薬剤師が正社員からパートになるまえに知っておきたいこと

PDCA

結婚・子育て・夫の転勤などが理由で正社員からパートになる薬剤師さんは多いです。しかし収入の面などを考えると、それもどうなのかなと迷ってしまいますよね?

こちらでは、薬剤師さんが正社員からパートになるまえに知っておくべきことをお伝えしたいと思います。パート以外の選択肢についても触れていますので、働き方を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

ママ薬剤師さんの仕事探しにオススメの転職サイトはこちら

正社員からパートになるまえに知っておきたいこと

正社員からパートになる場合、いまの勤務先で雇用形態を変更してもらう選択と、いまの会社を辞めて別の会社にパート薬剤師として新たに雇ってもらう選択があります。

いまの職場で働き続けたいのであれば、正社員からパートへの変更が可能かどうか、まずは上司に相談してみてください。

薬剤師業界は女性が多いので、できるだけ女性に長く働いてもらうことを目的に、雇用形態を柔軟に変えることを可能にしている薬局や病院は多いです。

もし雇用形態を変えられる制度がない職場でも、正社員からパートになって働きつづけることが可能かどうか、聞いてみる価値はあると思います。

いまの職場で働き続けることがむずかしい場合や、最初から転職が前提の場合は、自分が理想とする働き方ができる職場を探すことになります。

ハローワークなどを利用して自分で探すのもよいですが、転職会社を活用するほうが、自分に合う職場をみつけやすいですし、条件的にも自分で探すよりは有利になりやすいかと。

パートであれば、日数・曜日・勤務時間を家庭の都合・子育ての都合に合わせてくれる場合が多いです。

午前のみ・午後のみ・夕方のみ、あるいは土日のみといった働き方を歓迎してくれる求人先もたくさん見つけることもできるでしょう。

仕事を完全に辞めてしまうことを考えている薬剤師さんもいらっしゃるかと思いますが、いったん仕事から離れるとブランクが空いてしまいます。また復帰するときに仕事の感を取り戻すのも大変です。

なので、いずれ復帰することを考えているのでば、週1日でもパート薬剤師として仕事を続けているほうがよいと思います。

正社員からパートになるときの注意点

正社員からパートへの転向であれば、いまの職場で雇用形態を変えてもらうことで、あなたの抱える問題がカンタンに解決できる可能性があります。

この場合、慣れ親しんだ職場で人間関係を継続しながら、いまよりも柔軟な働き方ができるようになるのがメリットです。『同じ職場はちょっと・・・』という方は、逆に環境を変えて心機一転スタートするのもよいでしょう。

ただ、いずれにしてもパートの収入は当然、正社員のときとは比べものにならないぐらい下がることになるので、そこが悩むところだと思います。

またパートで働く場合は、税金や保険のことを考慮して、年収をどれぐらいに調整するのかといったことも頭に入れておかなければいけません。

なお正社員からパートになる場合は、職場にとどまるとしても、手続上いったん退職してから新たにパートとして採用してもらうというプロセスを経ることになる職場もあるかと思います。

その際に重要になってくるのが、どのタイミングで退職金をもらうかということです。

正社員からパートに切り替わるタイミングなのか、 それともパートを辞めるタイミングなのか。 退職金をもらうタイミングについては、職場の就業規則をまず確認してください。

もし退職金をもらうタイミングを選択できるのであれば、どのタイミングで退職金をもらうかによって、引かれる税金の額も違ってきますので、できるだけ損をしないタイミングでもらうことも大切だと思います。

《退職金について》

退職金は法律で決められた制度ではなく、それぞれの事業所が福利厚生のひとつとして任意で設けている制度です。

そのため、中小の薬局や病院のなかには退職金がないところもあります。

もしあなたが働いている職場に退職金制度があるのなら、退職するまえに具体的な支給規準をよく確認しておくことをオススメします。

退職金を支給している事業所の多くは「勤続3年以上」あるいは「勤続5年以上」というように、退職金の支給規準を独自に定めています。

しかし、正社員からパートへ切り替えた薬剤師さんのなかには、切り替えのタイミングでわずかに勤務日数が足りず、もらえると思っていた退職金がもらえなかったという人も。

笑うに笑えない事態になってしまった人もいるようですので、退職金が確実にもらえるかどうかの事前確認は、くれぐれも忘れないようにしてください。

パートから正社員に復帰するのはむずかしい?

