薬剤師の扶養内薬局バイトに欠かせない年収プラン

薬剤師の扶養内薬局バイトで忘れてはいけないのが税金と保険の計算です。

薬剤師の扶養内薬局バイトに欠かせない年収プラン

薬剤師求人サイトで求人を検索していると「扶養内OK」とか「扶養内歓迎」と書かれている案件を目にするはずです。この”扶養内”という言葉ですが、なんとなく理解しているような気になってしまっている人が多いのも多いはず。

これは税金と保険の支払いにかかわってくる大事な問題なので、ただしく理解して損をしないように注意したいものです。

扶養内で働くというのは、税金・保険の負担を考え、配偶者や親御さんの扶養控除が受けられる範囲内の年収に調整して働くことを意味しています。

一般的なパート・アルバイトであれば、扶養枠を超える年収になるまでにはそこそこ働く必要があります。

しかし、薬剤師の場合、時給がほかのパート・アルバイトよりも断然高いので、働く前に税金や保険のことを考えていないと、あっという間に扶養控除が受けられる年収のラインを越えてしまい、控除が受けられなくなってしまう恐れがあるのです。

一口に扶養内といっても、所得税・住民税・社会保険をそれぞれ計算する必要があり、税金や保険の計算に慣れていない人にはやや複雑に感じられるかもしれません。

また、どのぐらいの年収を目安に働けばいいのかというのも、家庭の事情や将来のビジョンを考えて決めなければいけないため、それ自体がなかなか大変です。さらに、扶養を超えて働く場合でも、下手に扶養枠を超えてしまうと損をすることもあるので注意が必要です。

ネット上にはこうしたテーマで書かれたコンテンツがたくさんあるので、そういったものを参考にしながらある程度の目安を立てることもできます。ですが、とても面倒な計算をする必要があるので、薬剤師求人サイトで求人を紹介してもらうときに、年収プランの相談をしておくのがオススメです。

そうすれば、プロの立場から的確なアドバイスがもらえますし、年収プランも立てやすいと思います。まずは、扶養内で働くのか、それとも扶養枠を外れる年収を目指すのかといったところから相談してみるといいと思います。

くれぐれも、働き始めてから慌てて税金や保険の計算をすることがないよう注意してください。