手当のイメージ

 

管理薬剤師手当の相場がどれぐらいなのかって、気になりますよね? 手当は大きければ大きいほどいいって思うのが普通ですからね。でも実は、管理薬剤師手当の額だけを比較することには意味がないんです。

 

管理薬剤師手当の額が大きいからという理由だけで転職を決めてしまうと、年収アップにつながらないどころか、損をすることさえあるかもしれません。

 

この記事は、管理薬剤師のポジションに転職を考えている方に、管理薬剤師手当を正しく理解してもらうことを目的としています。ぜひ参考にしてください。

 

管理薬剤師手当の相場はどれぐらい?

管理薬剤師として調剤薬局やドラッグストアなどに採用されると、毎月の給与に「管理薬剤師手当」が加算されることがあります。

 

管理薬剤師手当は「管理薬剤師になった人にかならず支給しなくてはいけませんよ」というものではないので、職場によっては管理薬剤師手当が付かない場合もあります。また、管理薬剤師手当込みの給与を支給している場合などもあります。

 

管理薬剤師手当は1万円から10万円を超える場合まで、さまざまですが、相場は5万円前後のようです。

 

管理薬剤師手当の相場は業種によっても異なり、勤務先の会社によってもおどろくほど支給額に開きがあります。また、地方の薬剤師の年収が高いのと同じように、都市部よりも人材が不足しがちな地方のほうが手当も手厚くなる傾向にあります。

 

業種でいうと、ドラッグストアなどは管理薬剤師手当が高額になる傾向があるといわれています。(ただし、調剤薬局・病院・クリニックなどにも高年収の管理薬剤師求人が出ているので、どの業種が転職先として狙い目といったことについては、なんともいえません。求人数でいえば調剤薬局が圧倒的に数が多いので、手当が高額で高年収の求人もそれだけ多いということになります。)

 

ドラッグストアの管理薬剤師手当が高いといわれるのは、管理薬剤師業務に加え、店舗運営や人材管理などを任されることが多く、そのポジションが重責となることが多いからです。(最近では、店長と管理薬剤師を分けて、それぞれの負担を軽減しているドラッグストアもあります。)

 

どの業種の相場が高いというのは一概にはいえませんが、たしかなことは、管理薬剤師手当の額は責任の大きさや業務量に比例しているということです。

 

なお、パートとして管理薬剤師を募集する求人がありますが、その場合も管理薬剤師手当が支給されることがあります。

 

《管理薬剤師になるための条件は?》

管理薬剤師になるために、薬剤師以外の特別な資格は必要ありません。とはいえ、管理薬剤師には勤務薬剤師としてある程度の経験が必要というのも事実で、少なくとも3年以上の経験を必須とするのが業界内の一般的な規準となっているようです。ただし、2016年4月1日からスタートした「かかりつけ薬剤師制度」で、具体的な「かかりつけ薬剤師」の定義が示されたことなどにより、管理薬剤師に求められる条件も今後は変わってくるかもしれません。

 

管理薬剤師手当の相場比較は意味がない

冒頭でまず述べたように、管理薬剤師手当の相場を比較することには意味がありません。なぜなら次のような求人があるからです。

 

管理薬剤師手当は高いが基本給は低く設定されている

管理薬剤師手当は単独ではなく、基本給・ボーナス・その他の福利厚生などとあわせて評価すべきです。極端な話、管理薬剤師手当が相場より10万円高くても、基本給が相場よりも10万円も低かったら、管理薬剤師手当は付かないのといっしょですよね。

 

ボーナスも基本給ベースの評価になることがほとんどですので、管理薬剤師手当が高くても基本給の水準が低ければ、ボーナスの評価も低くなり、そこで手当分が相殺されてしまうことも考えられます。

 

職場によって給与体系もさまざまですが、基本給・各種手当・賞与などをすべて含めた年収ベースで待遇を比較すれば、いちばんわかりやすいかと思います。

 

管理薬剤師手当が労働の対価に見合うものでない

かりにあなたが管理薬剤師の求人を探しているとして、基本給と管理薬剤師手当、どちらも高く設定されている求人をみつけることができたとします。おまけにトータルの年収も高いという好条件!

 

こんな求人が良い求人かといったら、そうとも言い切れません。というのも、あなたに支払われる管理薬剤師手当が実際の労働の対価よりも低い場合があるかもしれないからです。

 

そもそも管理薬剤師手当は、薬剤師として店舗を管理する責務を負うことで支給される手当で、単にポジションについたからといってもらえるものではありません。手当の額に見合う、それ相応の負担があると考えるべきです。

 

実際問題、管理薬剤師を目指して頑張ってきた人が、いざその職につくと、あまりの忙しさやプレッシャーにまいってしまい、退職に追いやられるケースもあります。管理薬剤師は、職場によっては薬局長や店長と兼任する場合もあるので、忙しさや責任の大きさも職場によりけりです。

 

管理薬剤師手当がつくという理由で残業代が出ない

管理薬剤師に残業代が支給されるかどうかについては、職務内容・権限・責任範囲などが管理職(労働基準法が定める管理監督者)にあたるかどうかという判断が、法律上の分かれ目になります。

 

管理薬剤師は世間一般でいう、いわゆる「管理職」とは違い、残業代は原則としてきちんと支払われるべきものなのです。ところが、残念なことに、薬剤師手当を支給しているという理由で、残業代を支払わない会社もあり、問題となっています。職場の慣習によってサービス残業をせざるをえない状況だったりする場合も同じです。

 

管理薬剤師求人のなかに存在する”カラクリ”はほかにもあります。「みなし残業」といって、基本給にあらかじめ残業代が含まれている契約の場合などです。

 