『正社員からパートになると、将来、正社員に復帰するのがむずかしくなるのでは?』という質問をされる方が多いですが、薬剤師は専門職ですので、資格さえあれば正社員に復帰することはそんなにむずかしいことではないと思います。

ただし、一定の年齢を過ぎると、転職市場での価値はだんだんと下がっていきますので、いずれ正社員として復帰したいのであれば、復帰のタイミングをあらかじめ考えておくほうがいいです。

いま現在、全体的に薬剤師は不足傾向ですが、やがて充足傾向に大きく転換したときに、再就職がむずかしくなる可能性もなくはないと思います。

この辺の事情については、業界の動きを事細かにキャッチアップしている転職エージェントから直接話を聞くほうが間違いないので、正社員からパートに雇用形態を変えて転職するときは相談しておくとよいでしょう。

非常勤を選ぶなら派遣もオススメ

薬剤師が正社員から非常勤になるのであれば、パートよりも時給が高い派遣を選択するのもよいでしょう。

正社員としての勤務経験が一定年数あれば、即戦力としても期待されますし、その分、時給も優遇してもらうことが可能です。

派遣の期間は、1日だけの派遣や数カ月程度の派遣、また長期の派遣まで、さまざまです。(非常勤の雇用形態には、パートと派遣のほかに契約社員などもあります。)

※ 単発の派遣で働くには、薬剤師さんご自身がいくつかの条件を満たしている必要があります。

ここで詳細について説明することは省略しますが、単発の派遣に興味がある方は、派遣会社(転職会社)にその旨を伝えてみてください。

派遣の特徴は?

正社員から派遣社員になる場合は、現在の職場を辞めたあとに派遣会社で派遣登録をする必要があります。(転職相談は在職中でも可能です。)

派遣は、派遣会社があなたの雇用主になり、派遣スタッフを必要とする職場にあなたが派遣されるシステムです。

派遣のメリットは、仕事探しから勤務先での問題解決まで、あらゆる面を派遣会社がサポートしてくれるところにあります。

勤務先では、従業員というよりも、どちらかというとお客さんという感じで扱われることが多く、待遇面もわるくはないです。

ひとつの職場に長く務めるのもよいですが、派遣はさまざまな職場を数々経験できるのもメリットです。

なので、わずらわしい人間関係が苦手な薬剤師さんや、ドライな人間関係を好む薬剤師さんはパートよりも派遣のほうがマッチします。

派遣はパートにくらべて時給が高いのもうれしいポイントですね。

派遣なら正社員がうらやましがるくらいの時給を求人先が提示してくれる場合もありますので、「プライベートを大切にしたいけど収入も妥協したくない」という人にもオススメです。

時短勤務について知っておくべきこと

子育てとの両立が目的でパートに切り替えることを考えているのであれば、時短勤務も選択肢のひとつに入ってくるかと思います。

時短勤務は、正社員からパートになる薬剤師さんと同じくらい、子育て期間中に選択する人が多い働き方です。

時短のメリットは、正社員のまま雇用形態を変えることなく、勤務時間を短くできるところ。

時短勤務制度の詳細は法律で定められていますが、事業所によっては勤務時間の短縮幅を選べたり、保育園のお迎えにかかる時間を勤務時間に含めてくれたりと、プラスアルファのメリットを提供してくれる会社もあります。

