザグザグでは子育て中の女性社員などがリミット社員として働いています。(ライフスタイルの変化にあわせて、入社後に途中から社員区分を変更することも可能です。)

育休の取得率は9割と高く、最長で3年まで取得できる制度となっています。育休後は、一時的にリミット社員として働いている人もいます。

転勤は選択制

ザグザグの社員は、入社時に転勤の有無を選択できます。転居をともなう異動が可能な場合は「ナショナル社員」、転居をともなわない異動に限定の場合は「エリア社員」を選択することになります。より高い年収を目指すのであれば、転勤があるナショナル社員を選択するほうがよいでしょう。

ちなみにザグザグでは、ほとんどの社員が転居をともなわないエリア社員を選択しているそうです。ただし、ナショナル社員もエリア社員も、職種の制約はないので、エリア社員を選択しても、本部業務なども含め、幅広い職種を経験することができます。

薬剤師の求人状況は?

ザグザグは公式ホームページから薬剤師を募集しています。ホームページ内にある採用情報ページには、新卒・中途、どちらも募集要項が掲載されています。パート・アルバイト薬剤師の募集もあります。

http://www.zagzag.co.jp/

また、ザグザグはハローワークや転職会社経由でも薬剤師のリクルートをこなっていますので、そちらからも応募が可能です。(ザグザグは薬剤師の採用に積極的で、募集は常時さまざまな店舗から出ている状況です。)

なお、ザグザグの薬剤師求人はすべて経験不問です。ただし、ザグザグでは喫煙者を採用の対象から外していますので、その点は注意してください。(喫煙習慣がある方も応募時に禁煙宣言すればOKです。タバコをやめて健康になれるチャンスかもしれませんね。)

ザグザグへの転職はアリ?

ザグザグは中国・四国地方で高年収が狙える企業として、非常に有望な選択肢です。勤続経験にかかわらず人材を評価する傾向にあるので、若い世代の薬剤師さんも、やる気次第では十分にチャンスがある会社といえるでしょう。

ただし、年収の高さは会社の期待値のあらわれですので、年収に比例して、責任は大きくなり、仕事量は増えると考えるのが自然でしょう。ある程度仕事中心の生活になることも覚悟しておくべきかもしれません。

それと、補足なのですが、ザグザグの薬剤師は退職金がありません。(それを差し引いても十分に高い年収といえるのですが。)

また、評価制度に対する不満をあらわす口コミなども一部見受けられますので、転職を判断するまえに、ザグザグの内情について、一度エージェントからじっくりと話を聞いておくとよいでしょう。

エージェントに希望の年収額や、その他の条件を伝えておけば、希望に見合う求人を複数紹介してもらうこともできます。年収交渉においても、エージェントが間に入って調整してくれますので、転職活動を有利に進めるためにも、活用をオススメします。

薬キャリ

薬剤師登録者数No.1
非公開求人80%以上
最短即日の求人紹介