「みなし残業」は年俸制の契約に多くみられる契約ですが、会社が管理薬剤師に通常どおり残業代を支払うよりも「みなし残業」にしてしまうほうが、残業代を安く抑えられるという理由で、この制度を採用している場合もあります。

 

管理薬剤師になってから給与を時給換算したら、新卒よりも低い時給だったなんてことになったら、笑いごとではないですよね。

 

大事なことは、管理薬剤師手当が「何に対して支払われているのか」という内訳を把握しておくことです。

 

そもそも何に対して支払われている手当なのかがわからない

管理薬剤師手当がどのような業務に対して支払われているのかが不明確な場合が少なくありません。手当の内訳がわからない場合、会社は、「手当を支給しているのだから、どんな仕事も文句をいわずにしてくださいね」というようなつもりであなたに多くの責任と業務を負わせるかもしれません。

 

ヒドイ会社になると、「手当をもらっておきながら残業代まで請求するのか!? 医療の仕事をしている人間がずいぶんと強欲なことをいうな」と開きなおる経営者もいるとか。

 

まぁ、ここまでヒドイ会社は少数としても、管理薬剤師手当が何に対する手当なのか、責任の範囲や業務の内容に関しては、しっかりと把握しておくべきです。

 

ただ、求人票をみるだけでは、管理薬剤師手当の内訳がわからないことがほとんどです。なので、自分で確認できない場合は、エージェントに調べてもらうようにしましょう。

 

管理薬剤師になるメリットは?

ここまでの内容を読むと、管理薬剤師はわりにあわないと誤解されてしまうかもしれないので、最後に管理薬剤師になるメリットについても言及しておきたいと思います。管理薬剤師になれば、下記のような大きなメリットもあります。

モチベーションが上がり仕事に対する意識がかわる

仕事というものは、ポジションが変われば、やる気も仕事に対する意識も変わってきます。管理薬剤師という責任あるポジションに身をおくことにより、自分自身が感化され、成長意欲にもつながります。また、責任は大きければ大きいほど、仕事の達成感や日々の充実感も大きいものです。

年齢にふさわしい実績をつくることができる

多くの薬局やドラッグストアでは、管理薬剤師になることはキャリアアップするうえで避けては通れないポジションです。昇進や昇給のことを考えると、できるだけ早く管理薬剤師を経験するほうがよいといえます。

 

また、別の薬局やドラッグストアに転職をするとしても、管理薬剤師の経験があるのとないのでは、評価が大きく変わってきます。評価が変わるということは年収が変わるということです。管理薬剤師を経験することは転職先で年収を上げるための実績づくりにもなります。

年収がアップする

管理薬剤師になるとモチベーションが上がるのは年収が上がるためでもあります。もし管理薬剤師になって、年収が上がらずに責任だけ大きくなるようなことがあったら、むしろモチベーションは下がってしまうでしょう。

 

管理薬剤師の年収は会社によってまったく違うので、相場は一概にはいえませんが、一般薬剤師よりも数百万円アップすることもあります。店舗の管理監督やマネジメント業務まで兼任する場合だと1000万円を超えることもあるでしょう。

 

もしあなたが管理薬剤師として転職した場合に、どれぐらいの年収が見込めるかを知りたい場合は、転職エージェントに年収を提示してもらうことが可能です。

 

高年収の管理薬剤師求人は薬剤師専門のエージェントが多数保有していますので、興味がある方は問い合わせてみてください。

 

まとめ

  1. 管理薬剤師手当は、地域や業種によって相場が違ってくる
  2. 管理薬剤師手当の相場は一概にはいえないが、責任や業務量が増えれば、それに比例して手当が手厚くなる傾向がある
  3. 管理薬剤師手当を支給していない会社がある一方、支給している会社でも内訳があいまいになっているケースが少なくない
  4. 管理薬剤師手当が高くても、基本給が低い・業務が過剰・残業代が出ないといった諸々の理由で、手当分が相殺されてしまうこともあるので注意が必要
  5. 管理薬剤師になれば、モチベーションが上がる・実績をつくることができる・年収が上がるといったメリットがある

 

管理薬剤師を目指す方へ

ここまで読んでくださった方には、管理薬剤師手当は相場だけを比較しても意味がない、という理由を十分に理解してもらえたと思います。

 

このページでもっともお伝えしたかったことは、管理薬剤師手当の額だけを単に比較するのではなく、責任の範囲・業務内容・残業時間・福利厚生・年収といった複数の観点から、手当が妥当な額であるかを見抜くことが大事であるということです。

 

とはいっても、給与や手当の詳細について書かれていない募集要項を目にすることはよくあります。だからといって面接の場でお金に関することをアレコレと聞くことも避けなくてはなりません。

 

求人票に給与や手当の詳細が書かれないのは、ただ省略しているだけなのかもしれませんが、求職者が知らないほうが都合がいいので、あえて詳細は書かないという場合も、きっとあるでしょう。

 

(実際にあると思います。あまり極端なことはいえないので、このぐらいの表現にしておきます。)

 

求人情報のウラを見抜くには、ある程度の知識や経験も必要です。

 

管理薬剤師の求人を探すときに自分で求人の良し悪しを判断できないときは、薬剤師専門の転職会社に相談して、キャリアコンサルタントからアドバイスをもらうようにしましょう。

 

彼らは求人情報のウラ側まできちんと伝えてくれますし、転職先の候補が決まれば年収アップの交渉にも取り組んでくれます。うまく活用して年収アップ・条件アップにつなげてください。

 

 

薬キャリのアイコン薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは薬剤師さんの仕事探しにもっとも利用されているエージェント。スピーディーで丁寧なサポートが支持されています。転職は『登録者数No.1』の薬キャリで!

無料登録はこちら