ですので、まずは自分が働いている会社の制度を確認してみてください。

ちなみに、転職を考えている方は、時短でスタートできる転職先を探すのもアリですが、入社後に一定期間が経過しなければ時短制度が利用できない事業所もありますので、転職先の制度をよく確認するようにしてください。

安易に時短を選ぶのは禁物

フルタイムから時短勤務への転向は、保育園のお迎えや夕飯の支度に間に合うように帰宅できるようになるといったメリットがあります。

ただし、フルタイムの社員よりも年収が下がることを容認できない人は時短に向いていません。

時短は、メリットばかりが語られがちですが、不安要素もあるということを付け加えておく必要もあるでしょう。意外な盲点は、帰宅時間になっても、仕事が時間どおりに終わらない可能性があるということです。

勤務終了時間になったときに、早く帰りやすい雰囲気をつくってくれる職場だったらよいのですが、時短勤務でも残業をせざるをえない職場だったり、また会社もそれを黙認していて定時に帰りにくい職場だったりすると、時短を選択した意味がなくなります。

最悪の場合、責任ばかり重くなって年収は下がる、という状態になりかねません。

数時間だけ仕事が早く終わるぐらいなら、いっそ正社員を続けて年収を維持し、保育園のお迎え時間を遅らせたり有料の送迎サービスを利用したりすることで、子育てとの両立を目指すほうが、人によってはメリットが大きいと感じるかもしれません。

時短勤務からスタートできる職場を探すのであれば、エージェントを通して職場環境をよく調べておくことも大事です。

正社員のまま働き続けるという選択も

子育てとの両立を考えた場合、正社員のまま働きつづけるのは大変ですが、それでも頑張って継続してみるという選択もあります。

薬剤師はパートであれ派遣であれ、世間の相場よりも時給が高いですが、それでも安定した収入を継続的に得るには正社員のほうが適しています。

ただし、正社員をつづけながら子育てをしていくには協力者が必要です。周囲の協力を得ることができるかどうかが、子育てと仕事の両立においては成功の鍵になるといっても過言でありません。

正社員として働きながら子育てをするのなら、あなたのパートナーやご両親に協力してもらえるようにお願いしましょう。それでも手が足りない場合は、お金を支払ってその穴を埋めていくことも考えましょう。

一時的な出費はかさみますが、ある時期をすぎれば子育てにかかる出費も落ち着いてきて、経済的な余裕も生まれやすくなります。

ただ、正社員は拘束時間が長いので、子どもが人格を形成するうえで重要な時期に、子どもと触れ合う時間が減ってしまうというデメリットもあります。

現実的な問題として、お金をとるか、子どもと触れ合う時間をとるかという選択を突きつけられることになるわけですが、短期的なメリットと長期的なメリットの両方を考えて、総合的に判断していく必要があるでしょう。

考え方は人によってさまざまですし、問題の解決方法もケースバイケースですので、どちらが正解ということはないと思います。

いま働き方を迷っている薬剤師さんへ

正社員からパートへの転向を考えている薬剤師さんにお伝えしたいことは、おおむね、こういったところとなります。

どのような選択にも一長一短はありますし、どのような選択をするのがベストかも、人によって答えはちがってくると思います。なので、自分が大切にする価値観やキャリアビジョンを、ぜひこの機会に見つめ直してみてください。

もし働き方をどうすべきか判断に迷うときは、ご家族や職場の方に相談してみるのもよいと思います。キャリアの面でどちらが得になるかという客観的なアドバイスがほしいときは、転職エージェントに相談するとよいでしょう。

エージェントは、在職中の方も会社に知られることなく様々な相談ができる頼りになる存在です。転職することが決まったときは、条件交渉や退職手続きなども、すべて無料でサポート・アドバイスしてくれます。

もちろん、エージェントに相談した結果、あなたが今の仕事を続けるという結論になっても、なんら問題はありません。ぜひあなたにとって少しでも有利な選択を、損をしない選択をしていただければと思います。

薬キャリ

薬剤師登録者数No.1